ゲーミングPC(BTO)

【2022年5月】core i5-12400を搭載したおすすめBTOパソコンを紹介!

core i5-12400

インテル第12世代、Alder Lake-Sのcore i5-12400は新たな低価格帯のCPUとして評判高いです。価格の割に性能が良く、おまけに低発熱、低消費電力です。

これらのメリットは、core i5-12400搭載したBTOパソコンの魅力をより一層際立てます。

今回はcore i5-12400についての簡単な説明と、おすすめのcore i5-12400搭載BTOパソコンを紹介したいと思います。

モガ
モガ

コスパ重視のBTOパソコンを考えているのなら、とりあえずまずはcore i5-12400搭載モデルから探すことをおすすめします。

スポンサーリンク

なぜcore i5-12400搭載BTOパソコンがおすすめなのか?

CPU性能が低価格な割に優秀

今までインテルのデスクトップ用のCPUは、14nmプロセスを使い続けていました。

しかし、今回のAlder Lake-Sでは10nmプロセスになり、大きな進歩を遂げました。ちなみにインテルは実質、7nm相当の性能ということで「Intel 7」と名付けています。

この大きな進歩によって、1コア当たりの性能は、第10世代Comet-Lake-Sよりも28%上昇、第11世代Rocket Lake-Sよりも14%上昇したと言われています。

そしてcore i5-12400はインテルAlder Lake-Sシリーズのcore i5シリーズの中の最廉価モデルです。

強みはなんといっても、CPU単体の価格が安いにも関わらず性能が優秀な点です。実際に第11世代のcore i5-11400、第12世代のcore i7-10700と性能を比較します。

CPUの性能を計測するオーソドックスなベンチマーク、Cinebench R23のスコアをチェックします。

core i5-12400は前世代のcore i5-11400に比べて、マルチ、シングルともに上回っています。特にゲームで重要となる、シングルでは300も差が開いています。

そして、2世代前のcore i7-10700と比べると、マルチでは互角ですが、シングルでは大きく引き離しています。

このように、core i5-12400は2世代前とはいえ、core i7を大きく凌駕する性能を持っています。

この性能ではあれば、大抵のビデオカードにおいて、CPUが足を引っ張るということはないと思います。

低発熱、低消費電力

CinebenchR23を実行したときの、core i5-12400とcore i5-11400のCPU温度推移です。ちなみに、両CPUともにリテールクーラー装着時、そして電力制限を解除しています。

core i5-12400のCPU温度は最高でも70度前後でした。リテールクーラーで十分冷やしきれていることが分かると思います。

このことから、core i5-12400は低発熱なCPUと言えます。

つまり、core i5-12400には社外品のCPUクーラーは全く必要ないということになります。

一方、core i5-11400は、100度まで到達します。サーマルスロットリングを起こし、自動的にクロック周波数が落ちていました。つまり、性能が低下します。

このことからcore i5-11400の場合、リテールクーラーでは全く冷やせていないということになります。そのため、虎徹MK2などの社外品のCPUクーラーが必要になります。

Cinebench R23を実行したときの、core i5-12400とcore i5-11400のCPUの消費電力の推移です。

core i5-11400が135W近く消費しているのに対して、core i5-12400はわずか70Wの消費です。

core i5-12400は、11400と比べて性能が優れているにも関わらず、消費電力が約半分ほどで済んでいます。このことから、core i5-12400のワットパフォーマンスは驚異的と言えます。

そしてこれだけ消費電力が低いということは電源回路が豪華なマザーボードは必要ないということです。価格が安い廉価マザーボードでも十分運用可能だということです。

面倒な設定が必要なし

昨今のCPUは、電力制限を解除することで性能が向上します。例えば、前世代のcore i5-11400は電力制限を解除することで、Cinebench R23のマルチスコアが3000程上昇します。

BFBただ、この電力制限を解除するには、BIOS上から設定する必要があります。例えば、Asrockのマザーボードの場合、トップ画面→OC Tweaker→BFBを選択という流れになります。

設定自体は簡単ですが、BIOS上の設定が面倒、若しくは難しいと感じる方もいるかと思います。ただ、幸い、このcore i5-12400は電力制限を解除しても、しなくても性能に違いはほとんどありません。

電力制限なし電力制限なし

65W制限65W制限

左が電力制限なし、右が65W制限です。Cinebench R23で比較するとほとんどスコアに違いはありません。

マザーボードの初期設定は大抵の場合、65W制限がかけられていると思いますが、その状態のまま運用しても性能低下はほとんどありません。

つまり、core i5-12400は初心者にやさしいCPUと言えます。

core i5-12400搭載BTOパソコンがおすすめな理由まとめ

・CPU単体の価格が安い割に性能が優秀
・社外品のCPUクーラーが必要ない(リテールクーラーで十分冷やせる)
・廉価マザーボードで十分
・電力制限解除の必要なし

core i5-12400はこちらの記事で検証しています↓。

驚異のワットパフォーマンス!core i5-12400をレビュー!core i5-11400Fと比較。
Alder Lake-Sの廉価モデル、core i5-12400を購入したのでレビューしたいと思います。前世代のcore i5-11400と徹底比較して、どれくらい性能が向上したのかを検証したいと思います。

core i5-12400搭載BTOパソコンを選ぶポイント

メモリは16GB、DDR4メモリがおすすめ

メモリも重要な要素で、メモリ容量不足になると、あらゆる動作がモッサリとした挙動になります。特にゲームやクリエイティブ用途であれば、最低16GBはあった方が安心できると思います。

BTOパソコンの中には、8G×1というモデルもありますが、もしそういったモデルを購入する場合、カスタマイズで8G×2への変更をおすすめします。

また、Alder Lake-Sでは正式にDDR5メモリに対応となりましたが、2022年1月現在、まだまだ高値です。そのため、DDR5メモリ搭載モデルもかなり高くなります。価格を考えると圧倒的にDDR4メモリ搭載モデルがおすすめです。

CPUクーラーはリテールクーラーのままで十分

BTOパソコンでは社外品のCPUクーラーへと変更が可能ですが、core i5-12400は低発熱なCPUです。リテールクーラーのままで十分冷却が可能です。

また、リテールクーラーの性能が優秀です。正式名称は「Laminar RM1」ですが、従来のリテールクーラーよりも大型化し、ファンのサイズも大型に、ヒートシンクも厚くなりました。

マザーボードはB660、H610がおすすめ

core i5-12400は低発熱、低消費電力なので、高価なマザーボードは必要ありません。B660やH610などの価格が安い、廉価マザーボードでも十分性能が引き出せます。

電源回路が充実している、高価なマザーボードは正直必要ありません。

インテル第12世代CPUのチップセットの違いについては下記記事をご覧ください↓。

インテル600シリーズのマザボードの選び方を解説! Z690、H670、B660、H610の違い
インテル600シリーズのチップセットである、Z690、H670、B660、H610の違いについて説明し、マザボードの選び方を解説します。また、各チップセットのおすすめマザーボードについても紹介したいと思います。

core i5-12400搭載BTOパソコン一覧

各BTOメーカーごとにcore i5-12400搭載BTOパソコンの販売状況をまとめます。なおここでは基本構成で、OS、ビデオカード込みという条件で紹介します。また、Quadro搭載など、特殊なモデルも除外したいと思います。

※なお価格、在庫は更新時のものなので、その点はご了承ください。

ビデオカード無しモデルはこちらをご覧ください。→https://mogalabo.com/no-graphic-board-bto/

ツクモ 

ツクモ

全体的にライト~ミドルクラスの組み合わせが多い印象です。特に発売したばかりのライト~ミドルクラスのビデオカードの、RX6500 XT、RTX3050のモデルの両方があるのが印象的でした。

※送料は2200円かかります。

→ツクモ公式サイトはこちら

 CPUビデオカードチップセットメモリストレージ電源価格(税込)
G-GEAR モンスターハンターライズ 推奨PC – インテルモデル | GA5J-A221T/MHRCore i5-12400RTX 3050B660DDR4-3200 8G×2500GB(M.2)500W(BRONZE)154,800円
G-GEAR GA5J-B221/BCore i5-12400RTX 3050B660DDR4-3200 8G×21TB(M.2)550W(BRONZE) 157,800円
GB5J-B221/BCore i5-12400RTX 3050B660DDR4-3200 8G×21TB(M.2)550W(BRONZE)162,800円
G-GEAR Powered by MSI GM5J-C220B/A/CP1Core i5-12400FRTX 3060B660DDR4-3200 8G×21TB(M.2)850W(BRONZE)179,800円
GB5J-C221/BRGBCore i5-12400RTX 3060B660DDR4-3200 8G×21TB(M.2)550W(BRONZE) 194,800円
G-GEAR ELDEN RING 推奨PC – インテルモデル|GA5J-C221T/ERCore i5-12400RTX 3060 TiB660DDR4-3200 8G×21TB(M.2)750W(GOLD)198,000円
G-GEAR GA5J-F220/ZBCore i5-12400GTX 1650Z690DDR4-3200 8G×21TB(M.2)750W(GOLD)166,800円
Core i5-12400RTX 3060Z690DDR4-3200 8G×21TB(M.2)750W(GOLD)199,800円
Core i5-12400RTX 3070TiZ690DDR4-3200 8G×21TB(M.2)750W(GOLD)232,800円

パソコン工房 

パソコン工房

全体的にミドルクラスの組み合わせが多い印象です。特にRTX3050、RTX3060の搭載モデルが多い印象です。

※送料は2200円かかります。

→パソコン工房公式サイトはこちら

 CPUビデオカードチップセットメモリストレージ電源価格(税込)
LEVEL-M066-124-DNX [Windows 11 Home] iconCore i5-12400RX 6500 XTB660DDR4-3200 8GB×2500GB(M.2)500W(BRONZE)126,980円
LEVEL-M066-124-RFX [Windows 11 Home] iconCore i5-12400GTX 1650B660DDR4-3200 8GB×2500GB(M.2)500W(BRONZE)133,980円
STYLE-R069-124-RFX [Windows 11 Home] iconCore i5-12400GTX 1650Z690DDR4-3200 8GB×2500GB(M.2)500W(BRONZE)136,980円
SOLUTION-M066-124-RJX [Windows 10 Home] iconCore i5-12400GTX 1660 SUPERB660DDR4-3200 8GB×2500GB(M.2)500W(BRONZE)136,980円
LEVEL-M066-124-RJX [Windows 11 Home] iconCore i5-12400GTX 1660 SUPERB660DDR4-3200 8GB×2500GB(M.2)500W(BRONZE) 139,980円
LEVEL-R769-124-DNX [Windows 11 Home] iconCore i5-12400RX 6500 XTZ690DDR4-3200 8GB×2500GB(M.2)700W(BRONZE)143,980円
STYLE-R069-124-RJX [Windows 11 Home] iconCore i5-12400GTX 1660 SUPERZ690DDR4-3200 8GB×2500GB(M.2)500W(BRONZE)147,980円
LEVEL-M066-124-RXX [Windows 11 Home] iconCore i5-12400GTX 1660 TiB660DDR4-3200 8GB×2500GB(M.2)500W(BRONZE)149,980円
LEVEL-M066-124-DSX [Windows 11 Home] iconCore i5-12400RX 6600 XTB660DDR4-3200 8GB×2500GB(M.2)500W(BRONZE)157,980円
SOLUTION-M066-124-NAX [Windows 10 Home] iconCore i5-12400RTX 3050B660DDR4-3200 8GB×2500GB(M.2)700W(BRONZE)161,980円
LEVEL-M066-124-NAX [Windows 10 Home] iconCore i5-12400RTX 3050 B660DDR4-3200 8GB×2500GB(M.2)700W(BRONZE)164,980円
LEVEL-R769-124-DSX [Windows 11 Home] iconCore i5-12400RX 6600 XTZ690DDR4-3200 8GB×2500GB(M.2)700W(BRONZE)169,980円
STYLE-R069-124-NAX [Windows 11 Home] iconCore i5-12400RTX 3050Z690DDR4-3200 8GB×2500GB(M.2)700W(BRONZE)172,980円
SOLUTION-M066-124-RBX [Windows 10 Home] iconCore i5-12400RTX 3060B660DDR4-3200 8GB×2500GB(M.2)700W(BRONZE)174,980円
LEVEL-M066-124-RBX [Windows 11 Home] iconCore i5-12400RTX 3060B660DDR4-3200 8GB×2500GB(M.2)700W(BRONZE)177,980円
STYLE-R069-124-RBX [Windows 11 Home] iconCore i5-12400RTX 3060Z690DDR4-3200 8GB×2500GB(M.2)700W(BRONZE)184,980円
LEVEL-M066-124-DUX [Windows 11 Home] iconCore i5-12400RX 6700 XTB660DDR4-3200 8GB×2500GB(M.2)700W(BRONZE)189,880円
SOLUTION-M066-124-SAX [Windows 10 Home] iconCore i5-12400RTX 3060 TiB660DDR4-3200 8GB×2500GB(M.2)700W(BRONZE)196,980円
LEVEL-R769-124-RBX [Windows 11 Home] iconCore i5-12400RTX 3060Z690DDR4-3200 8GB×2500GB(M.2)700W(BRONZE)197,980円
LEVEL-RG6P-LC124-RJX-GAMEWITH [RGB Build] iconCore i5-12400GTX 1660 SUPERZ690DDR4-3200 8GB×2500GB(M.2)700W(BRONZE)197,980円
LEVEL-M066-124-SAX [Windows 11 Home] iconCore i5-12400RTX 3060 Ti B660DDR4-3200 8GB×2500GB(M.2)700W(BRONZE)199,980円
STYLE-R069-124-SAX [Windows 11 Home] iconCore i5-12400RTX 3060 TiZ690DDR4-3200 8GB×2500GB(M.2)700W(BRONZE)207,980円
LEVEL-R769-124-SAX [Windows 11 Home] iconCore i5-12400RTX 3060 TiZ690DDR4-3200 8GB×2500GB(M.2)700W(BRONZE)219,980円

パソコンSHOPアーク 

パソコンSHOPアーク

core i5-12400搭載パソコンはそれなりに数が揃っている印象です。GTX1660SUPER搭載モデルが多いので、このビデオカード搭載モデルを探しているのなら、まずは、パソコンSHOPアークを利用してみてはいかがでしょうか?

※送料は無料です。

→パソコンSHOPアーク公式サイトはこちら

 CPUビデオカードチップセットメモリストレージ電源価格(税込)
arkhive Gaming Custom GC-I5G16Mcore i5-12400GTX1660 SUPERB660DDR4-3200 8GB ×21TB(M.2)550W(GOLD)159,800円
arkhive Gaming Custom GC-I5G16Rcore i5-12400GTX1660 SUPERB660DDR4-3200 8GB ×21TB(M.2)550W(GOLD)169,800円
arkhive Gaming Alliance ASRock SPIRITS GN-I5G16Zcore i5-12400GTX1660SUPERH670DDR4-3200 8GB ×21TB(M.2)550W(GOLD) 169,800円
arkhive Gaming Alliance GN-I5G36M ELDEN RING 推奨モデルCore i5 12400RTX3060B660DDR4-3200 8GB ×21TB(M.2)650W(GOLD)169,800円
arkhive Gaming Alliance Powered by ASUS GN-I5G16Rcore i5-12400GTX1660SUPERB660DDR4-3200 8GB ×21TB(M.2)650W(GOLD)179,800円
arkhive Gaming Alliance Powered by SunSister GN-I5G35R Try Streamer Editioncore i5-12400RTX3050B660DDR4-3200 8GB ×2512GB(M.2)
2TB(HDD)
650W(GOLD)179,800円
arkhive Gaming Custom GC-I5G36Mcore i5-12400RTX3060B660DDR4-3200 8GB ×21TB(M.2)650W(GOLD)184,800円
arkhive Gaming Custom GC-I5G36Mcore i5-12400RTX3060Ti B660DDR4-3200 8GB ×21TB(M.2)650W(BRONZE)194,800円
arkhive Gaming Custom GC-I5G36Mcore i5-12400RTX3060B660DDR4-3200 8GB ×21TB(M.2)650W(GOLD)194,800円
arkhive Gaming Custom GC-I5G36Rcore i5-12400RTX3060TiB660DDR4-3200 8GB ×2512GB(M.2)
1TB(M.2)
650W(GOLD)259,800円

FRONTIER

フロンティア

core i5-12400搭載パソコンは、ライト~ミドルクラスのビデオカードを搭載しているモデルが多いです。

FRONTIERは定期的にセールを実施しているのが特徴です。このセールをうまく活用できれば、普段よりお得にBTOパソコンを手に入るチャンスが広がります。

※送料は2200円~4400円かかります。

→FRONTIER公式サイトはこちら

 CPUビデオカードチップセットメモリストレージ電源価格(税込)
FRGKB660/Acore i5-12400FGTX 1660 SUPERB660DDR4-3200 8GB ×2512GB(M.2)850W(GOLD)144,800円
FRGXB660/A/NTKCore i5-12400FGTX 1660 SUPERB660DDR4-3200 8GB ×2512GB(M.2)850W(GOLD)144,800円
FRGAH670/A/NTKcore i5-12400FGTX 1660 SUPERH670DDR4-3200 8GB ×2512GB(M.2)850W(GOLD)154,800円
FRGH670/Acore i5-12400FRTX3050H670DDR4-3200 8GB ×2512GB(M.2)850W(GOLD)169,800円
FRGAH670/B/NTKcore i5-12400FRTX3050H670DDR4-3200 8GB ×21TB(M.2)850W(GOLD)174,800円

パソコンショップSEVEN

パソコンショップSEVEN

core i5-12400搭載モデルの数はかなり多く、おそらくこの品ぞろえは全BTOメーカーでもトップクラスかと思います。

モデル数があまりにも多いので、ここでは各ビデオカードを搭載したモデルの中で最安で、かつメモリが8GB×2というデュアルチャネル構成という条件で紹介したいと思います。

※パソコンショップSEVENは、ウィークリーセール、日替わりセールを頻繁に行っているため、最安モデルもその都度、頻繁に変わります。

※送料は無料です。

→パソコンショップSEVEN公式サイトはこちら

 CPUビデオカードチップセットメモリストレージ電源価格(税込)
ZEFT G24CBCore i5-12400FGTX 1650B660DDR4-3200 8GB ×2500GB(M.2)500W(BRONZE)141,680円
ZEFT G15HPCore i5-12400FRTX3050H510DDR4-3200 8GB ×2500GB(M.2)650W(BRONZE)164,780円
ZEFT G24CZCore i5-12400FRTX 3060B660DDR4-3200 8GB ×2500GB(M.2)650W(BRONZE)183,480円
ZEFT G24DRHCore i5-12400FRTX 3060TiB660DDR4-3200 8GB ×2500GB(M.2)750W(BRONZE)197,780円
ZEFT G24CMCore i5-12400FRTX 3070 TiH510DDR4-3200 8GB ×2500GB(M.2)750W(GOLD)239,580円
ZEFT G24CNCore i5-12400FRTX 3080H670DDR4-3200 8GB ×2500GB(M.2)750W(GOLD)285,780円
ZEFT G24CPCore i5-12400FRTX 3080TiH670DDR4-3200 8GB ×2500GB(M.2)850W(GOLD)323,180円

ストーム

ストーム

core i5-12400搭載モデルの数は比較的多いです。ただ、全体的にRTX3060搭載モデルが多い印象です。

構成が似通っているため、比較はしやすいと思います。価格の違いは主にPCケースの差だと思っても結構です。スペックが豪華で価格もそれなりに抑えているのも魅力的です。

ストームは他のBTOメーカーではなかなかお目にかかれないPCケースを採用しています。レアなPCケースを求めているなら一見の価値はあると思います。

※送料は2200円かかります。

→ストーム公式サイトはこちら
 CPUビデオカードチップセットメモリストレージ電源価格
PG-PJ12Core i5-12400RTX3050B660DDR4-3200 8GB ×2500GB(M.2)850W(GOLD)146,800円
PG-DJ12Core i5-12400RTX3050B660DDR4-3200 8GB ×2500GB(M.2)850W(GOLD)149,800円
PG-PH12core i5-12400RTX3060B660DDR4-3200 8GB ×2500GB(M.2)850W(GOLD)166,800円
PG-WH12core i5-12400RTX3060B660DDR4-3200 8GB ×2500GB(M.2)850W(GOLD)171,800円
PG-HH12core i5-12400RTX 3060B660DDR4-3200 8GB ×2500GB(M.2)850W(GOLD)171,800円
PG-FH12core i5-12400RTX 3060B660DDR4-3200 8GB ×2500GB(M.2)850W(GOLD) 176,800円
PG-DH12core i5-12400RTX3060B660DDR4-3200 8GB ×2500GB(M.2)850W(GOLD)178,800円
PG-PQ12Tcore i5-12400RTX 3060TiB660DDR4-3200 8GB ×2500GB(M.2)850W(GOLD)183,800円
PG-WQ12Tcore i5-12400RTX 3060TiB660DDR4-3200 8GB ×2500GB(M.2)850W(GOLD)187,800円
PG-HQ12Tcore i5-12400RTX 3060TiB660DDR4-3200 8GB ×2500GB(M.2)850W(GOLD)187,800円
PG-DQ12Tcore i5-12400RTX 3060TiB660DDR4-3200 8GB ×2500GB(M.2)850W(GOLD)195,800円
PG-IH12core i5-12400RTX 3060B660DDR4-4800 8GB ×2500GB(M.2)850W(GOLD)195,800円
PG-JH12core i5-12400RTX 3060B660DDR4-4800 8GB ×2500GB(M.2)850W(GOLD) 195,800円
PG-FQ12Tcore i5-12400RTX 3060TiB660DDR4-3200 8GB ×2500GB(M.2)850W(GOLD)198,800円
PG-PP12core i5-12400RTX3070B660DDR4-3200 8GB ×2500GB(M.2)850W(GOLD)205,800円
PG-WP12core i5-12400RTX 3070B660DDR4-3200 8GB ×2500GB(M.2)850W(GOLD)209,800円
PG-HP12core i5-12400RTX 3070B660DDR4-3200 8GB ×2500GB(M.2)850W(GOLD)209,800円
PG-DP12core i5-12400RTX 3070B660DDR4-3200 8GB ×2500GB(M.2)850W(GOLD)215,800円
PG-FP12core i5-12400RTX 3070B660DDR4-3200 8GB ×2500GB(M.2)850W(GOLD)219,800円

core i5-12400搭載BTOパソコンのおすすめは?

core i5-12400搭載BTOパソコンのおすすめ機種をコスパ重視で3台に絞って紹介します。

※価格は2022年3月現在のもので、在庫切れを起こしているモデルも一部あるかもしれませんのでご了承ください。

おすすめその① パソコン工房 LEVEL-M066-124-DNX [Windows 11 Home]

icon iconOSWindows 11 Home
CPUCore i5-12400
ビデオカードRX 6500 XT
メモリDDR4-3200 8GB×2
ストレージ500GB(M.2)
マザーボードB660チップセット
電源500W(BRONZE)
価格126,980 円

価格を抑えつつそこそこゲームを遊びたいのなら、RX 6500 XT搭載のパソコン工房 LEVEL-M066-124-DNX [Windows 11 Home] iconがおすすめです。

RX 6500 XTはRADEONのRXシリーズの下位に位置するビデオカードです。

ただ、3D性能自体はそこまで悪いことはなく、ライバルのGTX1650より快適にゲームがプレーできます。フォートナイトやAPEXなどのバトルロイヤルゲームを普通にプレーする分にはなんら問題ない性能があります。

ただ、VARMが4GBなので、VRAMを多く消費する重量級ゲームのプレーは厳しいものがあります。もし、重量級のゲームをプレーするのなら設定を極限まで落としたり、RSRやFSRといったアップスケーリング機能を使うことをおすすめします。

おすすめその② パソコン工房 SOLUTION-M066-124-RJX [Windows 10 Home]

icon iconOSWindows 10 Home
CPUCore i5-12400
ビデオカードGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-3200 8GB×2
ストレージ500GB(M.2)
マザーボードB660チップセット
電源500W(BRONZE)
価格136,980円

軽いゲームは144fpsなどのハイフレームで、重量級ゲームは60fpsで遊びたい。そしてなるべく価格を抑えたい。

そんな方におすすめなのが、GTX1660 SUPER搭載のパソコン工房 SOLUTION-M066-124-RJX [Windows 10 Home] iconがおすすめです。

GTX1660 SUPERは型落ちですが、純粋な3D性能自体はRTXシリーズのエントリービデオカード、RTX3050とほぼ同等です。

したがって、ゲーム性能自体は悪くなく、GTX1650と比べても圧倒的に快適にゲームが遊べます。軽いゲームだけでなく、重量級ゲームも設定を多少落とす必要はありますが、普通にプレー可能です。

ただ、VRAMが6GB、レイトレ、DLSSが使えない点は注意が必要です。

VRAM容量が6GB、レイトレ、DLSSがない点に問題ないのなら、RTX3050搭載モデルより、GTX1660SUPER搭載のモデルのほうがお得感はあります。

GTX1660搭載のBTOパソコン、レノボのLegion T550iのレビューはこちら↓。

Legion T550iをレビュー!gtx1660 super搭載ゲーミングPCの実力を検証
昨今、ビデオカードの高騰により、BTOパソコンそのものの価格が高騰しています。そこで今回は、GTX1660 superを積んだ、お手頃価格のレノボのゲーミングBTOパソコン、Legion T550Tiをレビューしたいと思います。

おすすめその③ ストーム PG-PJ12

OSWindows 11 Home
CPUCore i5-12400
ビデオカードRTX3050
メモリDDR4-3200 8GB×2
ストレージ500GB(M.2)
マザーボードB660チップセット
電源850W(GOLD)
価格146,800円

そこそこゲームを楽しめて、DLSSやレイトレーシングといった最新の技術も使いたいのなら、RTX3050搭載のストームのPG-PJ12がおすすめです。

RTX3050はRTXシリーズの最も下位に位置するビデオカードですが、純粋な3D性能はGTX1660 Ti、GTX1660 SUPERと同等です。ただ、VRAMは8GBなのでそれを考えると、総合的にRTX3050のほうが優れています。

軽いゲームならハイフレームでゲームができますし、重量級のゲームでも最高設定は厳しいかもしれませんが、設定を落とせば十分にプレー可能です。またDLSSを使えば、さらにフレームレートを伸ばせます。

ある意味、2022年現在の妥協点ともいえるビデオカードです。

RTX3050のレビューはこちら↓。

【5万円以下なら買い】RTX3050をレビュー!GTX1650、RTX3060と性能を比較
RTX3050はAmpereアーキテクチャを採用するRTX30シリーズのエントリークラスのビデオカードです。今回はPalit製の「RTX 3050 StormX 8G」を購入したので、RTX3060、GTX1650を比較対象として、性能を検証していきたいと思います。

このストームのLEVEL-M066-124-RBXはRTX3050搭載モデルで15万円をきっていますし、スペックもGOLD電源を採用と充実しています。また、採用しているPCケースもかなり珍しいです。RTX3050搭載モデルの中ではお得なモデルとなっています。

おすすめその④ ストーム PG-PH12

OSWindows 11 Home
CPUCore i5-12400
ビデオカードRTX 3060
メモリDDR4-3200 8GB×2
ストレージ500GB(M.2)
マザーボードB660チップセット
電源850W(GOLD)
価格166,800円

最後ににおすすめなのがRTX3060を搭載するストームのPG-PH12です。

RTX3060はRTX3050の一つ上の上位モデルです。フルHD解像度のゲームに最適なビデオカードで、例えば、RTX3050では厳しい、サイバーパンク2077(フルHD・ウルトラ)でも、平均fpsは60を超えます。

ターゲットとしているゲームの解像度がフルHDであれば、これほど最適なビデオカードは他にありません。

RTX3060のレビューはこちら↓。

RTX3060をレビュー!性能をGTX1070Tiと比較
COLORFULのRTX3060を購入したのでレビューしたいと思います。自分が今まで使っていたグラフィックボードはGTX1070Tiでした。RTX3060をGTX1070Tiと比較して、性能にどれくらいの差があるのか、検証したいと思います。

このストームのPG-PH12はRTX3060搭載モデルで16万円台前半なので、安いにも関わらず、GOLD電源採用とお得感があります。

まとめ

core i5 12400搭載のBTOパソコンは、CPU単体の価格が安いため、そのCPUを搭載したBTOパソコンもやはり価格が抑えられています。

価格が安いからといって、CPU単体の性能も優秀なので、ミドルクラスのビデオカードであれば、十分性能も引き出してくれます。

価格が安く、それなりの性能を持った、ゲーミングBTOパソコンを探すのなら、core i5 12400搭載モデルが無難な選択だと思います。

スポンサーリンク
Amazonで頻繁に買い物する方、高額な買い物をする方はAmazonチャージがお得です。
\ 初回限定で1,000円分のポイントゲット !/

Amazonチャージで買い物をさらにお得に

Amazonチャージのお得情報の詳細はこちらから

1回のチャージ金額一般会員Amazonプライム会員
5,000円以上0.5%1.0%
20,000円以上1.0%1.5%
40,000円以上1.5%2.0%
90,000円以上2.0%2.5%

チャージすると、一般会員であれば最大2.0%、Amazonプライム会員であれば最大2.5%、Amazonポイントが付与されます。例えば10万円チャージしたらAmazonプライム会員であれば、2,500円分のポイントが付与されます。

このAmazonポイントはチャージする度にポイントが付与されます。頻繁にAmazonで買い物する人にとっては非常にお得なサービスとなっています。

また、現在、初回限定のAmazonチャージで1000円分のポイントが付与されるキャンペーンが実施中です。それ目当てで一度、Amazonチャージをしてみてもいいかもしれません。

またAmazonプライム会員限定ですが、クレジットカードチャージも可能です。

\ 初回限定で1,000円分のポイントゲット !/

Amazonチャージで買い物をさらにお得に

Youtube動画投稿やってます!
静止画だけでは伝えられない情報もあると思い、youtubeチャンネル「モガラボ」を開設しました! モガラボは自作PC、ガジェット、ゲームなどを扱っているyoutubeチャンネルです。 マニアックな動画もたくさん投稿していく予定なので、興味ある方はぜひ「チャンネル登録」をお願いします!
この記事を書いた人

本ブログは、主題でパソコン・自作PC・ゲーム・ガジェット、副題でネットサービスなど、自分の得意な分野で情報を発信しています。皆さんのお役に立てることを第一に考え、ブログを運用していきたいと思います。

モガをフォローする
ゲーミングPC(BTO)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
モガラボ