【2024年6月更新】ゲーミングPC最新セール情報

RTX 3060 Tiをレビュー!RTX 3060と性能を比較!どっちがおすすめ?

RTX3060Ti

ミドルクラスのビデオカードの代表格として今も人気の高いのがNvidiaのRTX 3060 Tiです。

ただ、その一つ下位のRTX 3060があるので、どちらを購入すべきか迷っている方も多いのではないでしょうか?

今回はRTX 3060 TiとRTX 3060を比較検証し、どちらがおすすめなのか、結論を下したいと思います。

目次

RTX3060tiとRTX3060の仕様を比較

 RTX3060TiRTX3060
アーキテクチャーAmpereAmpere
製造プロセス8nm8nm
シェーダー数48643584
RTコア数3828
Tensorコア数152112
ベースクロック1,410MHz1320MHz
ブーストクロック1,665MHz1777MHz
VRAM容量8GB(GDDR6)12GB(GDDR6)
メモリー転送レート14Gbps15Gbps
メモリバス幅256bit192bit
メモリバス帯域幅448GB/s360GB/s
PCI-ExpressPcie 4.0 ×16Pcie 4.0 ×16
補助電源8pin8pin
消費電力(TGP)200W170W
発売日2020年12月2021年2月
参考価格(2023年6月現在)49,000円44,000円

上記の表はRTX 3060 TiとRTX 3060のスペック表です。シェーダー数やメモリバス幅など、全体的なスペックはRTX 3060 Tiのほうが上です。

ただ、VRAM容量は、RTX3060Tiが8GBなのに対して、RTX3060は12GBです。

価格に関してはほとんど差がありません。あったとしても4000円~5000円ほどといった印象です。RTX4060 Ti登場以後、RTX 3060 Tiの価格は急激に下がっています。

モガ

メモリをGDDR6Xにした改良版RTX3060Ti、VRAM容量を8GBにした改良版RTX3060が2022年11月に発売されます。改良版RTX3060Tiは若干の性能向上が期待できますが、改良版RTX3060は、メモリバス幅が128bitになるので性能が低下していますので注意が必要です。

購入したのは「MSI RTX 3060 Ti VENTUS 2X 8G OCV1 LHR」

MSI RTX 3060 Ti VENTUS 2X 8G OCV1 LHR

購入したのは、「MSI RTX 3060 Ti VENTUS 2X 8G OCV1 LHR」です。

デュアルファンモデル

横幅が235mm、縦幅が124mmです。約95mm径のファンが2つついている、デュアルファンモデルなので、全体的にコンパクトな印象です。

バックプレート

裏面はバックプレートがついていますが、残念ながら金属製ではなく、プラスチック製です。放熱性を高めるために、一部穴が開いています。

厚みは42mmで、2スロットを占有

厚みは42mmで、2スロットを占有します。8pinコネクタは中央から少しずれて、配置されています。

映像出力端子

映像出力端子は「HDMI 2.1」が1つ、「Display Port(v1.4a)」が3つです。

Colorful RTX 3060 NB 12G

比較対象のRTX3060は以前レビューした、「Colorful RTX 3060 NB 12G」です。3連ファンモデルなので、サイズはかなり大きいです。

あわせて読みたい
RTX3060をレビュー!性能をGTX1070Tiと比較 NVIDIAのグラフィックボード、RTX3060を購入したのでレビューしたいと思います。自分が今まで使っていたグラフィックボードはGTX1070Tiでした。 RTX3060をGTX1070Tiと比...
「MSI RTX 3060 Ti VENTUS 2X 8G OCV1 LHR」と、「Colorful RTX 3060 NB 12G」を並べてサイズを比較

「MSI RTX 3060 Ti VENTUS 2X 8G OCV1 LHR」と、「Colorful RTX 3060 NB 12G」を並べてサイズを比較しました。「MSI RTX 3060 Ti VENTUS 2X 8G OCV1 LHR」のほうが圧倒的にコンパクトです。

MSI RTX 3060 Ti VENTUS 2X 8G OCV1 LHRをPCショップで探す

RTX 3060 Tiの性能をRTX 3060と比較してチェック

ここからは、「MSI RTX 3060 Ti VENTUS 2X 8G OCV1 LHR」と、「Colorful RTX 3060 NB 12G」を実際にパソコンに組み込み、それぞれ性能を検証し、比較したいと思います。

テスト環境

テスト機のスペック
CPUcore i7-12700
レビュー記事
CPUクーラーAK400
レビュー記事
CPUグリスMX-4 4g
マザーボードMSI PRO B660M-A
レビュー記事
メモリW4U2666CX1-16G ×2
ビデオカードRTX 3060 TiRTX 3060
ストレージCrucial P2 1TB
レビュー記事
電源ユニットV750 Semi-Modular RS750-AMAAG1-JP
OSWindows 11 Home
PCケースSMZ-2WBT-ATX
レビュー記事
ディスプレイEW2780U
レビュー記事
ドライバ522.25

今回の検証で使用するテスト機のスペックです。

CPUはインテル第12世代 Alder Lake-SのCore i7-12700です。Pコアが8、Eコア4つの計12コア、20スレッドのハイエンドCPUです。おそらく、ビデオカードの性能は極限まで引き出せていると思います。

メモリは標準だとDDR4-2666ですが、DDR4-3200へとオーバークロックしています。

3D MARK

Fire Strike

Fire Strike

APIにDirect X11を使用する「Fire Strike」です。

「Fire Strike(フルHD)」、「Fire Strike Extreme(WQHD)」、「Fire Strike Ultra(4K)」の3種類全てのプリセットで検証しました。

「Fire Strike(フルHD)」のスコアは28,437でした。RTX 3060と比べると約6,000、上回りました。

「Fire Strike Extreme(WQHD)」のスコアは13,678でした。RTX 3060と比べると約3,000、上回りました。

「Fire Strike Ultra(4K)」のスコアは約6,840でした。RTX 3060と比べると約2,000、上回りました。

Time Spy

Time Spy

APIにDirect X12を使用する「Time Spy」です。

「Time Spy(WQHD)」、「Time Spy Extreme(4K)」の2種類全てのプリセットで検証しました。

「Time Spy(WQHD)」のスコアは11,032でした。RTX 3060と比べると約2,000、上回りました。

「Time Spy Extreme(4K)」のスコアは5,347でした。RTX 3060と比べると約1,000、上回りました。

Speed Way

Speed Way

APIにDirect X12 Ultimateを使用する「Speed Way」です。次世代のゲーム向けのテストということもあり、負荷は半端なく重いです。

「Speed Way」のスコアは2,744でした。RTX 3060と比べると約600、上回りました。

Port Royal

Port Royal

レイトレーシングベンチマークテストの定番、「Port Royal」です。非常に負荷が重いテストです。

「Port Royal」のスコアは6,622でした。RTX 3060と比べると約1,500、上回りました。

DirectX Raytracing feature test

DirectX Raytracing feature test

「Port Royal」と同じく、レイトレーシングベンチマークテストの「DirectX Raytracing feature test」です。

このテストは、全てのシーンのレンタリングにレイトレーシングの処理をおこなうので、負荷は非常に重いです。結果はスコアではなく、平均fpsで表示されます。

「DirectX Raytracing feature test」の平均fpsは26.26でした。RTX 3060と比べると約6fpsほど、上回りました。

NVIDIA DLSS feature test

NVIDIA DLSS feature test

超解像技術DLSSの性能を計測する「NVIDIA DLSS feature test」です。結果はスコアではなく、平均fpsで表示されます。

DLSS ON時のRTX 3060 Tiの平均fpsは74.85でした。DLSS ON時のRTX3060と比べると、約16fps上回りました。

Intel XeSS feature test

Intel XeSS feature test

超解像技術XeSSの性能を計測する「Intel XeSS feature test」です。結果はスコアではなく、平均fpsで表示されます。

XeSSはインテルのArcシリーズのみが使用可能になる超解像技術と思われがちですが、実はNvidiaでも使用可能です。

XeSS ON時のRTX 3060 Tiの平均fpsは38.91でした。XeSS ON時のRTX3060と比べると、約9fps上回りました。

VR Mark

VR Mark

VRゲーム向けの定番ベンチマークの「VRMark」です。

テストには「Orange Room」、「Cyan Room」、「Blue Room」の3種類がありますが、今回は一番負荷の軽い、「Orange Room」を使用します。

RTX 3060 Tiのスコアは15,040でした。RTX 3060と比べると約2,500、上回りました。

RTX 3060 Tiの平均fpsは328でした。RTX 3060と比べると約55fps、上回りました。

PassMark Performance Test 3D Benchmark

PassMark Performance Test 3D Benchmark

3Dグラフィックスの性能を計測する、「PassMark Performance Test 3D Benchmark」です。

RTX 3060 Tiのスコアは25,964でした。RTX 3060と比べると約6,000、上回りました。

ファイナルファンタジーXIV 暁月のフィナーレ

ファイナルファンタジーXIV 暁月のフィナーレ

ここからは実際のゲームを使ってベンチマークを進めていきます。

まずは、「ファイナルファンタジーXIV:暁月のフィナーレ」のベンチマークです。

グラフィックス設定は「最⾼品質」で、解像度は1,920×1,080ドット(フルHD)、2,560×1,440ドット(WQHD)、3,840×2,160ドット(4K)の3種類で計測しました。

フルHDのスコアは24,425でした。RTX 3060と比べると約2,800、上回りました。

WQHDのスコアは18,813でした。RTX 3060と比べると約3,800、上回りました。

4Kのスコアは約9,438でした。RTX 3060と比べると約2,200、上回りました。

ファイナルファンタジーXIV 暁月のフィナーレ(fps)

続いて平均fpsです。

フルHDの平均fpsは171でした。RTX 3060と比べると約20fps、上回りました。

WQHDの平均fpsは127でした。RTX 3060と比べると約30fps、上回りました。

4Kの平均fpsは64でした。RTX 3060と比べると約10fps、上回りました。

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION

「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION」のベンチマークです。

グラフィックス設定は「最⾼品質」で、解像度は1,920×1,080ドット(フルHD)、2,560×1,440ドット(WQHD)、3,840×2,160ドット(4K)の3種類で計測しました。

フルHDのスコアは11,882でした。RTX 3060と比べると約2,400、上回りました。

WQHDのスコアは8,679でした。RTX 3060と比べると約1,800、上回りました。

4Kのスコアは約5,034でした。RTX 3060と比べると約1,000、上回りました。

アサシンクリードヴァルハラ

アサシンクリードヴァルハラ

「アサシンクリードヴァルハラ」のベンチマークです。結果は平均fpsで表示されます。

グラフィックス設定は「最⾼品質」で、解像度は1,920×1,080ドット(フルHD)、2,560×1,440ドット(WQHD)、3,840×2,160ドット(4K)の3種類で計測しました。

フルHDの平均fpsは101でした。RTX 3060と比べると約20fps、上回りました。

WQHDの平均fpsは76でした。RTX 3060と比べると約15fps、上回りました。

4Kの平均fpsは43でした。RTX 3060と比べると約10fps、上回りました。

サイバーパンク2077

サイバーパンク2077

「サイバーパンク2077」のベンチマークです。結果は平均fpsで表示されます。

グラフィックス設定は「ウルトラ」で、解像度は1,920×1,080ドット(フルHD)、2,560×1,440ドット(WQHD)、3,840×2,160ドット(4K)の3種類で計測しました。

なお、1,920×1,080ドット(フルHD)ではレイトレーシングウルトラを有効にした状態でも計測を実施しています。

フルHDの平均fpsは82でした。RTX 3060と比べると約10fps、上回りました。

WQHDの平均fpsは51でした。RTX 3060と比べると約10fps、上回りました。

4Kの平均fpsは24でした。RTX 3060と比べると約5fps、上回りました。

フルHD+レイトレウルトラの平均fpsは37でした。RTX 3060と比べると約5fps、上回りました。

レインボーシックス シージ

レインボーシックス シージ

「レインボーシックス シージ」のベンチマークです。スケーリングは100%です。結果は平均fpsで表示されます。

グラフィックス設定は「最高設定」で、解像度は1,920×1,080ドット(フルHD)、2,560×1,440ドット(WQHD)、3,840×2,160ドット(4K)の3種類で計測しました。

フルHDの平均fpsは352でした。RTX 3060と比べると約60fps、上回りました。

WQHDの平均fpsは230でした。RTX 3060と比べると約50fps、上回りました。

4Kの平均fpsは117でした。RTX 3060と比べると約20fps、上回りました。

Forza Horizon 5

Forza Horizon 5

「Forza Horizon 5」のベンチマークです。結果は平均fpsで表示されます。

グラフィックス設定は「エクストリーム」で、解像度は1,920×1,080ドット(フルHD)、2,560×1,440ドット(WQHD)、3,840×2,160ドット(4K)の3種類で計測しました。

フルHDの平均fpsは100でした。RTX 3060と比べると約20fps、上回りました。

WQHDの平均fpsは84でした。RTX 3060と比べると約15fps、上回りました。

4Kの平均fpsは57でした。RTX 3060と比べると約10fps、上回りました。

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー

「シャドウ オブ ザ トゥームレイダー」のベンチマークです。結果は平均fpsで表示されます。

グラフィックス設定は「最高設定」で、解像度は1,920×1,080ドット(フルHD)、2,560×1,440ドット(WQHD)、3,840×2,160ドット(4K)の3種類で計測しました。

フルHDの平均fpsは146でした。RTX 3060と比べると約25fps、上回りました。

WQHDの平均fpsは99でした。RTX 3060と比べると約20fps、上回りました。

4Kの平均fpsは51でした。RTX 3060と比べると約10fps、上回りました。

DEATH STRANDING DIRECTOR’S CUT

DEATH STRANDING DIRECTOR'S CUT

「DEATH STRANDING DIRECTOR’S CUT」です。「フィールド」を3分間、歩いたときのfpsを3分間、「CapFrameX」で計測します。

グラフィックス設定は「最高設定」で、解像度は1,920×1,080ドット(フルHD)、2,560×1,440ドット(WQHD)、3,840×2,160ドット(4K)の3種類で計測しました。

フルHDの平均fpsは152でした。RTX 3060と比べると約10fps、上回りました。

WQHDの平均fpsは129でした。RTX 3060と比べると約20fps、上回りました。

4Kの平均fpsは75でした。RTX 3060と比べると約15fps、上回りました。

Apex Legends

Apex Legends

「Apex Legends」です。「トレーニング場」を周回したときのfpsを3分間、「CapFrameX」で計測します。

なお、グラフィックのプリセットがないので、可能な限り、設定を高くしています。解像度は1,920×1,080ドット(フルHD)、2,560×1,440ドット(WQHD)、3,840×2,160ドット(4K)の3種類で計測しました。

フルHDの平均fpsは215でした。RTX 3060と比べると約45fps、上回りました。

WQHDの平均fpsは167でした。RTX 3060と比べると約40fps、上回りました。

4Kの平均fpsは104でした。RTX 3060と比べると約20fps、上回りました。

Fortnite

Fortnite

「Fortnite」です。「クリエイティブ島」を3分間、周回したときのfpsを「CapFrameX」で計測します。

グラフィックス設定は「最高設定」で、解像度は1,920×1,080ドット(フルHD)、2,560×1,440ドット(WQHD)、3,840×2,160ドット(4K)の3種類で計測しました。

フルHDの平均fpsは184でした。RTX 3060と比べると約30fps、上回りました。

WQHDの平均fpsは124でした。RTX 3060と比べると約25fps、上回りました。

4Kの平均fpsは63でした。RTX 3060と比べると約10fps、上回りました。

VALORANT

VALORANT

「VALORANT」です。「演習場」を周回したときのfpsを3分間、「CapFrameX」で計測します。

なお、グラフィックのプリセットがないので、可能な限り、設定を高くしています。解像度は1,920×1,080ドット(フルHD)、2,560×1,440ドット(WQHD)、3,840×2,160ドット(4K)の3種類で計測しました。

フルHDの平均fpsは506でした。RTX 3060と比べると約40fps、上回りました。

WQHDの平均fpsは363でした。RTX 3060と比べると約50fps、上回りました。

4Kの平均fpsは183でした。RTX 3060と比べると約20fps、上回りました。

Overwatch 2

Overwatch 2

「Overwatch 2」です。「演習場」を周回したときのfpsを3分間、「CapFrameX」で計測します。

グラフィックス設定は「エピック」で、解像度は1,920×1,080ドット(フルHD)、2,560×1,440ドット(WQHD)、3,840×2,160ドット(4K)の3種類で計測しました。

フルHDの平均fpsは283でした。RTX 3060と比べると約60fps、上回りました。

WQHDの平均fpsは213でした。RTX 3060と比べると約40fps、上回りました。

4Kの平均fpsは199でした。RTX 3060と比べると約40fps、上回りました。

V-Ray 5 Benchmark

V-Ray 5 Benchmark

ここからはクリエイター系ベンチマークを進めていきます。まず、「V-Ray 5 Benchmark」です。「V-Ray GPU CUDA」、「V-Ray GPU RTX」の2種類全てのプリセットで検証しました。

「V-Ray GPU CUDA」のスコアは1,192でした。RTX 3060と比べると約300、上回りました。

「V-Ray GPU RTX」のスコアは1,545でした。RTX 3060と比べると約400、上回りました。

Blender 3.3.0

Blender 3.3.0

「Blender 3.3.0」です。「monster」、「junkshop」、「classroom」の3種類のテストで、レンダリング能力を測定します。

「monster」のサンプル数は1,192でした。RTX 3060と比べると約300、上回りました。

「junkshop」のサンプル数は882でした。RTX 3060と比べると約200、上回りました。

「classroom」のサンプル数は769でした。RTX 3060と比べると約170、上回りました。

OctaneBench 2020.1.5

OctaneBench 2020.1.5

「OctaneBench 2020.1.5」です。RTXをONにして測定しています。

「OctaneBench 2020.1.5」のスコアは364でした。RTX 3060と比べると約75、上回りました。

消費電力

消費電力

最後に、消費電力をチェックします。

ストレステストの「3DMark Time Spy Extreme Stress Test」を実行中の最高値を高負荷時の消費電力として測定しました。

高負荷時のRTX 3060 Tiの消費電力は199.932W、RTX 3060は169.855Wでした。約30Wほどの開きがあります。おおよそ公表値通りの結果です。

RTX 3060 tiとRTX 3060、どちらがおすすめか?

RTX 3060 tiとRTX 3060、どちらがおすすめなのかと聞かれれば、迷うことなく、「RTX 3060 Ti」と答えます。

理由としては、RTX 3060 TiとRTX 3060との間に、性能差がかなりあるからです。

ゲームではフルHD解像度では特に差が出やすいです。ゲームによっては平均fpsが最大40~50ほど差が開くからです。さらに最低FPSもフルHD最高設定の重量級ゲームでは、RTX3060は頻繁に60を下回りますが、RTX3060Tiは60以上を維持しているケースが多いです。

また、WQHD解像度などの高解像度のゲームも、間違いなく、RTX 3060 Tiのほうが快適にプレー可能です。

なぜRTX 3060 tiとRTX 3060の性能差がここまであるのか?その答えは、下記のRTX 3070を交えた、Fire Strikeの比較表を見れば一目瞭然です。

RTX3060tiの性能はRTX3070に極めて近い

このFire Strikeの比較表で見ると、RTX 3060 Tiの性能は、上位モデルのRTX 3070にきわめて近いです。言い換えれば、RTX 3060 TiはRTX 3070の劣化版といえる存在です。

さらにRTX3060 Tiの次期モデル、RTX4060 Tiの発売により、RTX 3060 Tiの価格は急激に下がっています。

RTX3060とRTX 3060 Tiとの間の価格差は2023年6月現在、約5000円ほどと、両者の価格はかなり近づいています。5000円くらいの差であれば、圧倒的にRTX3060 Tiがおすすめです。

RTX 3060 Tiのレビューまとめ

メリット
デメリット
  • ワットパフォーマンスが優秀
  • フルHD解像度であれば、タイトル、設定次第では144fps~240fpsを維持が十分可能
  • 余裕ではないが、WQHD解像度のゲームプレーも十分可能
  • DLSS、リアルタイムレイトレーシングが使用可能
  • 価格が下がったことにより、コストパフォーマンス最強に
  • VRAM8GBなので、VRAM大量消費するゲームやアプリとの相性は悪い
  • 4K解像度のゲームプレーは厳しい
  • DLSS FGは使用不可能

RTX 3060搭載おすすめゲーミングPC

MD3657

MDL_57KP
スペック
CPURyzen 7 5700X
GPURTX 3060 12GB
メモリ16GB(8GB x2)
ストレージ500GB M.2 NVMe SSD
M.2スロット不明(空きスロット0)
マザーボードA520 (Micro ATX)
電源650W 80PLUS BRONZE
価格126,800円+送料0円

MDL.makeの「MD3657」はRyzen 7 5700X×RTX 3060のゲーミングPCです。

Ryzen 7 5700Xは8コア16スレッドのZEN3世代のCPUで、性能は十分高く、RTX 3060あたりのビデオカードとの組み合わせであれば、性能不足を感じることはまずないです。

ただ、CPU性能はそこまで高くないので、動画編集のソフトウェアエンコードなど、クリエイティブ性能は少し弱いです。

ストレージは500Bモデルを搭載。ゲームを複数インストールする予定であれば、不安のあるストレージ容量です。できれば、最低でも1TBへの増設をおすすめします。

1TBへの増設は+7,000円で可能です。

マザーボードは特に記載されていませんが、A520チップセット搭載のMicro ATXサイズのマザーボードを採用。M.2スロットの空きスロットは0なので増設は不可能です。

メモリはDDR4-3200の16GB(8GB×2)を搭載しています。

PCケースは、特に記載されていませんが、製品写真を見る限り、「Versa H17」、ガラスケースは「S100 TG」を採用していると思われます。ガラスケースは+3,000円で変更可能です。

標準ケースの寸法は幅(W):約205mm x 高さ(H):約400mm x 奥行(D):約423mmです。

ガラスケースの寸法は幅(W):約220mm x 高さ(H):約411mm x 奥行(D):約441mmです。

MD3657のポイント
メリットデメリット
コスパは優秀
PCケースを選べる
M.2 NVMe SSDの増設はできない
標準のストレージ容量が500GB
クリエイティブ性能は少し弱い

MD36124

MDL_57KP
スペック
CPUCore i5-12400F
GPURTX 3060 12GB
メモリ16GB(8GB x2)
ストレージ500GB M.2 NVMe SSD
M.2スロット不明(増設は可能)
マザーボードB760 (Micro ATX)
電源650W 80PLUS BRONZE
価格128,800円+送料0円

MDL.makeの「MD36124」はCore i5-12400F×RTX 3060のゲーミングPCです。

「Core i5-12400F」は6コア12スレッドのインテル第12世代のCPUでEコアはありません。実質、Pコアのみですが、シングル性能が高いため、ゲーム性能はスペックの割に優秀です。

スペックが高いCPUではないですが、RTX 3060との組み合わせであれば、性能不足を感じることはほとんどないです。

ただ、CPU性能はそこまで高くないので、動画編集のソフトウェアエンコードなど、クリエイティブ性能は少し弱いです。

ストレージは500Bモデルを搭載。ゲームを複数インストールする予定であれば、不安のあるストレージ容量です。できれば、最低でも1TBへの増設をおすすめします。

1TBへの増設は+7,000円で可能です。

マザーボードは特に記載されていませんが、B760チップセット搭載のMicro ATXサイズのマザーボードを採用。M.2スロットの空きスロットは不明ですが増設は可能です。

メモリはDDR4-3200の16GB(8GB×2)を搭載しています。

PCケースは、特に記載されていませんが、製品写真を見る限り、「Versa H17」、ガラスケースは「S100 TG」を採用していると思われます。ガラスケースは+3,000円で変更可能です。

標準ケースの寸法は幅(W):約205mm x 高さ(H):約400mm x 奥行(D):約423mmです。

ガラスケースの寸法は幅(W):約220mm x 高さ(H):約411mm x 奥行(D):約441mmです。

MD36124のポイント
メリットデメリット
コスパは優秀
PCケースを選べる
M.2 NVMe SSDの増設は可能
標準のストレージ容量が500GB
クリエイティブ性能は少し弱い
あわせて読みたい
おすすめのRTX 3060搭載のゲーミングPCを紹介! 6月のセールで安いモデルを選別 2021年2月、NVIDIAのGPUのRTX 3060を搭載したビデオカードの販売が開始されました。 RTX 3060の立ち位置は、RTX 3060 Tiの下位モデルという位置づけで、RTX30シリーズの...

RTX 3060 Ti搭載おすすめゲーミングPC

mouse MH-I5G6T

mouse MH-A5G6T
スペック
CPU Core i5-13400F
GPURTX 3060 Ti
メモリ16GB (8GB x2)
ストレージ500GB M.2 NVMe SSD
M.2スロット不明
マザーボードB550
電源750W 80PLUS BRONZE
価格129,800円+送料0円

マウスコンピューターの「mouse MH-I5G6T」は Core i5-13400F×RTX 3060 TiのゲーミングPCです。

「Core i5-13400F」はインテル第13世代のCore i5です。

Pコア6、Eコア4、合計10コア16スレッドというマルチスレッド性能が売りのCPUです。RTX 3060 Tiの性能をきっちり引き出してくれます。

CPU性能はそこまで高くないので、動画編集のソフトウェアエンコードなど、クリエイティブ性能は少し弱いです。

ストレージはNVMe SSDの500GBモデルを搭載。ゲームを複数インストールするつもりであれば、不安になる容量です。できれば1TBへの増設をおすすめします。

マザーボードはB760チップセットのマザーボードを採用。マザーボードの詳細は不明です。そのため、M.2スロットの空きスロットは不明です。

メモリはDDR5-4800の16GB(8GB×2)を搭載しています。Wi-Fi 6E+ Bluetooth 5の無線機能に対応しています。

mouse MH-A5G6T

PCケースはマットブラックを基調としたシンプルなデザインを採用しています。フロントパネルは、カスタマイズオプションとして、冷却性能の高いメッシュパネルに交換が可能です。

ケースの寸法は約170mm(幅)x約350mm(高さ)x約490mm(奥行)です。

mouse MH-I5G6Tのポイント
メリットデメリット
コスパは優秀
Wi-Fi 6E+ Bluetooth 5に対応
3年間センドバック修理保証・24時間×365日電話サポート
CPUのクリエイティブ性能は少し弱い
ストレージは500GB
マザーボードのM.2スロットの数など仕様が不明な点がある
LEDやガラスパネルは採用されておらず、地味なデザイン
あわせて読みたい
おすすめのRTX 3060 Ti搭載のゲーミングPCを紹介! 6月のセールで安いモデルを選別 2020年12月、NVIDIAのGPUのRTX 3060 Tiを搭載したビデオカードの販売が開始されました。 RTX 3060 Tiの立ち位置は、RTX 3060の上位モデルという位置づけです。RTX 3060...

まとめ

RTX 3060 TiとRTX 3060のどちらの価格と性能のバランスに優れたGPUと言えます。

次期モデルのRTX 4060、RTX 4060 Tiが未だ高値でかつ性能向上は思ったほど上昇していないので、よりお得感の強い、RTX 3060 TiとRTX 3060の方を選んでも問題ないと思います。

動画はこちら↓。

目次