2024年2月最新のゲーミングPCセール情報をチェック

RTX 4060をレビュー!RTX 3060、RTX 3060 Tiと性能を比較!

Palit-GeForce-RTX-4060-StormX-8GB

RTX 3060の後継モデルかつ、RTX40シリーズのミドルレンジモデルとして、RTX 4060が2023年6月28日に発売されました。

先代モデルのRTX 3060、RTX 3060 Tiが未だ販売されている状況なので、どれを購入すべきか迷っている方も多いのではないでしょうか?

今回は「Palit GeForce RTX 4060 StormX 8GB」を使用して、RTX 4060の性能を検証したいと思います。

目次

RTX 4060とRTX 3060、RTX 3060 Tiの仕様を比較

RTX 4060RTX 3060RTX 3060 Ti
アーキテクチャーAda LovelaceAmpereAmpere
製造プロセスTSMC 4NSamsung 8nm カスタムSamsung 8nm カスタム
シェーダー数(CUDAコア数)3,0723,5844864
RTコア数24基(第3世代)28(第2世代)38(第2世代)
Tensorコア数96基(第4世代)112(第3世代)152(第3世代)
ベースクロック1,830MHz1,320MHz1,410MHz
ブーストクロック2,460MHz1,780MHz1,665MHz
VRAM容量8GB(GDDR6)12GB(GDDR6)8GB(GDDR6)
メモリー転送レート17Gbps15Gbps14Gbps
メモリバス幅128bit192bit256bit
メモリバス帯域幅272GB/s360GB/s448GB/s
PCI-ExpressPcie 4.0 ×8Gen4.0×16Pcie 4.0 ×16
補助電源8pin×18pin×18pin×1
L2キャッシュ24MB2.25MB4MB
消費電力(TGP)115W150W200W
NVENC第8世代第7世代第7世代
AV1エンコード / デコードデコードデコード
超解像度技術DLSS3DLSS2DLSS2
発売日 2023年6月2021年2月2020年12月
参考価格約4万3千円約4万円約5万3千円

上記の表はRTX 4060とRTX 3060、RTX 3060 Tiの仕様を比較したものです。

RTX 4060のシェーダー数は3072、メモリバス幅は128bit、メモリバス帯域幅が272GB/sなので、先代モデルのRTX 3060、RTX 3060 Tiと比較すると、スペックダウンしています。

ただし、L2キャッシュは24MBと大容量化され、実帯域幅は453GB/sに達します。この巨大なL2キャッシュのおかげで、VRAMへのアクセス頻度が減らせるので、消費電力(TGP)は115Wと省電力化されています。

RTコア、Tensorコア、NVENCはともに世代が新しくなっています。

超解像技術はDLSS3に対応
引用:NVIDIA公式

超解像技術はDLSS3に対応しました。DLSS3はAIを使ってフレーム生成を行うので別名、DLSS FGとも呼ばれます。

従来のDLSS2に比べると、劇的にフレームレートを引き上げることが可能になります。ただし、この機能が使えるのは、DLSS3に対応するゲームに限られます。

AV1エンコードにも対応
引用:NVIDIA公式

また、AV1エンコードにも対応しました。AV1を使うことで、約40%のエンコーディング効率が向上し、低ビットレートで配信した場合でも高品質な配信が可能となります。

Palit GeForce RTX 4060 StormX 8GBの外観をチェック

Palit GeForce RTX 4060 StormX 8GBの外観をチェック

今回、購入したのは、「Palit GeForce RTX 4060 StormX 8GB」です。実際に開封して、外観をチェックします。

冷却ファンは1基備える、いわゆるシングルファンモデルとなっています。カードサイズは幅169.9×高さ124.1×38.8 mmです。Desk Meetのような、Mini-ITXフォームファクタの小型PCケースに収めることが可能なコンパクトモデルです。

あわせて読みたい
DeskMeet B660をレビュー!ビデオカードを搭載できる小型ベアボーンPC 小型ベアボーンPCは文字通り、小型のパソコンです。しかし、その小ささがあだとなり、ビデオカードを搭載できないモデルが多いです。 今回は数少ない、ビデオカードが搭...

裏面はバックプレートはなく、むき出し状態となっています。

黒一色で装飾もほとんどなく、光るギミックもありません。全体的に地味な印象です。

直径92mmの冷却ファンを搭載。0-dB(デジベル) テクニックを採用しており、負荷が軽い状態になるとファンが停止します。

バスインターフェースの形状はPCI Express 4.0(x8)となっています。

電源コネクタは8pin×1です。

カードの重量は実測で397gです。ビデオカードとしては軽い部類に入ります。

出力インターフェイスはDisplayPort 1.4a × 3、 HDMI 2.1 × 1です。

テスト環境

Palit GeForce RTX 4060 StormX 8GB」を実際に検証用パソコンに組み込みました。スペックは以下の通りです。

テスト環境
CPUCore i7-12700
(amazon / TSUKUMO)
CPUクーラーDeepCool AK400
(amazon / TSUKUMO)
CPUグリスARCTIC MX-4
(amazon / TSUKUMO)
マザーボードMSI PRO B660M-A
(amazon / TSUKUMO)
メモリCrucial CT2K16G4DFRA32A(16GB×2/3200MHz動作)
(amazon / TSUKUMO)
ビデオカードPalit GeForce RTX 4060 StormX 8GB
(amazon)
SSDCrucial P2 1TB
(amazon / TSUKUMO)
電源ユニット750W GOLD電源
使用モデル:V750 Semi-Modular RS750-AMAAG1-JP
OSWindows 11 Home 64bit
(amazon / TSUKUMO)
ビデオカードドライバNVIDIA 537.13

比較対象として、RTX 3060、RTX 3060 Tiを用意しました。

GPU-Zで各種情報を取得。クロックは最高で2715.0Mhzまで上昇しました。

ユーティリティーソフト、「Thunder Master」でオーバークロックの設定が可能です。今回はそのままの状態で検証します。

RTX 4060の性能をチェック。比較対象はRTX 3060、RTX 3060 Ti。

3DMark ベンチマーク

Fire Strike(DX11)
RTX 3060 Ti
28251
RTX 4060 
27643
RTX 3060
22152
Time Spy(DX12)
RTX 3060 Ti
10974
RTX 4060 
10372
RTX 3060
8839
Speed Way(DirectX 12 Ultimate)
RTX 3060 Ti
2736
RTX 4060 
2500
RTX 3060
2183

まず、定番3Dベンチマークソフトの3D Mark、「Fire Strike」、「Time Spy」、「Speed Way」のスコアを掲載します。

RTX 4060のスコアは、前世代のRTX 3060と比較すると、「Fire Strike」では約22%、「Time Spy」では約16%、「Speed Way」では約13%のスコアアップとなります。

「FireStrike」、「TimeSpy」ではRTX 3060Tiとの差はほとんどなく、肩を並べるスコアを出しています。

ゲームのベンチマーク

ファイナルファンタジー 14 暁月のフィナーレ
RTX 3060 Ti
167fps
RTX 4060 
164fps
RTX 3060
148fps
ファイナルファンタジー 15
RTX 3060 Ti
119fps
RTX 4060 
107fps
RTX 3060
97fps
Forza Horizon 5
RTX 3060 Ti
102fps
RTX 4060 
86fps
RTX 3060
71fps
Assassin’s Creed Valhalla
RTX 3060 Ti
108fps
RTX 4060 
94fps
RTX 3060
78fps
Watch Dogs Legion
RTX 3060 Ti
86fps
RTX 4060 
74fps
RTX 3060
60fps
Cyberpunk 2077
RTX 3060 Ti
87fps
RTX 3060
73fps
RTX 4060 
72fps
Fortnite
RTX 3060 Ti
163fps
RTX 4060 
158fps
RTX 3060
140fps
Shadow of the Tomb Raider
RTX 3060 Ti
108fps
RTX 4060 
105fps
RTX 3060
88fps
BLUE PROTOCOL
RTX 3060 Ti
145fps
RTX 4060 
139fps
RTX 3060
120fps

各ゲームベンチマークの比較です。どのゲームもグラフィック品質設定は最高設定にし、平均フレームレートを掲載します。

RTX 4060のフルHD(1920×1080)解像度での平均フレームレートは、前世代のRTX 3060と比較すると、約10%~15%上回りました。

ただ、RTX 3060 Tiを上回ることはありませんでした。ただし、一部のゲーム(FF14やFortniteなど)では、RTX 3060 Tiに肉薄しています。

RTX 4060はバス幅が狭いので、解像度が高くなるにつれて、RTX 3060との差は縮まります。

レイトレーシングとDLSS有効時のゲームのベンチマーク

3DMark Port Royal
RTX 3060 Ti
6574
RTX 4060 
5931
RTX 3060
5207
3DMark NVIDIA DLSS feature test
RTX 4060(DLSS3) 
76fps
RTX 3060 Ti(DLSS2)
76fps
RTX 4060(DLSS2)
70fps
RTX 3060(DLSS2)
59fps
Cyberpunk 2077(レイトレウルトラ+DLSSパフォーマンス)
RTX 4060(DLSS3) 
95fps
RTX 3060 Ti(DLSS2)
77fps
RTX 3060(DLSS2)
65fps

レイトレーシングとDLSS有効時のベンチマークの比較です。

レイトレーシングの性能を計測する、「3DMark Port Royal」では、RTX 3060と比較すると、約13%上回りました。

DLSSの性能を計測する、「3DMark NVIDIA DLSS feature test」では、DLSS3をオンにすると、RTX 3060 Tiと肩を並べます。

レイトレウルトラ+DLSSパフォーマンス設定のCyber Punk 2077では、DLSS3をオンにできるRTX 4060が、RTX 3060 Tiに対して約21%上回りました。

クリエイティブ系ベンチマーク

PCMark 10 Extended
RTX 4060 
10108
RTX 3060 Ti
10091
RTX 3060
9674
V-Ray GPU CUDA
RTX 4060 
1227
RTX 3060 Ti
1172
RTX 3060
863
Blender
RTX 4060
1782
RTX 3060 Ti
1507
RTX 3060
1209
Stable Diffusion(ハローアスカベンチ)
RTX 4060 
35秒
RTX 3060 Ti
37秒
RTX 3060
44秒
Power Directer 18(H265書き出し時間)
RTX 4060 
87秒
RTX 3060 Ti
110秒
RTX 3060
111秒

クリエイティブ系ベンチマークの比較です。

パソコンのアプリケーション実行時の性能を測る「PCMark 10 Extended」、レンダリングの性能を測る「V-Ray GPU CUDA」、「Blender」、AI画像生成にかかった時間を測る「Stable Diffusion(ハローアスカベンチ)」、そして最後に、Power Directer 18を使って、H265形式で、書き出し時間にかかった時間を比較しました。

今回、すべてのクリエイティブ系ベンチマークにおいて、RTX 4060が最も優秀な結果を残しました。

消費電力

3DMark Speed Way – Stress Test実行中の消費電力
RTX 4060 
115W
RTX 3060
169W
RTX 3060 Ti
199W

最後に消費電力の比較です。

3DMark Speed Wayのストレステスト実行中のGPU単体の平均消費電力を掲載します。

RTX 4060の消費電力は、RTX 3060、RTX 3060 Tiに比べると、圧倒的に低いです。特にRTX 3060 Tiよりも約84W低い消費電力です。電源容量は500W~550Wほどあれば、十分といえます。

RTX 4060のワットパフォーマンスは極めて優秀と言えます。

「Palit GeForce RTX 4060 StormX 8GB」ファンクーラーの性能をチェック

最後に「Palit GeForce RTX 4060 StormX 8GB」のファンの性能をチェックします。「3DMark Speed Way – Stress Test」実行中のGPU温度、ファンの回転数、騒音を計ります。

GPU温度

GPU温度は最高84℃、Hot Spot温度は最高101℃まで上昇。やはりシングルファンのモデルなので、冷却性能には期待できません。

バラック状態での計測なので、PCケース内に収めた場合、GPU温度はさらに上昇することが予想されます。

騒音

ファンの回転数は2800回転まで上昇。騒音も55dBAまで上昇しました。シングルファンということで、高負荷時のファンはフル回転します。騒音もそれなりにうるさいです。

RTX 4060、RTX 3060、RTX 3060 Tiのどれを買うべきか

RTX 4060、RTX 3060、RTX 3060 Tiのどれを買うべきか

「RTX 4060、RTX 3060、RTX 3060 Tiのどれを買うべきか?」

単刀直入に答えると、「RTX 4060」と答えます。理由としてはコストパフォーマンスが高いからです。

RTX 3060 Tiは生産数が絞られているのかわかりませんが、価格が高騰中でコスパは悪化しています。

RTX 3060は幸い価格の高騰は起きていませんが、競合のRTX 4060の価格が急激に下がったことにより、RTX 3060の魅力が薄まっています。

もちろん、RTX 3060にはVRAM12GBという強みはありますが、VRAM容量を12GB以上消費するゲームは、バイオハザードRE4やホグワーツレガシーくらいしかありません。ほとんどのゲームではフルHD解像度であれば、VRAM容量は8GBあれば足ります。

例えば、処理の重いAI画像生成のみをやるのであれば、VRAM12GBあるRTX 3060をおすすめしますが、ゲームもやるのであれば、素直にRTX 4060をおすすめします。

RTX4060の3D性能はRTX 3060以上、RTX 3060 Ti未満ですが、DLSS FG対応ゲームでは、RTX 3060 Tiを上回るパフォーマンスを発揮します。

さらにAV1エンコードで快適な配信が可能ですし、省電力という強みもあります。ここへきて、さらに価格が下落しており、RTX4060の魅力はますます高まっています。

RTX 4060レビューまとめ

メリット
デメリット
  • フルHD解像度ではRTX3060に比べて約10%~15%高性能
  • AV1エンコード対応
  • DLSS FGに対応
  • ワットパフォーマンスは優秀
  • コストパフォーマンスは優秀
  • 解像度が上がると性能が伸び悩み、RTX 3060とあまり変わらなくなる
  • VRAM容量が8GB

おすすめのゲーミングパソコン

RTX 4060搭載ゲーミングPC

Victus 15L

  • CPU:Core i5-13400F
  • GPU:RTX 4060
  • メモリ:8GBx2
  • ストレージ:512GB NVMe SSD
価格:120,000
このモデルについて詳しく見る

Core i5-13400F×RTX 4060のエントリークラスのゲーミングPCです。

Core i5-13400Fは10コア16スレッドのインテル第13世代のCPUです。実質、インテル第12世代のCore i5-12400にEコアが4つついたCPUと言えます。

Core i5-12400と同じくシングル性能が優秀なのはそのままで、Eコアがついた分、マルチスレッド性能も向上しました。RTX 4060あたりのビデオカードと組み合わせであれば、性能不足を感じることはほとんどないです。

PCケースはコンパクトで、デスクの上に置いても邪魔になりにくいのも魅力的です。

ただし、ストレージは512GBなので不安はあります。しかも、カスタマイズでストレージの増量ができないのでその点は注意です。さらに納期もかかるのですぐに欲しい方にはその点はマイナスポイントになります。

※上記のリンクは冬のクリアランスSALEのページに遷移します。そこから購入すればセール価格が適用されます。

AeroStream RM5A-A222TN/CP2

  • CPU:Ryzen5 5600G
  • GPU:RTX 4060
  • メモリ:8GBx2
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
価格:129,980円
このモデルについて詳しく見る

Ryzen 5 5600G×RTX 4060のミドルクラスのゲーミングPCです。

Ryzen 5 5600Gは6コア12スレッドのZEN3世代のAPUです。APUということで、内蔵GPUの性能が高いことが特徴ですが、CPU性能もそれなりに優秀です。

L3キャッシュの量が少ないというデメリットはありますが、RTX 4060あたりのビデオカードと組み合わせであれば、性能不足を感じることはほとんどないです。

メモリは16GB、ストレージは1TBと基本スペックは優秀です。

一切カスタマイズはできませんが、即納モデルなのですぐに届くのは魅力的です。

あわせて読みたい
【2024年2月】おすすめの安いRTX4060搭載ゲーミングPCまとめ RTX4060は、RTX40シリーズの中で、ミドルクラスに位置づけられるGPUです。 本記事ではRTX 4060についての簡単な解説をし、RTX 4060搭載のおすすめゲーミングPCを厳選し...

RTX 3060 Ti搭載ゲーミングPC

iiyama LEVEL-M1P5-R45-SAX-WHITE

  • CPU:Ryzen 5 4500
  • GPU:RTX 3060 Ti
  • メモリ:8GB×2
  • ストレージ:500GB NVMe SSD
価格:119,700円
このモデルについて詳しく見る

Ryzen 5 4500×RTX 3060 TiのミドルクラスのゲーミングPCです。

Ryzen 5 4500は6コア12スレッドのZEN2世代のCPUで、性能は高くありません。RTX 3060 Tiあたりのビデオカードとの組み合わせであれば、若干の性能不足を感じる可能性があります。

メモリは16GBなのはいいですが、ストレージは500GBと少し心もとないので、ストレージは1TBへのカスタマイズがおすすめです。

このモデルはコスパに優れたLEVELθ(レベル シータ)に属しています。PCケースにはThermaltake製のミニタワーケース「S100 TG」をベースとしたオリジナル筐体を採用。スイングドア方式を採用した強化ガラス製サイドパネルが特徴のPCケースです。

標準でLEDケースファンが搭載されているので、ガラスパネル越しにライティングを楽しむことができます。

なおこのモデルはスペックはそのまま同じで、PCケースが黒いブラックモデルがあります。

iiyama LEVEL-M1P5-R45-SAX-WHITE

  • CPU:Ryzen 5 4500
  • GPU:RTX 3060 Ti
  • メモリ:16GB×2
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
価格:132,500円
このモデルについて詳しく見る

Ryzen 5 4500×RTX 4060のエントリークラスのゲーミングPCです。

Ryzen 5 4500は6コア12スレッドのZEN2世代のCPUで、高性能というわけではないですが、GTX1660 Superあたりのビデオカードと組み合わせであれば、性能不足を感じることはないです。

メモリは32GB、さらにストレージは1TBとこの価格帯にしてはかなり充実しています。

NEXTGEARはマウスコンピューターのブランドの中でコスパに優れたブランドという位置づけですが、他のブランドと同じく3年間という手厚い標準保証が受けられます。

長期間安心して使いたい方にはこの保証期間の長さはありがたいです。

あわせて読みたい
【2024年2月】おすすめの安いRTX3060 Ti搭載ゲーミングPCまとめ RTX3060 Tiは、RTX30シリーズの中でミドルハイクラスのGPUです。 本記事ではRTX3060 Tiについての簡単な解説をし、RTX3060 Ti搭載のおすすめゲーミングPCを厳選して紹介...

RTX 3060搭載ゲーミングPC

iiyama LEVEL-M1A6-R75F-SLX-WHITE

  • CPU:Ryzen 5 4500
  • GPU:RTX 3060 12GB
  • メモリ:8GBx2
  • ストレージ:500GB NVMe SSD
価格:115,800
このモデルについて詳しく見る

Ryzen 5 4500×RTX 3060(12GB)のミドルクラスのゲーミングPCです。

Ryzen 5 4500は6コア12スレッドのZEN2世代のCPUで、性能が高いわけではないので、RTX 3060 12GBあたりのビデオカードとの組み合わせであれば、若干の性能不足を感じにくいかもしれません。

メモリは16GBなのはいいですが、ストレージは500GBと少し心もとないので、ストレージは1TBへのカスタマイズがおすすめです。

このモデルはコスパに優れたLEVELθ(レベル シータ)に属しています。PCケースにはThermaltake製のミニタワーケース「S100 TG」をベースとしたオリジナル筐体を採用。スイングドア方式を採用した強化ガラス製サイドパネルが特徴のPCケースです。

標準でLEDケースファンが搭載されているので、ガラスパネル越しにライティングを楽しむことができます。

なおこのモデルはスペックはそのまま同じで、PCケースが黒いブラックモデルがあります。

G-GEAR GA5A-B230/B2

  • CPU:Ryzen 5 5500
  • GPU:RTX 3060 12GB
  • メモリ:8GBx2
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
価格:132,600
このモデルについて詳しく見る

Ryzen 5 5500×RTX 3060(12GB)のエントリークラスのゲーミングPCです。

Ryzen 5500は6コア12スレッドのZEN3世代のCPUです。APUのRyzen 5 5600Gから内蔵GPUをなくしたバージョンと言える存在です。

そのため、L3キャッシュの量が少ないというデメリットはありますが、RTX 3060(12GB)あたりのビデオカードと組み合わせであれば、性能不足を感じることはないです。

メモリは16GB、ストレージは1TBと基本スペックは優秀です。

さらにマザーボードはATXサイズのMSI B550-A PRO、電源はCWT製の500W 80PLUS BRONZE対応、ストレージはSamsung 980 1TB採用と、質の高いパーツを採用しているのも魅力的です。

FRGKB550M/M104/NTK

  • CPU:Ryzen 5 5600X
  • GPU:RTX 3060(12GB)
  • メモリ:16GB×2
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
価格:138,800円
このモデルについて詳しく見る

Ryzen 5 5600X×RTX 3060(12GB)のミドルクラスのゲーミングPCです。

Ryzen5 5600Xは6コア12スレッドのZEN3世代のCPUです。マルチ性能だけでなく、シングル性能も十分高く、RTX 3060あたりのビデオカードとの組み合わせであれば、性能不足を感じることはほとんどないです。

メモリは32GB、ストレージは1TBと基本スペックは充実しています。

このモデルは、容量30Lのコンパクトサイズに高いエアフロー性能を誇るミニタワーのPCケースを採用しているGKシリーズに属しています。

小型ですが、垂直エアフロー構造で効率的なエアフローを実現しています。さらにツールレスでサイドパネルを取り外せるので、メンテナンスも楽です。

HyperX Alloy Origins 65 メカニカルゲーミングキーボードが付属するのでお得感はかなりあります。

あわせて読みたい
【2024年2月】おすすめの安いRTX3060搭載ゲーミングPCまとめ RTX3060はミドルクラスに位置付けられるGPUです。 本記事ではRTX3060についての簡単な解説をし、RTX3060搭載のおすすめゲーミングPCを厳選して紹介したいと思います。 ...

まとめ

Palit GeForce RTX 4060 StormX 8GB」を使用して、RTX 4060をレビューしました。今回、自分はDesk Meetに収めるために、シングルファンの小型モデルを選びました。

ただ、やはりシングルファンモデルは温度や騒音が高くなる傾向があります。

もしPCケース内部に余裕があれば、無難にファンが2つあるようなデュアルファンのモデルをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次