【2024年6月更新】ゲーミングPC最新セール情報

熱伝導パッドのHT-14をレビュー!M.2SSDがどれくらい冷えるかを検証

HT-14

マザーボードに標準でついている熱伝導パッドから、13W/m・Kという、高い熱伝導率を誇る、M.2 SSD用熱伝道パッド「HT-14」に換装して、どれだけM.2 SSDが冷えるのか検証してみました。

目次

M.2 SSD用熱伝導パッドを交換する理由

M.2 SSD用熱伝導パッドを交換する理由M.2 SSDはマザーボードに付属するヒートシンクを使用して冷やしています。このヒートシンクには熱伝導パッドが張られており、M.2 SSDと密着します。

ちなみに使用しているマザーボードはASrockのB660M Pro RSです。

あわせて読みたい
良コスパのB660マザー、ASrock B660M Pro RSをレビュー! AsrockのB660M Pro RSは価格も機能もバランスが良く、いわゆるコスパの良いマザーボードです。 core i3やcore i5などの安いCPUと組み合わせることで、コスパの良い構成...

熱伝導パッドが破損
ただ、密着しすぎたのが原因なのか、M.2 SSDを外すときに、熱伝導パッドが破損してしまいました。そこで新たに熱伝導パッドを買うことに決めました。

購入したのはアイネックスのHT-14

購入したのはアイネックスのHT-14
熱伝導パッドはいくつか種類がありましたが、13W/m・Kと熱伝導率が高い、アイネックスのHT-14を購入しました。

仕様
製造メーカーGlacialTech Inc.製 TCP130
熱伝導率13W/m・K
サイズW21×D71×H1.2mm
PCショップでアイネックスのHT-14を探す

シールをはがす
凸凹しているシールが貼られているのでこれをはがします。

つるつるした表面
シールをはがすと、見た感じつるつるした表面が見えます。

古い熱伝導パッドをはがす
ヒートシンクに元からついている熱伝導パッドをはがします。

HT-14を貼り付ける
HT-14を貼り付けます。なお、熱伝導パッド自体が吸着力をもっているので、M.2 SSDのヒートシンクに勝手に貼りつきます。

M.2 SSDの温度を確認

ヒートシンクなし
ヒートシンクあり(HT-14)

検証に使用したM.2 SSDはCrucial P2 1TBです。gen3対応のM.2 SSDなので発熱はおとなしいです。

ヒートシンクなしだと最高温度は48度まで上昇しましたが、HT-14をつけたヒートシンクありだと、最高温度は38度までの上昇でした。ヒートシンクなし状態と比べて、約10度ほど低いです。HT-14の冷却効果はしっかり確認できました。

あわせて読みたい
Crucial P2 1TBをレビュー!買いやすいエントリーM.2 NVMe SSD CrucialのM.2 NVMe SSDはいくつか種類がありますが、今回はエントリーモデルに位置付けられる、P2シリーズの1TBモデルを購入したのでレビューしたいと思います。 【Cruc...

まとめ

何度もM.2 SSDをつけたり、外したりを繰り返すと、ヒートシンクに貼りついているM.2 SSD用熱伝導パッドは劣化したり、最悪破損します。

もし、破損したら別途M.2 SSD用熱伝導パッドを購入すれば済む話なので、大した問題にはならないです。

PCショップでアイネックスのHT-14を探す
目次