パソコン・自作PC マザーボード

良コスパのB660マザー、ASrock B660M Pro RSをレビュー!

2022年2月1日

Asrock B660M Pro RS

AsrockのB660M Pro RSは価格も機能もバランスが良く、いわゆるコスパの良いマザーボードです。

core i3やcore i5などの安いCPUと組み合わせることで、コスパの良い構成を目指せます。今回はAsrockのB660M Pro RSをレビューしていきたいと思います。

モガ
2023年現在、マイナーチェンジ版といえる「B660M Pro RS/ax」が販売中です。主な違いは、「無線に対応」という点です。それ以外の仕様はほぼ同じです。

Asrock B660M Pro RSの仕様

対応ソケット LGA1700
チップセット B660
対応フォームファクタ MicroATX
メモリスロット DDR4×4(デュアルチャネル対応/最大128GB)
拡張スロット PCI-Express4.0(×16)×1
PCI-Express3.0(×1)×1
PCI-Express3.0(×4)×1
M.2×1(Key E/wifiモジュール用)
ストレージ SATA(3.0)×4
M.2 type 2242/2260/2280×1(PCI-Express4.0×4対応)
M.2 type 2280×1(PCI-Express3.0×4/SATA 3.0対応)
LAN ギガビットLAN×1(Intel 1219V)
サウンド 7.1 チャンネル HD オーディオ (Realtek ALC897)
リアインターフェース USB 3.2 Gen1×4、USB 2.0×2、
ギガビットLAN×1、オーディオ端子×3、
DisplayPort1.4×1、HDMI×1、PS2/2×1 

Asrock B660M Pro RSの仕様

Asrock B660M Pro RS/axの仕様

Asrock B660M Pro RSの外観

Asrock B660M Pro RSとは?

Asrock B660M Pro RSとは?
B660M Pro RSは、Pro RSシリーズに属するマザーボードです。

Pro RSシリーズのRSは「Race Sport Edition」を意味し、自動車競技をイメージしたデザインとなっています。

様々な機能を重視した豪華なマザーボードというより、ある程度機能を絞り、コスパを優先したマザーボードといえます。

電源回り

電源回り
電源回りを見ていきます。電源回路は8フェーズ構成の電源回路を搭載しています。

core i9のような上位CPUを例えば、MTP241Wで運用というような使い方であれば、少し不安はある電源構成です。ただ、定格で使用する分には問題ないと思います。

core i3-12100やcore i5-12400などのような熱がおとなしいCPUであれば、特に心配は必要ないと思います。

VRMヒートシンク

VRAMシートシンク

VRMヒートシンクは2ブロックに分かれています。

CPUの補助電源
CPUの補助電源は8pin×1です。

チップセット

チップセット
B660チップセットのヒートシンクです。B660M Pro RSはその名の通り、B660チップセットを採用しています。

B660は上位のZ690と比べると、CPUのオーバークロックが不可能などの制限はうけます。ただ、メモリのオーバークロックには対応しています。

こちらもCHECK

マザーボード
インテル600シリーズのマザボードの選び方を解説! Z690、H670、B660、H610の違い

2022年1月、インテル第12世代CPU、「AlderLake-S」の下位モデルが発売されました。また、それにあわせて、インテル600シリーズの下位チップセットを搭載したマザーボードも発売されました。 ...

続きを見る

メモリスロット

メモリスロット
DDR4のメモリスロットが4つあります。デュアルチャネル、最大4,800MHz、最大128GBに対応しています。

ストレージ

ストレージ
ストレージ用のM.2スロットは2つあります。そのうち、最上段に位置するものはPCI-Express4.0x4対応の「ハイパーM.2ソケット」になっています。M.2 2242/2260/2280に対応しています。

また、この最上段の「ハイパーM.2ソケット」のみ、専用のヒートシンクが標準で装備されています。

ヒートシンクの裏側のサーマルパッド
ヒートシンクの裏側にはサーマルパッドが貼ってあります。

もう一つのM.2スロット
下段にはもう一つのM.2スロットがあります。こちらはPCI-Express3.0×4/SATA 3.0対応の「ウルトラM.2ソケット」になっています。M.2 2280に対応しています。

垂直タイプのSATA3.0

平面タイプのSATA3.0

SATA3.0は水平タイプ×2、垂直タイプ×2の合計4つあります。なお、下段のM.2スロットでSATAタイプのSSDを使用した場合、これらのSATA3.0は使用不可能になるので注意が必要です。

拡張スロット

拡張スロット
PCI-Express4.0(×16)スロットは強化スチールスロットが採用されています。重量級のビデオカードも支えてくれます。

Wifiモジュールを装着するためのM.2スロット
Wifiモジュールを装着するためのM.2スロットです。別途Wifiモジュールを買って装着すれば、無線化が可能です。

PCI-Express3.0(×1)、PCI-Express3.0(×4)のスロット
下段にはPCI-Express3.0(×1)、PCI-Express3.0(×4)のスロットがあります。

オーディオ回路

オーディオ回路
サウンドチップは7.1チャンネルHDオーディオに対応した、「ALC897」が採用されています。

オーディオ回路は分離
基盤レベルでオーディオ回路は分離されており、ノイズ対策が施されています。

リアインターフェース

リアインターフェース
リアインターフェースです。

左から、「USB 2.0×2」、「PS2/2×1」、「HDMI×1」、「DisplayPort1.4」、「USB 3.2 Gen1×4」、「ギガビットLAN×1」、「オーディオ端子×3」です。

残念ながらコスパを優先しているためか、一体型のI/Oパネルは採用されていません。

ファンコネクタ・RGBピンヘッダ

ファンコネクタ・RGBピンヘッダ
主なコネクタ類の配置です。

緑色で囲った部分は、CPUクーラーのファンに対応したコネクタです。CPUクーラーのファンを接続するためのもの、水冷ポンプに接続するための、計2つあります。

赤色で囲った部分はケースファンの用のコネクタです。計3つあります。それぞれ、水冷ポンプにも対応しています。

青色で囲った部分は「アドレサブルLEDヘッダー」です。計3つあります。オレンジ色で囲った部分は「RGBLEDヘッダー」です。こちらは1つしかありません。

フロントパネル用のUSB3.2 Gen.1 Type-Cヘッダまた、フロントパネル用のUSB3.2 Gen.1 Type-Cヘッダが搭載されています。

その他機能

UEFI

UEFI
UEFIの画面です。簡易モードの画面は主要な情報だけに絞って表示されます。細かな設定はAdvanced Modeに入る必要があります。

BFB
Advanced Modeでは様々な設定が可能なので、全ては紹介しきれません。ただ、BFBの機能は個人的にかなり重要だと思いますので、詳しく紹介します。

BFBはBase Frequency Boostのことで、簡単に言えば、電力制限を解除するための設定です。KなしCPUでもこの設定をすることでパフォーマンスを引き上げることができます。

このBFBの上限はマザーボードによって異なります。B660M Pro RSの場合は140Wが上限でした。

RGBイルミネーション

RGBイルミネーション
マザーボードの右下にRGBイルミネーションが備え付けられています。

Asrockポリクローム RGBに対応このRGBイルミネーションはAsrockポリクローム RGBに対応しています。光の色や発光パターンを変えることができます。

もちろんアドレサブルLEDヘッダーとつないでいるLEDファンと同期させることも可能です。

Nahimic Audio

Nahimic Audio
Nahimic Audioはゲーミングデバイスでおなじみのsteelseriesから提供されている、サウンドユーティリティソフトです。バーチャルサラウンドの設定等もおこなえます。

A-Tuning

A-Tuning
A-Tuningはいわゆるユーティリティソフトで、CPUの性能チューニングしたり、CPU温度などの情報をモニタリングできます。

ただ、B660はオーバークロックに対応していないので、ベースクロック変更などの詳細な設定は使用できません。

FAN-Tastic Tuning
様々な機能がありますが、特に便利だと思うのが「FAN-Tastic Tuning」です。ファンの回転数を調整できます。

Restart to UEFI

Restart to UEFI通常、UEFIに入るには、パソコンを再起動して、最初のロゴ画面でDeleteキーを押すという工程を踏みます。

ただ、このRestart to UEFIというツールを使えば、デスクトップ画面から簡単にUEFIに入れます。

動作チェック

core i5-12400の性能を検証

core i5-12400の性能を検証
実際に、B660M Pro RSにcore i5-12400を装着して、パフォーマンスがきちんと出るのか、検証してみました。

こちらもCHECK

core i5-12400
驚異のワットパフォーマンス!core i5-12400をレビュー!core i5-11400Fと比較。

インテル第12世代、Alder Lake-Sのcore i5シリーズで最も価格が安いcore i5-12400を購入したのでレビューしたいと思います。 前世代のcore i5-11400と徹底比較して ...

続きを見る

Cinebench R23を実行
Cinebench R23を実行したところ、大手レビューサイトの検証結果とほぼ同程度のスコアが出ていました。B660M Pro RSはcore i5-12400のパフォーマンスをしっかり引き出せています。

M.2ヒートシンクの性能を検証

ヒートシンクありの温度ヒートシンクあり

ヒートシンクなしの温度ヒートシンクなし

Crystal Disk Markを実行して、ヒートシンクを装着した状態と外した状態のM.2SSD温度を比較します。使用するM.2SSDは、PCI-Express3.0(x4)に対応するKLEVVのC710 M.2SSD(256GB)です。

ヒートシンクが装着した状態だと温度は最高でも43度でしたが、ヒートシンクを外すと最高65度まで上昇しました。ヒートシンクがしっかりM.2SSDを冷却していることを確認しました。

まとめ

インテル第12世代のAlder Lake-S対応マザーボードは高価なものが多いですが、このAsrockのB660M Pro RSは1万6千円前後と、かなり買いやすくなっています。

価格が安く、さらに機能もある程度求めているのなら、このB660M Pro RSはおすすめです。もちろん、BIOS更新すれば、インテル第13世代に対応しています。

無線機能も欲しいという方は、マイナーチェンジ版のB660M Pro RS/axがおすすめです。

Asrock B660M Pro RS


Asrock B660M Pro RS/ax

Amazon Gaming Week

Amazon お得情報 ゲーム

2023/6/5

ゲーマー向けの大型セール、Amazon Gaming Weekが2023年6月8日(木)まで開催

Amazonのゲーマー向けの大型セール、「Amazon Gaming Week」が6月8日(木)まで開催されます。ゲーマー向けということでセール対象はゲーム周辺機器に限定されています。 今回は「ゲーミングマウス」、「ゲーミングキーボード」、「ゲーミングヘッドセット」、「ゲーミングモニター」、「PCパーツ」の5ジャンルに分けて、それぞれのおすすめの製品を厳選して紹介します。 モガ 価格は調査時点(※2023年6月5日)のものです。価格の変動や、在庫切れの可能性もありますので、その点はご了承ください。 目次A ...

ReadMore

Amazonタイムセール祭り

Amazon お得情報

2023/6/5

【2023年】Amazonタイムセール祭りが6月4日(日)23:59まで開催!お得なセール対象品を厳選して紹介

Amazonタイムセール祭りが2023年6月4日(日)23:59まで開催されます。 今回は「ノートパソコン」、「パソコンパーツ」、「ストレージ」、「モニター」、「ゲーム周辺機器」、「アマゾンデバイス」の6ジャンルで、おすすめのセール商品を厳選して紹介します。 目次Amazonタイムセール祭りでさらにお得に買い物するには?ポイントアップキャンペーンに参加する「特選タイムセール」と「数量限定セール」おすすめセール対象品ノートパソコンLenovo Ideapad DuetMSIゲーミングノートPC ThinGF ...

ReadMore

HUAWEI FreeBuds 5

ガジェット その他

2023/6/1

HUAWEI FreeBuds 5をレビュー!インナーイヤー型としては珍しいノイキャン搭載の完全ワイヤレスイヤホン

2023年5月24日に発売した、完全ワイヤレスイヤホンの「HUAWEI FreeBuds 5」をしばらく実際に使ってみたので、その感想をお伝えしつつ、レビューしていきたいと思います。 モガ 本記事はメーカー様より商品を提供していただき、記事を作成しています。 目次HUAWEI FreeBuds 5の仕様HUAWEI FreeBuds 5の同梱物HUAWEI FreeBuds 5の外観をチェックHUAWEI FreeBuds 5の音質をチェックHUAWEI FreeBuds 5の機能をチェックノイズキャンセ ...

ReadMore

HUAWEIの2023年新製品発表会

ガジェット その他

2023/5/31

HUAWEIの2023年新製品発表会レポート!新製品をまとめて紹介

2023年5月24日(水)にHUAWEI新製品発表会が東京で開催されました。 招待されたので、そこで発表された新製品をまとめて紹介したいと思います。 目次発表された新製品とはHUAWEI WATCH UltimateHUAWEI WATCH BudsHUAWEI WATCH D ウェアラブル血圧計HUAWEI WiFi AX2HUAWEI FreeBuds 5HUAWEI S-TAGまとめ 発表された新製品とは 2023年5月24日(水)に発表された新製品は下記の通りです。それぞれ詳しく見ていきます。 発 ...

ReadMore

Pulsar Xlite V2 Wireless

ゲーミングマウス ゲーム

2023/5/26

Pulsar Xlite V2 Wirelessをレビュー!IE3.0クローンの超軽量ワイヤレスゲーミングマウス

IE3.0クローンのワイヤレスゲーミングマウスは手になじみやすいというメリットはありますが、左右非対称のデザイン、バッテリーの存在ゆえに質量が多くなり、重くなるというデメリットがあります。 ただ、今回紹介するPulsar Xlite V2 WirelessはIE3.0クローンのワイヤレスゲーミングマウスでありながら、重量わずか59gに抑えているという驚異の軽さを誇ります。 今回はPulsar Xlite V2 Wirelessをレビューしていきたいと思います。 目次IE3.0クローンのワイヤレスゲーミング ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モガ

本ブログは、主にパソコン・ガジェット関連のお役立ち情報を発信するブログです。皆さんのお役に立てることを第一に考え、ブログを運用していきたいと思います。

おすすめ記事

セール 1

こちらのページでは、デスクトップ型のゲーミングPCの最新セール情報を各BTOメーカーごとにまとめています。また、更新したタイミングで自分がおすすめするモデルを厳選して紹介します。 モガ 基本的にセール ...

Amazonタイムセール祭り 2

Amazonタイムセール祭りが2023年6月4日(日)23:59まで開催されます。 今回は「ノートパソコン」、「パソコンパーツ」、「ストレージ」、「モニター」、「ゲーム周辺機器」、「アマゾンデバイス」 ...

-パソコン・自作PC, マザーボード