2024年2月最新のゲーミングPCセール情報をチェック

PC版鉄拳8の推奨スペックをグラボごとに検証!おすすめのゲーミングPCも紹介

鉄拳8

約9年ぶりに登場した新作ということで、盛り上がりを見せている「鉄拳8」。アンリアルエンジン5を採用したことで、過去作と比べてグラフィック面でも大幅強化されています。

鉄拳8は家庭用版はもちろん、PC版も発売しています。

今回はPC版鉄拳8を快適にプレーできる、推奨スペックを探るために、グラボごとに検証していきたいと思います。最後におすすめのゲーミングPCについても紹介します。

目次

鉄拳8のシステム要件について

スクロールできます
・解像度:フルHD (1920×1080)
・FPS (フレームレート/秒):60以上で安定
・解像度:4K (3840×2160)
・FPS (フレームレート/秒):60以上で安定
最低推奨最低推奨
CPU・Intel Core i5-6600K
・AMD Ryzen 5 1600
・Intel Core i7-7700K
・AMD Ryzen 5 2600
・Intel Core i5-6600K
・AMD Ryzen 5 1600
・Intel Core i7-7700K
・AMD Ryzen 5 2600
GPU・Nvidia GeForce GTX 1050Ti
・AMD Radeon R9 380X
・Nvidia GeForce RTX 2070
・AMD Radeon RX 5700 XT
・Nvidia GeForce GTX 980
・AMD Radeon RX 6500 XT
・Nvidia GeForce RTX 2080Ti
・AMD Radeon RX 6700 XT
OSWindows 10 64-BitWindows 10 64-BitWindows 10 64-BitWindows 10 64-Bit
メモリ8GB 以上16GB 以上8GB 以上16GB 以上
VRAM4GB 以上8GB 以上4GB 以上8GB 以上
ストレージ100GB100GB※SSD推奨100GB100GB※SSD推奨
ゲーム設定※OPTIONS>グラフィック設定・解像度 「1920×1080」
・描画品質プリセット 「低」
・解像度 「1920×1080」
・描画品質プリセット 「高」
※描画スケールのみ「70%」に設定
・解像度 「3840×2160」
・描画品質プリセット 「低」
・解像度 「3840×2160」
・描画品質プリセット 「高」

フルHD最低設定ではGTX 1050Tiなど低スペックグラボでも十分動きますが、4K最高設定だとさすがにRTX 2080Tiといった一昔前のハイスペックなグラボを要求されるので、それなりに重そうです。

CPUは推奨でもCore i7-7700K、Ryzen 5 2600とそこまで要求は高くありません。どちらかというとグラボの重要度のほうが高そうです。

格闘ゲームということで、オープンワールド系のゲームに比べるとシステム要件は緩い印象です。

鉄拳8のグラフィック設定について

鉄拳8のグラフィック設定について

鉄拳8のグラフィック設定です。かなり細かく設定ができます。

最高設定
高設定
中設定
低設定
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
 
最高設定
高設定
中設定
低設定
previous arrow
next arrow

描画品質プリセットは、「最高設定」、「高設定」、「中設定」、「低設定」の4種類があります。正直、「最高設定」、「高設定」、「中設定」では違いはほとんどありません。

ただ「低設定」になるとステージ(背景)の質が明らかに低下します。上の画像だと警察車両の「POLICE」の文字がぼやけたり、地面のクオリティが落ちています。おそらく技を出した際のエフェクトも控えめな表現になっていると思います。

できれば「中設定」以上でのプレーをおすすめします。

FSR 1.0
FSR2 Quality
FSR2 Ultra Performance
FSR2 Performance
FSR2 Balanced
FSR2 Quality
DLSS Ultra Performance
DLSS Performance
DLSS Balanced
DLSS Quality
Xess Performance
Xess Balanced
Xess Quality
Xess Ultra Quality
TSR
TAAU
Catmull Rom Bicubic
NIS
previous arrow
next arrow
 
FSR 1.0
FSR2 Quality
FSR2 Ultra Performance
FSR2 Performance
FSR2 Balanced
FSR2 Quality
DLSS Ultra Performance
DLSS Performance
DLSS Balanced
DLSS Quality
Xess Performance
Xess Balanced
Xess Quality
Xess Ultra Quality
TSR
TAAU
Catmull Rom Bicubic
NIS
previous arrow
next arrow

アップスケーリングは、下記のように豊富に用意されています。

  • FSR 1.0
  • FSR 2 Quality
  • FSR 2 Ultra Performance
  • FSR 2 Performance
  • FSR 2 Balanced
  • FSR 2 Quality
  • DLSS Ultra Performance
  • DLSS Performance
  • DLSS Balanced
  • DLSS Quality
  • Xess Performance
  • Xess Balanced
  • Xess Quality
  • Xess Ultra Quality
  • TSR
  • TAAU
  • Catmull Rom Bicubic
  • NIS

アップスケーリングによる違いははほとんどありません。

昨今、アップスケーリングの技術が向上しており、フレームレートを一番稼げるウルトラパフォーマンスでも画質の劣化はほとんどありません。

ただし、DLSSのみNVIDIAのRTXシリーズが必要になるので、使いたい方は注意が必要です。

モガ

アップスケーリングとはゲーム映像を低い解像度で出力し、アップスケーラーで超解像度技術で出力するというものです。映像劣化を最小限に抑えつつ、FPSを稼ぐ手段としてゲームでは重宝されています。

テスト方法について

テスト方法について

上記の画像の通り、検証は映像品質のプリセットは「最高」、アップスケーリングは「FSR 1.0」に設定します。解像度は「フルHD」、「WQHD」、「4K」それぞれ設定し、平均フレームレートを計測します。垂直同期はもちろんオフにしています。

モガ

鉄拳8ではデフォルトで「FSR 1.0」が設定されています。

ベンチマークスコア

フレームレートの計測方法ですが、鉄拳8には残念ながらベンチマークモードはありません。グラフィック設定の設定初期化を実行すると、ベンチマークスコアは表示されますが、この数字が何を意味するのか正直わかりません。

せめて快適判定など、そういった指標を示してくれたら使い物になるのですが・・・。

CPU vs CPUの対戦モードを使用

そのため、今回の検証では、CPU vs CPUの対戦モードを使用します。CPU vs CPUの1ラウンドは、だいたい40秒くらいで終わるので、CapFrameXを使用して、40秒間の平均フレームレートを計測します。

また使用ステージは負荷の重い麗奈のステージを使用します。

なお、格闘ゲームということで60fpsが限界です。たとえ垂直同期をオフにしても、fpsは60以上いきません。それもあってか、どんなに性能に余裕があったとしてもfpsが60以下に落ちる瞬間があります。

そこで今回は最低fpsは参考にせず、平均fpsが60に達していたのなら合格という風にしたいと思います。

テスト環境について

検証環境

検証環境は以下の通りです。

検証環境
CPUインテル 「Core i5-14600KF
CPUクーラーサイズ「MUGEN6 Black Edtion
CPUグリスARCTIC 「MX-4
マザーボードGIGABYTE「B760 AORUS ELITE
メモリKingston 「FURY Renegade DDR5 RGB メモリ(型番:KF580C38RSAK2-32)」(16GB×2)
(DDR5-4800に設定)
SSDKingston「NV2 SSD 2TB
Western Digital「WD_BLACK SN770 NVMe 1TB
Western Digital「WD Blue SN580 NVMe SSD 1TB
電源ユニットCorsair「RM750e
PCケースXPG「VALOR AIR
OSWindows 11 Home 64bit版

CPUにCore i5-14600KFを使用します。インテル第14世代のCPUで、Pコアが6つ、Eコアが8つ、計14コア20スレッドのCPUです。

CPUアーキテクチャーにRaptor Coveを採用しているので2次キャッシュの量が多く、ゲーム性能は非常に優秀です。

今回、テストに使用するグラボであれば、おそらく性能をしっかり引き出してくれると思います。

あわせて読みたい
Core i5-14600Kをレビュー!Core i7-12700と性能を比較検証 | Raptor Cove搭載でゲームに強いCPU Core i5-14600Kはインテル第14世代のCoreシリーズのミドルレンジに位置するCPUです。2023年10月に発売されたRaptor Lake-S RefreshシリーズのK付きモデルの中では最も安...

なおメモリは最大DDR5-8000に対応するオーバークロックメモリを使用しますが、メモリ周波数はJEDEC準拠のDDR5-4800に設定しています。

グラボ一覧

テストに使用するグラボは下記の通りです。

  • RTX 4070
  • RTX 4060 Ti
  • RTX 4060
  • RTX 3060 Ti
  • RTX 3060
  • RTX 3050
  • GTX 1660 Super
  • GTX 1650
  • RX 6400
  • Arc 380

グラボごとのフレームレート

フルHD解像度

フルHD解像度の平均fps

フルHD(1920×1080)のベンチマーク結果です。

平均60fpsを出すには「RTX 3050」以上をおすすめします。画質を多少妥協できるのであれば、「GTX 1660 Super」も候補に入ります。

WQHD解像度

WQHD解像度の平均fps

WQHD(2560×1440)のベンチマーク結果です。

フルHDでは問題なかったRTX3050が脱落するという結果に。WQHDはやはりそれなりに重いです。

平均60fpsを出すには「RTX 3060」以上をおすすめします。画質を多少妥協できるのであれば、「RTX 3050」も候補に入ります。

4K解像度

4K解像度の平均fps

4K(3840×2160)のベンチマーク結果です。

やはり4K解像度(3840×2160)では、ほとんどのグラボが脱落します。

平均60fps以上を出すには「RTX 4070」以上をおすすめします。画質を多少妥協できるのであれば、「RTX 4060Ti」も候補に入ります。

各解像度ごとの推奨グラボまとめ

解像度最高設定平均fps60でプレー可能画質を多少妥協して平均fps60でプレー可能
フルHD解像度
(1920×1080)
RTX 4070
RTX 4060 Ti
RTX 4060
RTX 3060 Ti
RTX 3060
RTX 3050
GTX 1660 Super
WQHD解像度
(2560×1440)
RTX 4070
RTX 4060 Ti
RTX 4060
RTX 3060 Ti
RTX 3060
RTX 3050
4K解像度
(3840×2160)
RTX 4070RTX 4060 Ti

必要なメモリとVRAMについて

メモリ消費量

メモリはどの解像度でも、約7GB以上消費します。メモリは16GBあれば必要十分です。

VRAM消費量

VRAMはフルHD解像度ですら6GB以上消費します。格闘ゲームとして考えると、このVRAM消費量はかなり多いです。VRAM6GBのGTX 1660 SuperがフルHD解像度でも平均fps60に達しなかったのはこれが理由かもしれません。

必要なCPUについて

必要なCPUについて

推奨スペックのCPUのIntel Core i7-7700K、AMD Ryzen 5 2600は旧世代のCPUで、今となってはかなり性能が劣ります。

また、Intel Core i7-7700Kは4コア8スレッド、AMD Ryzen 5 2600は6コア12スレッドなので、CPUに過度なコア数、スレッド数は求められていない印象です。

CPU使用率

実際、ゲーム中のCPU使用率を見ると、実質6コアしか使われず、またCPU使用率も低いです。このことから鉄拳8においてはCPUの優先度は低いと思われます。

また、最新世代のインテルのCPUはPコア、Eコアという2種類のコアを内蔵しているのですが、ゲーム中は綺麗にPコアに負荷が振り分けられています。

最新世代のインテルCPUを使用してもパフォーマンスが極端に落ちるといった現象は起きにくいのかもしれません。

モガ

強いて言うなら最低でも6コア12スレッドのCPUが推奨です。

鉄拳8におすすめなゲーミングPC

フルHD解像度向け

ASTROMEDA MICRO

  • CPU:Ryzen 5 5500
  • GPU:RX 5600 XT
  • メモリ:8GBx2
  • ストレージ:240GB SATA SSD
価格:87,980円
このモデルについて詳しく見る

Ryzen 5 5500×RX 5600 XTのエントリークラスのゲーミングPCです。

RX 5600 XTはRADEONの旧世代のグラボですが、ゲーム性能はRTX 3050やGTX 1660 Superを上回ります。

Ryzen 5 5500は6コア12スレッドのZEN3世代のCPUです。Ryzen 5 5600Gがベースなので、L3キャッシュが少な目でゲーム性能が若干不安はありますが、RX 5600 XTとの組み合わせであれば問題にはなりません。

ストレージは240GBと少ないので、増設をおすすめします。

10万円以内という価格では一番おすすめできるモデルです。

arkhive Gaming Custom GC-A5R66M AG-AR6B55MRN6-ZT3

  • CPU:Ryzen 5 5600
  • GPU:RX 6600
  • メモリ:8GB×2
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
価格:108,800円
このモデルについて詳しく見る

Ryzen 5 5600×RX 6600のミドルクラスのゲーミングPCです。

RX 6600は旧世代のグラボですが、性能的にはRTX 3060の8~9割の性能が出せているので、ミドルクラス帯としては悪くない性能です。

Ryzen5 5600は6コア12スレッドのZEN3世代のCPUです。マルチ性能だけでなく、シングル性能も十分高く、RX 6600あたりのビデオカードとの組み合わせであれば、性能不足を感じることはほとんどないです。

メモリは16GB、ストレージは1TBと基本スペックは充実しています。

このモデルは、パソコンSHOPアーク、Asrock、AMD3社によるタッグで生み出されたものです。

それもあってか、マザーボードはASRock B550M Pro4、グラボのRX 6600もAsrockのCHALLENGERが採用されています。

それ以外にも、ストレージはCrucial P3 1TB、PCケースも強化ガラス製のサイドパネルを搭載したZALMAN T3 PLUS、電源も玄人志向のKRPW-BK650W/85+など、各パーツ何が使われているかはっきり記載されているので安心感があります。

10万円代でありながらフルHD解像度で高画質&高fpsでのゲームプレイも十分可能なスペックを持っているので、お得感はかなり高いです。

Victus 15L

  • CPU:Core i5-13400F
  • GPU:RTX 4060
  • メモリ:8GBx2
  • ストレージ:512GB NVMe SSD
価格:120,000
このモデルについて詳しく見る

Core i5-13400F×RTX 4060のエントリークラスのゲーミングPCです。

Core i5-13400Fは10コア16スレッドのインテル第13世代のCPUです。実質、インテル第12世代のCore i5-12400にEコアが4つついたCPUと言えます。

Core i5-12400と同じくシングル性能が優秀なのはそのままで、Eコアがついた分、マルチスレッド性能も向上しました。RTX 4060あたりのビデオカードと組み合わせであれば、性能不足を感じることはほとんどないです。

PCケースはコンパクトで、デスクの上に置いても邪魔になりにくいのも魅力的です。

ただし、ストレージは512GBなので不安はあります。しかも、カスタマイズでストレージの増量ができないのでその点は注意です。さらに納期もかかるのですぐに欲しい方にはその点はマイナスポイントになります。

※上記のリンクは冬のクリアランスSALEのページに遷移します。そこから購入すればセール価格が適用されます。

AeroStream RM5A-A222TN/CP2

  • CPU:Ryzen5 5600G
  • GPU:RTX 4060
  • メモリ:8GBx2
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
価格:129,980円
このモデルについて詳しく見る

Ryzen 5 5600G×RTX 4060のミドルクラスのゲーミングPCです。

Ryzen 5 5600Gは6コア12スレッドのZEN3世代のAPUです。APUということで、内蔵GPUの性能が高いことが特徴ですが、CPU性能もそれなりに優秀です。

L3キャッシュの量が少ないというデメリットはありますが、RTX 4060あたりのビデオカードと組み合わせであれば、性能不足を感じることはほとんどないです。

メモリは16GB、ストレージは1TBと基本スペックは優秀です。

一切カスタマイズはできませんが、即納モデルなのですぐに届くのは魅力的です。

WQHD解像度向け

iiyama LEVEL-M1P5-R45-SLX-WHITE

  • CPU:Ryzen 5 4500
  • GPU:RTX 4060 Ti
  • メモリ:8GBx2
  • ストレージ:500B NVMe SSD
価格:134,800円
このモデルについて詳しく見る

Ryzen 5 4500×RTX 4060 TiのミドルクラスのゲーミングPCです。

Ryzen 5 4500は6コア12スレッドのZEN2世代のCPUで、高性能というわけではないです。そのため、RTX 4060 Tiあたりのビデオカードとの組み合わせであれば、性能不足を感じる可能性があります。

メモリは16GBなのはいいですが、ストレージは500GBと少し心もとないので、ストレージは1TBへのカスタマイズがおすすめです。

このモデルはコスパに優れたLEVELθ(レベル シータ)に属しています。PCケースにはThermaltake製のミニタワーケース「S100 TG」をベースとしたオリジナル筐体を採用。スイングドア方式を採用した強化ガラス製サイドパネルが特徴のPCケースです。

標準でLEDケースファンが搭載されているので、ガラスパネル越しにライティングを楽しむことができます。

なおこのモデルはスペックはそのまま同じで、PCケースが黒いブラックモデルがあります。

FRGAG-B550M/WS205/NTK

  • CPU:Ryzen 7 5700X
  • GPU:RTX 4060 Ti
  • メモリ:16GBx2
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
価格:149,980円
このモデルについて詳しく見る

Ryzen 7 5700X×RTX 4060 TiのミドルクラスのゲーミングPCです。

Ryzen 7 5700Xは6コア12スレッドのZEN3世代のCPUで、性能は十分高く、RTX 4060 Tiあたりのビデオカードとの組み合わせであれば、性能不足を感じることはほとんどないです。

メモリは32GB、ストレージは1TBと基本スペックは充実しています。

このモデルは、容量30Lのコンパクトサイズに高いエアフロー性能を誇るミニタワーのPCケースを採用しているGKシリーズに属しています。

小型ですが、垂直エアフロー構造で効率的なエアフローを実現しています。さらにツールレスでサイドパネルを取り外せるので、メンテナンスも楽です。

Victus 15L パフォーマンスモデル

  • CPU:Core i7-13700F
  • GPU:RTX 4060 Ti
  • メモリ:8GBx2
  • ストレージ:512GB NVMe SSD、2TB HDD
価格:165,000
このモデルについて詳しく見る

Core i7-13700F×RTX 4060 TiのエントリークラスのゲーミングPCです。

Core i7-13700Fはインテル第13世代のCore i7です。Pコア8、Eコア8の16コア24スレッドという強力なマルチスレッド性能があり、さらにシングル性能も高いです。RTX 4060 Tiの性能をフルに活かせます。

メモリは16GB、ストレージは2.5GBと基本スペックは優秀です。

PCケースはコンパクトで、デスクの上に置いても邪魔になりにくいのも魅力的です。

ただし、カスタマイズでストレージの増量ができないのでその点は注意です。さらに納期もかかるのですぐに欲しい方にはその点はマイナスポイントになります。

※上記のリンクは冬のクリアランスSALEのページに遷移します。そこから購入すればセール価格が適用されます。

4K解像度向け

AeroStream RM5A-A222TN/CP2

  • CPU:Core 5-13500
  • GPU:RTX 4070
  • メモリ:8GBx2
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
価格:199,800円
このモデルについて詳しく見る

Core i5-13500×RTX 4070のミドルクラスのゲーミングPCです。

Core i5-13500はインテル第13世代のCore-5で、Pコアが6つ、Eコアが8つの合計14コア20スレッドという強力なマルチスレッド性能を有します。

実際、性能はインテル第12世代のCore i7-12700に匹敵します。RTX 4070との相性も良好です。

メモリは16GB、ストレージは1TBと基本スペックは必要十分です。

マザーボードはMSI PRO B660-A DDR4、電源は750W 80PLUS GOLD対応のCWT製 GPS750S 750W、ストレージはGen4対応のCrucial製の1TBのSSD、CPUクーラーはBOREAS M1-612カスタムと、質の高いパーツを採用しているのも魅力的です。

Crucialとのコラボモデルということで、Crucial製パーツが多くなっています。

iiyama LEVEL-M1P5-R45-TLX-WHITE

  • CPU:Ryzen 5 4500
  • GPU:RTX 4070
  • メモリ:8GBx2
  • ストレージ:500B NVMe SSD
価格:169,800円
このモデルについて詳しく見る

Ryzen 5 4500×RTX 4070のハイエンドのゲーミングPCです。

Ryzen 5 4500は6コア12スレッドのZEN2世代のCPUで、性能は高くありません。そのため、RTX 4070あたりのビデオカードとの組み合わせであれば、性能不足を感じやすいです。特にフルHD解像度でプレーする場合、その傾向は強くなります。

ただ、その分CPUにコストがかからないので、RTX 4070搭載モデルとしては驚異の16万円代という価格を実現しています。

メモリは16GBなのはいいですが、ストレージは500GBと少し心もとないので、ストレージは1TBへのカスタマイズがおすすめです。

このモデルはコスパに優れたLEVELθ(レベル シータ)に属しています。PCケースにはThermaltake製のミニタワーケース「S100 TG」をベースとしたオリジナル筐体を採用。スイングドア方式を採用した強化ガラス製サイドパネルが特徴のPCケースです。

標準構成でLEDケースファンが搭載されているので、ガラスパネル越しにライティングを楽しむことができます。

なおこのモデルはスペックはそのまま同じで、PCケースが黒いブラックモデルがあります。

あわせて読みたい
【2024年2月】おすすめゲーミングPCの最新セール情報まとめ【コスパ重視】 ゲーミングPCの価格は近年高騰しつづけています。10万円を超えるのは当たり前で、中には30万円、40万円を超える高額なモデルも当たり前のように登場しています。 ただ、...

まとめ

PC版鉄拳8のグラフィックは凄まじいですが、格闘ゲームということでそこまでハイスペックなPC環境を要求されません。

フルHD解像度でのプレーを想定しているのなら、RTX 3050やGTX 1660 Superといったエントリークラスのグラボでも十分遊べます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次