【2024年6月更新】ゲーミングPC最新セール情報

DeskMeet B660をレビュー!ビデオカードを搭載できる小型ベアボーンPC

deskmeet

小型ベアボーンPCは文字通り、小型のパソコンです。しかし、その小ささがあだとなり、ビデオカードを搭載できないモデルが多いです。

今回は数少ない、ビデオカードが搭載できる小型ベアボーンPC、Asrockの「DeskMeet B660」をレビューしたいと思います。

モガ

ベアボーンとは「半完成品の状態で売られているPC」のことです。PCケース、マザーボード、電源などがあらかじめ組み込まれた状態になっています。残りのCPU、メモリ、ハードディスクなどを自分で購入して取り付けるとPCが完成します。

目次

DeskMeet B660の仕様

対応CPUインテル第12世代、第13世代(LGA1700)※最大TDP65W
対応CPUクーラー高さ54mmまで
メモリースロット4 x DDR4 DIMM(最大128GB)
チップセットB660
サウンドチップ Realtek ALC897
対応ストレージ3 x SATA3 6.0Gb/s
1 x Hyper M.2 Socket(SATA3 6.0Gb/s & PCIe Gen4x4)
1 x Hyper M.2 Socket(PCIe Gen4x4)
拡張スロット1 x PCIe 4.0 x 16
1 x M.2 Socket (Key E)
フロント出力/入力1 x ヘッドフォン/ヘッドセットジャック
1 x USB 3.2 Gen1 Type-C
2 x USB 3.2 Gen1 Type-A
2 x USB 2.0 Type-A
後部出力/入力1 x DisplayPort 1.4
1 x HDMI
1 x D-Sub
2 x USB 2.0
2 x USB 3.2 Gen1 Type-A
1 x RJ-45 LAN ポート
HD オーディオ ジャック: ラインイン / フロントスピーカー / マイクロフォン
容積8L
電源500W電源(80+ Bronze、ピーク 550W)
サイズ168 (幅) x 236.1 (奥行) x 221.6(高さ) mm
参考価格約35,000円
モガ

DeskMeet B660とDeskMeet X300の仕様は基本的に同じですが、DeskMeet X300は、「PCIe 4.0に非対応」、「SATA3.0ポートが2本」、「M.2スロットが1本」と、DeskMeet B660に比べると、明らかに劣化している点が複数あります。

インテルCPU向け

PCショップでDeskMeet B660を探す

AMDCPU向け

PCショップでDesk Meet X300を探す

DeskMeet B660の同梱物をチェック

DeskMeet B660のパッケージ

パッケージです。思ったより巨大だと感じました。

deskmeetの同梱物一覧

同梱物一覧です。それぞれ一つずつ詳しく見ていきます。

deskmeetのマニュアル

マニュアルです。図解入りなので分かりやすいです。

deskmeetのネジ類

ネジ類です。

deskmeetのSATAケーブル

SATAケーブルです。2本付属します。

deskmeetの電源ケーブル

電源ケーブルです。

deskmeet本体

DeskMeet B660本体です。中のパーツは発砲スチロールでおおわれて、しっかり保護されています。

deskmeetのカバーを外すと、電源とマザーボードが見れる

外装カバーを外すと、マザーボードと電源が入っていました。

DeskMeet B660の外観、内部をチェック

deskmeet

サイズは幅が168mm、奥行が236.1mm、高さが221.6mmです。

deskmeetとスリムケースを比較

スリムタワーのPCケース、「IN WIN IW-CJ712B/265B」と比較してみました。スリムケースなだけあって、幅はDeskMeet B660より遥かに狭いです。ただ、高さはDeskMeet B660のほうが低いです。

あわせて読みたい
IN WIN IW-CJ712B/265Bをレビュー!M-ATX対応PCケースの中でも最小クラスのスリムケース PCケースがデスクのスペースをある程度占有するので、もっと小さいPCケースにして、スペースを確保したいと思うようになりました。 そこで購入したのが、スリムケースの...
deskmeetとS100 TGを比較

ミニタワーのPCケース、「S100 TG」と比較してみました。圧倒的にDeskMeet B660のほうが、サイズ感は小さいです。

あわせて読みたい
S100 TGをレビュー!スイングドア式ガラスパネル採用の高コスパPCケース 自分のパソコン環境を一新したので、どうせならPCケースも新調したいと思うようになりました。 いくつか候補があったのですが、選んだのはThermaltake製のMicroATX専用...
deskmeetと500mlのペットボトル

500mlのペットボトルと比較してみました。高さは500mlのペットボトルと同じくらいでした。

幅わずか20cmのわずかなスペースにも置く

幅わずか20cmのわずかなスペースにも置くことができます。デスクの上においても全く圧迫感を感じないサイズ感です。

材質はおそらくスチールですが、表面加工がしっかりしている

ケースの質感は普通に高いです。材質はおそらくスチールですが、表面加工がしっかりしているので触り心地もサラサラしており、安っぽさを感じさせません。フロントパネルの一部分のみヘアライン加工になっていて、良いアクセントになっています。

deskmeetのフロントパネル

フロントパネルです。フロントパネルには、インターフェースと電源ボタンがあります。

フロントパネルのインターフェース

フロントパネルのインターフェースです。上から、 ヘッドフォン/ヘッドセットジャック×1、USB 3.2 Gen1 Type-C×1、USB 3.2 Gen1 Type-A×2、USB 2.0 Type-A×2です。

deskmeetの電源ボタン

電源ボタンです。ボタン自体が非常に大きいので、押しやすいです。電源をオンにすると、電源ボタン下のライトが点灯します。

deskmeetを横置き

ちなみにDeskMeetは横置きに対応しています。横置きにすると、幅が広くなる代わりに高さが抑えられます。ただ、インターフェースが下側に配置されるので、少し使いづらいと感じました。

左サイドパネル
左サイドパネル
右サイドパネル
右サイドパネル
モガ

DeskMeet B660は、M.2×2、2.5インチSSD×2、3.5インチHDD×1という組み合わせで、最大5台のストレージを搭載できます。

500WのATX電源

500WのATX電源(80+ Bronze、ピーク 550W)です。外見は普通の電源ですが、内蔵の120mmファンが通常の電源と異なり、逆向きに配置されています。

内蔵の120mmファンからの空気をCPUクーラーに直接当てることが可能

引用:Asrock公式ページ

このファンの逆向きの設置により排気になり、電源から出た空気をCPUクーラーに直接当てることが可能になります。

GPT500S-A

電源の型番は「GPT500S-A」です。CWT製となっています。

電源のコネクタ

電源のコネクタは、以下のようになっています。

  • 24pin ATX電源コネクタ×1
  • 8pin 12V電源コネクタ×1
  • 8pin PCIe補助電源コネクタ×1
  • SATA電源コネクタ×2

DeskMeet B660の組み立て方を解説

サブPCに組み込まれていたパーツをそのまま流用

DeskMeet B660にはベアボーンキットなので、PCケース、マザーボード、電源が用意されていますが、CPU、メモリ、ストレージ、ビデオカードは自分で用意する必要があります。

そこでサブPCに組み込まれていたパーツをそのまま流用することにしました。用意したパーツは以下の通りです。

用意したパーツ
CPUCore i5-12400
CPUクーラーリテールクーラー
ビデオカードRTX 3050
メモリW4U2666CX1-16G×2
ストレージPNY XLR8 CS3030 1TB
WD40EZRZ 4TB
WifiカードAX200.NGWG.DTK
ボトムパネルのネジを外す

それでは組み立てを開始します。まずボトムパネルのネジを外します。

外装を取り外す

外装を取り外します。背面にある出っ張りをつかむとスムーズに取り外しができます。

電源とマザーボードに分ける

ピンク色の発砲スチロールを外し、電源とマザーボードに分けます。

CPUを装着

CPUを装着します。

メモリを取り付け

メモリを取り付けます。

M.2 SSDを装着

M.2 SSDを装着します。今回はM.2 SSDを1つ装着するので、マザーボード裏側のM.2スロットは使用しません。

Wi-Fiカードを搭載

Key EのM.2スロットにWi-Fiカードを搭載します。

アンテナがはまらない
モガ

Wi-FiキットのAX200.NGWG.DTKでは、アンテナがはまりませんでした。アンテナホールが小さすぎます。DeskMeet専用のオプションキットじゃないとうまくはまらないのかもしれません。今回はアンテナなしで装着しました。

アンテナホールが開きました
AX200.NGWG.DTKの装着

後日、指に力を加えたら、アンテナホールが開きました。無事AX200.NGWG.DTKの装着ができたことをここで報告します。ちなみにWIFIキットは「AX200.NGWG.DTK」です。Asrock純正のWIFIキットを購入する必要性はないです。

あわせて読みたい
無線LANアダプターキット、AX200.NGWG.DTKをレビュー!取り付け方も解説 WiFi 6とBluetooth 5を増設可能なアダプターキット「AX200.NGWG.DTK」を購入したのでレビューしたいと思います。 取り付け方はかなり特殊なので、取り付け方についても...
CPUクーラーを装着

CPUにグリスを塗り、CPUクーラーを装着します。なお、今回はリテールクーラーを使用しました。リテールクーラーは高さ54mm以内なので、問題なく装着できます。

HDDを取り付け

HDDを取り付けます。上部の2本のネジで固定します。なお、SATAケーブルと、SATA電源コネクタをあらかじめHDDに取り付けてから作業したほうがスムーズに固定できます。

サイドからネジで固定

反対側に回って、サイドからネジで固定します。これでHDDはしっかり固定されます。

PCIスロットカバーを外す

PCIスロットカバーを外します。なお、一度外すと二度と戻らないタイプです。ビデオカード等を取り付ける予定がなければ、外さないでおくことをおすすめします。

金具のロックを解除

ビデオカード等を固定するための金具のロックを解除します。

ビデオカードを搭載

ビデオカードをPCIe 4.0 x 16スロットに差し込み、金具をロックし、ビデオカードを固定します。

ビデオカードのファンがしっかり露出

サイドから見ると、ビデオカードのファンがしっかり露出しているのが確認できました。

配線作業を完了

24pin ATX電源コネクタ、8pin 12V電源コネクタ、8pin PCIe補助電源コネクタなどを繋ぎ、配線作業を完了させます。

電源をネジで固定

ファンが下向きになるように電源をネジで固定します。

配線を空いているスペースに押し込む

配線を空いているスペースに押し込みます。

外装カバーを取り付け

外装カバーを取り付けます。

ボトムカバーのネジをしめる

ボトムカバーのネジをしめます。

ゴム脚をつける

ゴム脚をつけて、組み立て作業は完了です。

DeskMeet B660の温度、騒音をチェック

PCケースが小型だと、熱がこもりやすく、CPUの発熱が激しくなり、またそれに伴ってファンが全開で回るので、かなりうるさくなります。

DeskMeetもかなり小型なのでそのあたりは心配です。そこで、負荷をかけた状態のCPU温度と騒音をチェックします。

Cinebench R23(10分連続テスト)を実行し、CPU温度の推移をチェック

Core i5-12400の電力制限を解除して、Cinebench R23(10分連続テスト)を実行し、CPU温度の推移をチェックしました。

CPU温度は最高83℃まで上昇しました。リテールクーラーでも十分冷やせています。ただ、計測時期は冬場の真っ最中。真夏だと厳しいかもしれません。もし、不安であれば、リテールクーラーから最大54mmまでの社外品のCPUクーラーに換装してもいいかもしれません。

リテールクーラーからNoctua-NH-L9i-17xxに換装してみました↓。

あわせて読みたい
Noctua NH-L9i-17xxをレビュー!DeskMeetにピッタリなロープロファイル対応CPUクーラー 背の低いロープロファイル対応CPUクーラーの、Noctua NH-L9i-17xxを購入したのでレビューしたいと思います。 リテールクーラーとの冷却能力の差、DeskMeetに入れたとき...
電源ファンの風が上からCPUクーラーに直接当たる

電源内の逆向きに配置された120mmファンによって、直接上から風をCPUクーラに当てることが可能になっています。それによってうまくCPUを冷却できているのだと思われます。

deskmeetの温度分布

高負荷中の温度分布を調べるために、サーマルカメラで撮影してみました。穴が開いている箇所で温度が高くなっています。穴をふさぐとエアフローが悪化する可能性があるので注意が必要です。

普通のATX電源に入れ替え

付属の電源から普通のATX電源に入れ替えるとCPU温度にどう影響を与えるのか検証してみました。

普通の電源に変えて、Cinebench R23(10分連続テスト)を実行し、CPU温度の推移をチェック

CPU温度は最高98℃まで上昇しました。明らかにCPUを冷やし切れていません。

この状態で使い続けると、各パーツへダメージが蓄積し、寿命を早めてしまうかもしれません。DeskMeetでは付属の電源を使うのが必須となります。

モガ

たとえ付属電源でも上下逆につけると、同じような熱問題が発生すると思います。電源の設置方法については注意を払う必要があります。

最後に騒音をチェックします。

アイドル時の騒音
アイドル時の騒音
高負荷時の騒音
高負荷時の騒音

アイドル時は30dbA前後でほぼ無音でした。一方、CPUとビデオカード両方に負荷がかかる、FF14ベンチマーク実行中の騒音は38dbA前後でした。サーという音が聞こえますが、そこまで耳障りではないです。

といっても、これはあくまでも自分の環境の話であって発熱の多いCPU、ビデオカードを使用した場合、ファンはより高回転になると思うので騒音はさすがに気になるかと思います。PCケース自体穴だらけなので、静音性に過度な期待はしないほうがいいです。

DeskMeet B660の良かったところと悪かったところ

メリット
デメリット
  • PCケースが小型なのにビデオカードが入る
  • 一般的なPCケースと比べるとはるかに小型
  • エアフローが考えられており、CPUが意外と冷える
  • 騒音が小さい
  • フロントパネルのインターフェースが豊富
  • 背面のインターフェースにD-Sub端子がある
  • フロントパネルにUSB-C端子がある
  • メモリスロットが4本ある
  • B660バージョンとX300バージョンの価格差(X300バージョンのほうが遥かに安い)
  • CPUクーラーの高さ制限が厳しい(高さ54mmまで)
  • エアフローも決して良好とはいえないので、温度が高い夏場など、CPUやGPUの温度管理に気を使う必要がある
  • 普通の電源は使用できない
  • DeskMiniに比べるとサイズは大型
  • 長さ20cm以上のビデオカードは搭載不可
  • 少し組みづらい(特に自作PC初心者)

まとめ

小型ベアボーンPCとして考えると、確かにDeskMeetはかなりサイズ感はあります。実際、DeskMiniと比べると、そのサイズ感の違いは一目瞭然です。

ただ、ビデオカードを搭載できる小型ベアボーンPCということを考えれば、驚異的な小ささといえます。

DeskMeetはビデオカードを搭載する予定で、小さいPCを構築したいという方にまさにぴったりの商品といえます。

インテルCPU向け

PCショップでDeskMeet B660を探す

AMDCPU向け

PCショップでDesk Meet X300を探す

DeskMeet採用BTO

DeskMeet採用のBTOは主にパソコンSHOPアークが展開しています。GPUはRX6400、RTX3060にカスタマイズができます。

製品名価格CPUGPUメモリストレージ
arkhive Business Custom BC-A3S
Ryzen 3 4300G 搭載 DeskMeet
74,800円RYZEN 3 4300GRadeon Graphics8GB×1500GB(M.2 SSD)
arkhive Gaming Custom GC-A7S
Ryzen 7 5700G 搭載 DeskMeet AG-AR8X30I-DE
117,800円RYZEN 7 5700GRadeon Graphics8GB×21TB(M.2 SSD)
arkhive Business Custom BC-I5S
第13世代インテル Core i5 搭載 DeskMeet AB-IC10B66I-DE
116,800円Core i5 13400UHD 7308GB×21TB(M.2 SSD)
arkhive Gaming Custom GC-A7R64S
Ryzen 7 5700X 搭載 DeskMeet AC-AR8X30IRN4-DE
134,800円RYZEN 7 5700XRX 64008GB×21TB(M.2 SSD)
arkhive Business Custom BC-I7S
第13世代インテル Core i7 搭載 DeskMeet AB-IC16B66I-DE
144,800円Core i7 13700UHD 7708GB×21TB(M.2 SSD)
arkhive BUSINESS Custom BC-I9S
第12世代インテル Core i9 搭載 DeskMeet AC-IC12B66I-DE
179,800円Core i9 12900UHD 77016GB×21TB(M.2 SSD)
目次