パソコン・自作PCCPU

1万円のRyzen5 1600AFをレビュー!価格破壊のCPU

Ryzen5 1600AF

2020年5月にひっそりと発売されたCPU、それがRyzen 5 1600 AFです。このCPUが発売された際、自作PC界でちょっとした騒ぎが起きました。

それは販売価格の安さです。なんと6コア12スレッドのCPUが1万円。衝撃の価格でした。今回はコスパ抜群と噂のRyzen5 1600AFをレビューしたいと思います。

モガ
モガ

このRyzen5 1600AFの値段が発表されたときは目を疑いました。ちょうどPC環境を一新したかったので思わず衝動買いしてしまいました。

スポンサーリンク

Ryzen5 1600AFとは

Ryzen5 1600AFとはRyzen 5 1600 AFは第二世代Ryzen「Zen+」をベースとしたCPUです。以下に基本スペックを記します。

コア数:6コア
スレッド数:12スレッド
クロック:3.2Ghz
最大クロック:3.6Ghz
プロセス:12nm(Zen+)
価格:9,980円(税抜)

ここで注目なのは価格です。なんと税抜価格、9,980円。6コア12スレッドのCPUが税抜価格とはいえ、1万円を切るというコスパの高さ。

まさに価格破壊といってもいいでしょう。ちなみに倍率アンロックフリーなのでオーバークロックが可能です。

なぜここまでの低価格で提供できたのか?一説によるとこのRyzen5 1600AFはRyzen5 2600のリネーム品で性能がフルに発揮できなかった低品質な個体という噂があります。

事実、Ryzen5 1600AFとRyzen5 2600の性能はほとんど同じです。若干、Ryzen5 2600のほうが性能が高いですが。

Ryzen5 2600の選別落ちの在庫を捌くために、Ryzen5 1600AFとして新たなに名前を変えて売り出したという説もあります。

Ryzen 5 1600AFの開封、取り付け

Ryzen 5 1600AFの開封、取り付け
Ryzen 5 1600 AFの箱の外観です。箱からして結構な高級感があり、大きさを感じました。

ryzen5 1600AFのCPU本体
cpu本体です。AMD Ryzen 5 1600と刻印されています。

リテールクーラー
付属のリテールクーラーです。Wraith STEALTHという名前らしいです。特に光ることもなく、シンプルな作りです。インテルのリテールクーラーよりしっかりした作りだと思います。

取り付け完了
取り付け完了です。

検証

無事取り付けが完了したので続いてベンチマークなどを走らせて、Ryzen 5 1600 AFのパフォーマンスを検証したいと思います。

タスクマネージャー

タスクマネージャーまず、タスクマネージャーのチェックです。無事6コア12スレッド、認識されています。

温度計測

アイドル時のCPU温度
アイドル時のCPU温度は45度位でした。

100%負荷時のCPU温度
100%負荷時のCPU温度は65度位でした。リテールクーラーでもしっかり冷やせると思います。

CINEBENCH R15

CINEBENCH R15
CINEBENCH R15で計測してみました。マルチスコアは1046、シングルスコアは137でした。税抜価格1万円のCPUがマルチスコア1000超えるとは驚きです。

1万7千円位のCore i5 9400Fのマルチスコアが980位なので、そう考えると驚異のスコアです。

ただシングルスコアが低いのは残念です。最近のRyzenはシングルも強くなっていますがこのCPUは世代が古いのでシングルの弱さが弱点です。それはそのままスコアにも現れた感じです。

Ryzenシリーズの初期のモデルは、シングルスレッド性能の低さが弱点でした。Ryzen5 1600AFは第2世代と設計が古いため、シングルスレッド性能がイマイチ伸びなかったです。

cpu性能を比較
参考までに自分が所有しているCPUでも比較したいと思います。左からRyzen5 1600AF、core i5 8400、Athlon 220GEです。

core i5 8400と比較すると、マルチスレッド性能では勝っていますが、シングルスレッド性能では負けています。

ゲームベンチ

FF15ベンチ(ryzen51600AF)
FF15のベンチマークソフトでスコアを測ってみました。使用したグラボはGTX1650 GDDR6版です。

GTX1650 GDDR6版の記事はこちらからどうぞ。↓

GDDR6を積んだGTX1650をレビュー!高コスパなグラボ
GTX1650はそこそこの性能、値段、消費電力で人気の高いグラボです。2020年4月ごろ、ビデオメモリがGDDR6に変更されたGTX1650がひっそりと発売されました。今回GDDR6を積んだGTX1650を購入したのでレビューしたいと思います。

FF15は重量級のゲームなので性能が足りていないとシビアな判定がされやすいです。解像度はフルHD、設定は高設定でスコアは4174で普通判定でした。

事務、動画編集用途としては

Ryzen5 1600AF、GTX1650GDDR6版のPCを使用して、普段仕事をしています。ブラウザも複数開いてももたつくこともありません。

動画編集でも4K動画編集や、重いエフェクトを多用しなければ、十分快適に編集が可能です。事務、動画編集用途のCPUとしても十分な性能があると思います。

まとめ

税抜価格1万円という衝撃価格で、マルチスコア1000を超えるのは大きな衝撃をうけました。ただ世代が古いということもあり、シングルスコアが弱いのはマイナスかもしれません。

シングルが弱いとゲーム用途だと足を引っ張る可能性があります。しかし、このRyzen5 1600AF、スポット製品ということでわずかな量しか用意されなかったのもあって在庫数が少ないです。

すぐに絶版商品になってしまったのかもしれません。そのため、現在、発売当初より価格が高くなって、発売当初のコスパの良さが完全に消えています。

今なら4コア8スレッドのRyzen 3 3100Ryzen 5 3500のコスパがずば抜けています。Ryzen3 3100は世代が新しいのでシングル性能がRyzen5 1600AFより強いです。

もし低価格で性能もそこそこというCPUをお探しなら、Ryzen5 1600AFの代わりにRyzen3 3100、Ryzen 5 3500を購入するのも一つの手かと思います。

動画バージョンはこちら↓。チャンネル登録も大歓迎です。