【2024年6月更新】ゲーミングPC最新セール情報

無線LANアダプターキット、AX200.NGWG.DTKをレビュー!取り付け方も解説

AX200.NGWG.DTK

WiFi 6とBluetooth 5を増設可能なアダプターキット「AX200.NGWG.DTK」を購入したのでレビューしたいと思います。

取り付け方はかなり特殊なので、取り付け方についてもわかりやすく解説したいと思います。

目次

AX200.NGWG.DTKとは

AX200.NGWG.DTKとは

AX200.NGWG.DTK」はWiFi 6とBluetooth 5を増設可能なアダプターキットです。

正式名称は「INTEL WI-FI 6【Gig+】DESKTOP WIRELESS M.2 2230 KIT」です。あまりにも長いので、ここでは「AX200.NGWG.DTK」で統一します。

「AX200.NGWG.DTK」は簡単に言ってしまえば、無線LANカードといっても差し支えないです。

Intel製無線チップ「AX200」を搭載しており、マザーボードのM.2スロット(2230)に取り付けて使用します。

最大転送速度は2,402Mbpsで、従来からある11AC 2×2接続と比べて約3倍ほど高速です。対応無線規格はIEEE 802.11a/b/g/n/ac/axとBluetooth 5.1です。

AX200.NGWG.DTKの仕様
接続方式M.2 2230 E-Key
バンド2.4GHz、5GHz
アンテナ2×2
無線対応規格WiFi 6 (IEEE802.11ax)、Bluetooth 5.0
対応OSWindows 11 64-bit , Windows 10 64-bit , Linux , Chrome OS7
パッケージ内容WiFiカード本体
アンテナ x 2
スタンダードブラケット(アンテナケーブル接続済み)
ロープロファイルブラケット
PCショップでAX200.NGWG.DTKを探す

AX200.NGWG.DTKの付属品一覧

AX200.NGWG.DTKの付属品一覧

AX200.NGWG.DTKの付属品一覧です。

「WiFiカード本体」、「アンテナ x 2」、「スタンダードブラケット(アンテナケーブル接続済み)」、「ロープロファイルブラケット」、「マニュアル」、「安全ガイド」です。それぞれ詳しく見ていきます。

intel AX200 NGW WiFiカード

intel AX200 NGW WiFiカードです。このWiFiカードにアンテナケーブル2本が直結しています。

アンテナケーブル

ちなみにこのアンテナケーブルは約60cmあるので、かなり長いです。ある程度の長さに束ねておくことをおすすめします。

アンテナケーブルはブラケットに直でつながっている

このアンテナケーブルはブラケットに直でつながっています。

ロープロファイルのブラケット

ちなみにロープロファイルのブラケットも付属しているので、スリムケースなどに装着する場合、付け替えることができます。

アンテナ

アンテナです。2本あり、ブラケットにつけます。

マニュアル

マニュアルです。日本語には対応していませんが、図解入りで解説しているので、問題ないです。このマニュアル以外にも安全ガイドがありますが、紹介は省きます。

準備するもの

Type 2230のM.2スロットのあるマザーボード

Type 2230のM.2スロットのあるマザーボード

まず、大前提として、自分のマザーボードにType 2230のM.2スロットがあるのかを確認します。もしこのスロットがなければ、取り付けることができないので注意です。

ちなみに今回使用するマザーボードはASrock B660M Pro RSです。Type 2230のM.2スロットもしっかりあります。

あわせて読みたい
良コスパのB660マザー、ASrock B660M Pro RSをレビュー! AsrockのB660M Pro RSは価格も機能もバランスが良く、いわゆるコスパの良いマザーボードです。 core i3やcore i5などの安いCPUと組み合わせることで、コスパの良い構成...
deskmeet

ちなみに小型ベアボーンPCのdeskmeetにも装着可能です。

あわせて読みたい
DeskMeet B660をレビュー!ビデオカードを搭載できる小型ベアボーンPC 小型ベアボーンPCは文字通り、小型のパソコンです。しかし、その小ささがあだとなり、ビデオカードを搭載できないモデルが多いです。 今回は数少ない、ビデオカードが搭...

M.2 SSD固定用ミリネジ × 1

M.2 SSD固定用ミリネジ × 1

intel AX200 NGW WiFiカードをM.2スロット(2230)に取り付ける際、M.2 SSD固定用ミリネジを1つ使用します。

ただ、残念ながらAX200.NGWG.DTKにはM.2 SSD固定用ミリネジが付属しません。

マザーボードに付属しているものが余っていればいいのですが、もしなければ、別途購入する必要があります。おすすめはainexのM.2 SSD固定用ミリネジです。4個入りで激安価格です。

ロープロファイルに対応させるには、ブラケットの付け替え作業が必要

六角ナット or レンチ or ペンチAX200.NGWG.DTKのアンテナケーブルはレギュラーサイズのブラケットにつながっています。もし、ロープロファイルブラケットを使うのであれば、ブラケットの付け替え作業が必要です。

六角ナットを緩める

ブラケットの付け替え作業は、六角ナットを緩めるだけです。ただ、手で緩めるのは難しいので、六角ナット or レンチ or ペンチがあると便利です。自分は先が尖っているペンチを使いました。

AX200.NGWG.DTKの取り付け手順

STEP
intel AX200 NGW WiFiカードをM.2スロット(2230)に取り付ける

intel AX200 NGW WiFiカードをマザーボードのM.2スロット(2230)に取り付けます。

M.2 SSD固定用ミリネジをしめて固定します。

STEP
拡張スロットにブラケットを取り付ける

PCケースの拡張スロットにブラケットを取り付けます。

STEP
アンテナを取り付ける

2本のアンテナを取り付けます。取り付け自体はここで完了ですが、この状態ではまだ使えません。パソコンにドライバをインストールする必要があります。

STEP
ドライバをインストール

取り付けただけではAX200.NGWG.DTKを使うことはできません。ドライバをパソコンにインストールする必要があるからです。ただ、ドライバを自分で探すのはなかなか困難です。

そこでおすすめしたいのが、インテルから提供されている「Automatically Update Your Drivers」です。これを利用すれば、足らないドライバを勝手に見つけてくれます。

「Automatically Update Your Drivers」のサイトは下記URLから入れます↓。

サイトに入ったら、中央にある「Get started」をクリックします。

「Download now」をクリックし、「Intel Driver & Support Assistant」をインストールします。インストール終了後、パソコンを再起動します。

パソコンを起動後、Intel Driver & Support Assistantのサイトに入るか、タスクバー右下のIntel Driver & Support Assistantをクリックします。自動的にスキャンが始まります。

自動的に必要なドライバが見つかるので、すべてインストールします。これで設定はすべて完了です。

デバイスマネージャーを確認すると、「Bluetooth Device」と「Intel(R) Wi-Fi 6 AX200 160MHz」が追加されています。

注意

断線

線はかなり脆いので簡単に断線するので、取扱いには注意です。

アンテナキット単品が売っている

社外品ですが、アンテナキット単品が売っているので断線した場合でも安心です。

まとめ

今まで有線LANだったのでLANケーブルで非常に煩わしい思いをしてきたのですが、AX200.NGWG.DTKを導入したことにより、LANケーブルがなくなり、自分のパソコン回りがスッキリしました。

Type 2230のM.2スロットに空きがあり、無線LANに興味があるのなら、AX200.NGWG.DTKの導入をおすすめします。

PCショップでAX200.NGWG.DTKを探す
目次