ゲームNVIDIA

ソフトバンクとauのGeforce nowを比較!どちらがおすすめ?

geforcenow

Geforce nowは、たとえ、高価なゲーミングPCがなくてもゲームが遊べてしまうという、クラウドゲーミングサービスです。

ただ、このGeforce nowはソフトバンクとauがサービスを展開しているので正直分かりづらいです。そこでこの両者を比較して、違いは何か、そして最終的にどちらがおすすめなのかを解説したいと思います。

モガ
モガ

昨今、グラフィックボードの価格高騰により、PCゲームへの敷居が高くなっています。高価なゲーミングPCが必要ない、Geforce nowは今後ますますの発展が予想されます。

スポンサーリンク

Geforce nowとは

Geforce nowとはグラフィックボード(GPU)は3Dグラフィックの画像処理をするために使われます。そのため、PCゲームをプレーする際、ほぼ必須となるパーツです。

特に高負荷なゲームをプレーする場合、より高価なグラフィックボードが必要になるので、いわゆるゲーミングPCでゲームをすることになります。

Geforce nowは3Dグラフィックスの画像処理等をgeforce now側のサーバーが処理し、それをストリーミング配信するという、クラウドゲームサービスです。

つまり、高価なゲーミングPCがなくても、グラフィックス性能が低い、CPU内蔵GPUを搭載したノートPCや、スマートフォン、タブレットでも高負荷なゲームをプレーできるようになります。

もちろんクラウドなのでゲームデータ、セーブデータ等はこちら側の端末に保存することはなく、各端末の保存領域を圧迫することはありません。

また、すでに高価なゲーミングPCを持っている人にとっても、このGeforce now、魅力的なサービスになるかもしれません。

とあるゲームを自宅である程度進めて、その後外出先で、タブレットやスマホでその続きをプレーするといったことも可能だからです。

ここまで、Geforce nowの魅力をお伝えしましたが、残念ながら下記のようにデメリットが3点あります。

まず1点目が、Geforce nowはクラウドゲームサービスなので、ネット接続が必須になることです。オフラインでは遊べない点は要注意です。また回線環境により、ラグが発生する可能性があります。

2点目が、一部の基本無料ゲームは除き、基本的にゲームの別途購入が必要になることです。steamやEpic Gameなど、それぞれのプラットフォームでのゲーム購入が前もって必要になります。

そして3点目が、全てのゲームがGeforce nowに対応していないことです。対応ゲームは全部で800以上ありますが、その中で自分がやりたいゲームが対応していない場合、魅力は大幅に失われてしまうでしょう。

そのため、自分がやりたいゲームが対応しているのか、下記サイトで前もって確認することをおすすめします。↓
https://cloudgaming.mb.softbank.jp/title/

対応デバイス、必要スペックについて

Geforce nowの対応デバイスは「WINDOWS PC」、「MAC OS」、「ANDROID」、「ANDROID TV」、「Chrome」、「SAFARI(iPhone / iPad)」の6つです。

「WINDOWS PC」、「MAC OS」、「ANDROID」、「iPhone / iPad」の必要スペックは下記の通りです。

Windows OS

対応端末Windows 7以降(64bitのみ)
対応ブラウザGoogle Chrome 77.x 以降※Chrome使用時
ハードウェア要件・2.0GHz以上のデュアルコアX86 CPU
4GBのシステムメモリ
・少なくともDirectX 11をサポートするGPU
・NVIDIA GeForce 600シリーズ以降
・AMD Radeon HD 3000シリーズ以降
・Intel HD Graphics 2000シリーズ以降
インターネット動作環境・有線または5GHzのWi-Fi環境
・15Mbps以上の通信速度(推奨25Mbps)
対応コントローラー(動作確認済み)・ほぼ全てのキーボード、マウス
・Sony DualShock 4コントローラー(USB有線接続およびBluetooth)
・Logitech Gamepad F310 / F510 / F710
・Microsoft Xbox 360およびXbox One有線コントローラー(USB有線接続)

mac OS

対応端末macOS 10.10以降
対応ブラウザGoogle Chrome 77.x 以降※Chrome使用時
動作確認済みMac・iMac 20” Late 2009 and newer
・iMac 21.5” Late 2009 and newer
・iMac 27” Late 2012 and newer
・MacBook 2008 and newer
・MacBook Retina Mid 2017 and newer
・MacBook Air 11” Early 2015 and newer
・MacBook Air 13” Late 2008 and newer
・MacBook Pro 13” Early 2015 and newer
・MacBook Pro 15” Late 2008 and newer
・MacBook Pro 17” 2009 and newer
・Mac Pro Late 2013 and newer
インターネット動作環境・有線または5GHzのWi-Fi環境
・15Mbps以上の通信速度(推奨25Mbps)
対応コントローラー(動作確認済み)・ほぼ全てのキーボード、マウス
・Sony DualShock 4コントローラー(USB有線接続およびBluetooth)
・Logitech Gamepad F310 / F510 / F710
・Microsoft Xbox 360およびXbox One有線コントローラー(USB有線接続)

Android

対応端末Android 5.0以降、メモリ2GB以上、OpenGL ES3.2以上
インターネット動作環境15Mbps以上の通信速度(推奨25Mbps)
対応コントローラー(動作確認済み)・Razer Kishi for Android
・Razer Raiju Mobile
・Razer Junglecat
・Steelseries XL
・Steelseries Stratus Duo
・Sony DualShock 4コントローラー(USB有線接続)
・Microsoft Xbox 360コントローラー(有線接続)
・Microsoft Xbox Oneコントローラー(Bluetooth接続)

iPhone / iPad

対応端末iOS 14.2 以降、iPadOS 14 以降
インターネット動作環境15Mbps以上の通信速度(推奨25Mbps)
対応コントローラー(動作確認済み)・Razer Kishi for iPhone
・Rotor Riot Controller
・SteelSeries Nimbus
・Gamevice
・Sony DualShock 4コントローラー(USB有線接続 もしくは Bluetooth接続)
・Microsoft Xbox One ワイヤレス コントローラー(Bluetooth接続)
・Microsoft Xbox Elite ワイヤレス コントローラー シリーズ 2

日本ではソフトバンクとauがサービス提供

ソフトバンクとauGeforce nowのサービスは日本では、ソフトバンクとauが提供しています。

ソフトバンクが提供しているものは、 「GeForce NOW Powered by SoftBank」という名称で、auが提供しているものは「GeForce NOW Powered by au」という名称になります。

ちなみに、この両サービス、ソフトバンクユーザー、auユーザーでなくても問題なく使えます。

この両者で大きく異なる点は、「料金」、「お支払い方法」、「独自サービスプラン」です。

GeForce NOW Powered by SoftBankGeForce NOW Powered by au
料金月額1,980円(税込)
※ソフトバンクユーザーは毎月360円分のpaypayボーナスがもらえる
※フリープランは無料
月額1,980円(税込)
※auユーザーは月額1,650円
※auスマートパスプレミアム会員なら無料
お支払い方法・クレジットカード
・ソフトバンクまとめて支払い(ソフトバンク / LINEMO)
・ワイモバイルまとめて支払い、またはpaypay
・かんたん決済(クレジットカード支払い)
・auかんたん決済(通信料金合算支払い)
独自サービスプランフリープランauスマートパスプレミアム用 GeForce NOW

料金

基本料金は月額1,980円で、ソフトバンク、auで違いはありません。

ただ、ソフトバンクユーザーになれば、「エンタメ特典」の適用という条件つきでありますが、毎月360円分のpaypayボーナスが貰え、auユーザーであれば、330円安くなるという特典があります。

auスマートパスプレミアム会員なら料金は無料とありますが、これについては後ほど詳しく説明します。

お支払い方法

お支払い方法は基本的にクレジットカード、またはキャリア決済です。ただ、ソフトバンクのみ、paypay支払いが可能です。

独自サービスプラン

GeForce NOW Powered by SoftBank

GeForce NOW Powered by SoftBankはフリープランとプレミアムプランという2つのプランがあります。

プレミアムプランはいわゆる月額1,980円発生する、いわゆる有料プランです。

一方、フリープランはソフトバンクのみが提供しているプランです。このフリープランは 「GeForce NOW Powered by SoftBank」を月額料金無料で使えてしまうというサービスです。

ただ、下記のように有料のプレミアムプランと比べたら無料のフリープランは様々な制約があります。

フリープランプレミアムプラン
月額料金無料月額1,980円(税込)
※ソフトバンクユーザーは毎月360円分のpaypayボーナスがもらえる
混雑時のアクセス通常接続優先接続
連続プレイ可能時間1時間6時間
RTX ON

混雑時、プレミアムプランの人が優先されるため、場合によってはフリープランの場合、サービスを利用できない可能性があります。

また、連続プレー時間もフリープランは1時間と、プレミアムプランと比べたら極端に短いです。

RTX(リアルタイムレイトレーシング)は反射などの表現がより豊かになる機能のことで、プレミアムプランのみ使えます。ただし、別にこの機能が使えないとしても、ゲームは普通に遊べるので別に使えなくても問題ないと個人的に思います。

\フリープランは月額料金無料!/

GeForce NOW Powered by au

GeForce NOW Powered by auはauスマートパスプレミアム用 GeForce NOWと通常のプラン、2つのプランがあります。

auスマートパスプレミアム用 GeForce NOWは、auスマートパスプレミアムに入れば使えるサービスです。実質的に無料でGeForce NOWが使えます。ただし、auスマートパスプレミアムは月額548円(税込)なので、その料金は発生してしまいます。

 auスマートパスプレミアムについてはこちら

auスマートパスプレミアムとは何か?9つの特典について解説!
auスマートパスプレミアムに入会すると、得られる9つの特典について解説していきたいと思います。また、auスマートパスプレミアムの対応端末は、スマホ、タブレットのみですが、PCでも使えるのか、検証してみました。

月額548円(税込)で、GeForce NOWが無料で使えるので、一見お得そうに見えますが、そこに落とし穴があります。

というのも、auスマートパスプレミアム用 GeForce NOWは、通常のプランと比べると、下記のような制約がいくつかあるからです。

auスマートパスプレミアム用 GeForce NOWGeForce NOW Powered by au(通常のプラン)
月額料金無料月額1,980円(税込)
※auユーザーであれば、330円引かれ、月額1,650円に。
混雑時のアクセスアクセスしにくいアクセスしやすい
連続プレイ可能時間1時間6時間

混雑時はアクセスしにくく、連続プレー時間は1時間という制約は、ソフトバンクのフリープランと似ています。

ただ、auスマートパスプレミアム自体、魅力的なコンテンツに溢れているので、そのコンテンツの中で制限つきですが、GeForce NOWが実質無料で使えるということを考えれば、お得だと思います。

auスマートパスプレミアムは初回登録30日間無料なので、まずは気軽に試してみてはいかがでしょうか?

\初回登録30日間無料!/

GeForce NOWはソフトバンク、au、どちらがおすすめ?

一銭もお金をかけず、完全無料でGeForce NOWを使いたいのなら、GeForce NOW Powered by SoftBankのフリープラン一択です。

GeForce NOW Powered by auも実質無料なプランがありますが、auスマートパスプレミアムに入会する必要があります。

ただし、auスマートパスプレミアム自体、映像、音楽、書籍など様々なコンテンツが楽しめ、その中の一つとして、GeForce NOWが無料で楽しめるので、それを考えれば、十分魅力的です。

ただ、ソフトバンク、auの無料プランは両方とも連続プレイ可能時間が1時間だったり、混雑時にアクセスしにくいといったデメリットがあります。

有料プランであれば、それらのデメリットは解消されます。ただ、また、有料プランをソフトバンク、auどちらにすべきかという問題になります。

それに対する答えとしては、もし自分がソフトバンクユーザーであれば、ソフトバンクの方を、auユーザーであればauの方を選べばいいと思います。

ソフトバンクユーザーで、ソフトバンクのGeForce NOW有料プランを選択すれば、毎月360円分のpaypayボーナスがもらえ、auユーザーで、auの有料プランを選択すれば、330円安くなり、月額1,650円になります。

もし、ソフトバンク、auユーザーのどちらでもないというのであれば、正直、ソフトバンク、au、どちらを選んでも大した差はありません。

ただ、時期によってはキャンペーンをやっている場合があるので、それによってどちらかを選んでも問題ないと思います。

まとめ

GeForce NOWはソフトバンクとauの2社がサービスを展開しているので、混乱しがちです。どちらのサービスを利用するべきか、迷っている人も多いかと思います。

個人的には、まずはソフトバンクのフリープランを試してみることをおすすめします。

もしフリープランでも不十分と感じたら、改めて、ソフトバンクかauの有料サービスへの加入を考えてみてはいかがでしょうか?

\フリープランは月額料金無料!/

 

\初回登録30日間無料!/