ゲームコントローラー

MAGIC-NSをレビュー。アストロシティミニ、ネオジオミニをアケコンで動かす

magic-ns

アーケードジョイスティック、通称アケコン。ゲームセンターと同じ感触で家でゲームをしたいのなら、必須アイテムと言えます。

自分もアストロシティミニ、ネオジオミニで最近ゲームをする機会が増えてきましたが、どうせならアケコンでゲームをやりたいと思いました。

しかしこの両機種ともに公式アケコンのみの対応で、市販のアケコンには対応していません。

そこで今回はコントローラーアダプタのMAGIC-NSを購入したので、これを使って、アストロシティミニ、ネオジオミニを市販のアケコンで操作できるかどうか、実際に検証してみました。

モガ
モガ

自分の愛用アケコンはQanba Droneです。このアケコンを

アストロシティミニ、ネオジオミニにも使いたかったので、MAGIC-NSを購入しました。

スポンサーリンク

アストロシティミニ、ネオジオミニともに市販のアケコンは使用不可

アストロシティミニ、ネオジオミニともに市販のアケコンは使用不可アストロシティミニ、ネオジオミニは、市販のアケコンは使用不可能です。この仕様は公式も発表済みです。

試しに、アストロシティミニの背面の1Pコントローラー端子(USB)に、アケコンのQanba Droneを接続してみました。結果、全く動作しなかったです。

アストロシティミニ、ネオジオミニともにアケコンで動かしたいのなら、それぞれ専用の公式のアケコンが必要です。

アストロシティミニの場合は「アストロシティミニ アーケードスティック」、ネオジオミニの場合は、「NEOGEO Arcade Stick PRO」です。

ちなみに、NEOGEO Arcade Stick PROはアケコンだけでなく、単体でゲームも遊べます。つまり、アケコン兼家庭用ゲーム機というちょっと変わった代物です。

ただ、両方とも価格が1万円以上するのが難点でした

普段から自分から使っているQanba Droneをそのまま流用できたら、安上がりで済むのではと思ったので、自分は公式のアケコンを購入する気は起きなかったです。

なんとかいい方法はないかと探して見つけたのがコントローラーアダプタのMAGIC-NSです。

MAGIC-NSを開封

MAGIC-NSを開封それではMAGIC-NSを開封していきます。なお日本で売られているMAGIC-NSは日本正規版通常版の2種類があります。

日本正規品には日本語マニュアルがあり、通常版には日本語マニュアルがありません。違いはそれくらいで他は全く同じ仕様です。

同梱物一覧同梱物一覧です。一つ一つ詳しく見ていきます。

マニュアル
マニュアルです。購入したのは通常版だったので、残念ながら言語は全て英語でした。各コントローラーの対応表も載っています。

例えば、PS4コントローラーをMAGIC-NSを介して、ネオジオミニと接続する場合、ps4のコントローラーの△ボタンがネオジオミニだとCボタンになります。

ボタン判別用のシールボタン判別用のシールです。貼ってもすぐにはがれそうだったので自分は使いませんでした。

USB Type C to USBの変換アダプタ
USB Type C to USBの変換アダプタです。ネオジオミニはUSB Type Cにのみ対応しているので、MAGIC-NSとつなぐために必要になります。

magic-ns本体です。

対応機種を変更するスイッチ本体のサイドには対応機種を変更するスイッチがあります。そのスイッチを長押しすることで、本体のライトの色が変わり、それと同時に対応機種が変わるという仕様です。

各色と対応機種については下記にまとめてあります。

青色:PS3 /PC Dinput モード青色:PS3 /PC Dinput モード

緑色:PC Xinput モード緑色:PC Xinput モード

赤色:Switch モード赤色:Switch モード

紫色:Switch Pro モード (振動機能付、Dualshock4ジャイロ操作対応)紫色:Switch Pro モード (振動機能付、Dualshock4ジャイロ操作対応)

黄色:Neogeo Mini モード黄色:Neogeo Mini モード

シアン色:PS Classic モード
シアン色:PS Classic モード

白色:メガドライブミニ白色:メガドライブミニ

実際に使ってみた

実際に使ってみた
使う前に、まずはMAGIC-NSのファームウェアアップデートを行います。ファームウェアアップデートを行うには、まずMAGIC-NS本体をパソコンのUSBに差します。

最新のファームウェアをダウンロードhttps://shinka-japan.com/products/mayflash-magic-ns/のサイトに行き、最新のファームウェアをダウンロードします。

ダウンロードをしたデータを解凍して実行したら、ファームウェアアップデートは完了です。

自分の場合、購入した時点で最新バージョンだったので、ファームウェアアップデートは必要なかったです。

アストロシティミニの場合

アストロシティミニの場合アストロシティに使う場合、背面のUSBにMAGIC-NSを差します。その後はサイドのボタンを長押しし、白色に切り替えます。

白色はメガドライブミニに対応している状態なのですが、実はアストロシティミニはメガドライブミニの専用コントローラーに対応しています。

つまり、MAGIC-NSをメガドライブミニの状態にしてあげれば、アストロシティミニはMAGIC-NSを認識するというです。

クアンバドローンをMAGIC-NSにつなぐランプを白色にして、アケコンのQanba DroneをMAGIC-NSにつなぎます。

アストロシティミニでの動作確認
無事動作ができました。

アストロシティミニについてはこちら

アストロシティミニをレビュー!ミニサイズになったセガの伝説的アーケード筐体
セガの伝説的アーケード筐体「アストロシティ」。1990年代、ゲームセンターに足しげく通っていた人なら一度は見たことあると思います。そんなアストロシティが6分の1のミニサイズになって、生まれ変わりました。その名も「アストロシティミニ」。今回はアストロシティミニのレビューをしたいと思います。

ネオジオミニの場合

ネオジオミニの場合ネオジオミニにはUSB端子がないので、付属のUSB Type C to USBの変換アダプタを使用します。

ランプを黄色に設定
ランプを黄色に設定し、アケコンのQanba DroneをMAGIC-NSにつなぎます。

ネオジオミニでの動作確認
無事動作ができました。

 ネオジオミニについてはこちら

ネオジオミニをレビュー!SNK黄金時代のゲームを遊びつくす
カプコンと並んで格闘ゲームメーカーのパイオニアと知られるSNK。残念ながら一度は倒産しましたが、最新は新生SNKとしてよみがえり、徐々に復活を遂げつつあります。そんな新生SNKから2018年7月に発売された家庭用ゲーム機、ネオジオミニ。SNKの伝説的家庭用ゲーム機、ネオジオのミニ版です。発売されて時間がたちますが、今さらながらレビューしたいと思います。

ps4のパットを有線・無線でつないでみた。

ps4のパットを有線・無線でつないでみた。少し番外編ですが、ps4のパットでも動作確認しました。無事動作確認しました。

無線でつなげられるかどうか確認MAGIC-NSはBluetoothにも対応しているので、無線でつなげられるかどうか確認しました。まず、有線でつなぎます。

ペアリングの準備その後、ペアリングの準備をするので接続を外します。サイドのボタンを1回だけ押します。するとランプが点滅し始めます。

SHAREボタンと、PSボタンを同時押し次にps4のコントローラーのSHAREボタンと、PSボタンを同時押ししてペアリングを始めます。するとps4コントローラーのランプが一瞬点滅します。

ペアリング完了ペアリングに成功すると、ps4とMAGIC-NSの点滅がとまります。これでペアリング完了です。

ps4コントローラーの動作確認
無事、無線でも動作確認できました。

まとめ

MAGIC-NSを使って、アストロシティミニ、ネオジオミニをアケコンで操作するという夢がかないました。若干のラグは感じますが、十分許容範囲です。

やはりアケコンでやると操作性が上がるだけでなく、よりアーケードらしい雰囲気を感じることができます。

なおアストロシティミニ、ネオジオミニについては別途記事でレビューしているので、ぜひ一度ご覧になってください。