パソコン・自作PCグラフィックボード

RX6400をレビュー!GTX1650と比較。PCIe 3.0 x4接続時の性能も検証

RX6400

AMDのRADEON RX6400は、RX6000シリーズの中で最も下のグレードに位置付けられるビデオカードです。

価格的にも性能的にも、最もライバルに近いのがGeforce GTX1650です。そこで今回はGTX1650を比較対象として、RX6400の性能を検証していきたいと思います。

なお、RX6400はPCIe 3.0 x4接続時に性能が低下すると言われています。そのあたりも併せて検証したいと思います。

スポンサーリンク

RADEON RX6400とは

RADEON RX6400とは
RADEON RX6400はAMDのビデオカード、RADEONのRX6000シリーズの中でも最も下位に位置するエントリークラスのビデオカードです。

ただ、エントリークラスといっても、「AMD RDNA2 アーキテクチャ」、「AMD Infinity Cache」、「GDDR6メモリ」、「レイトレーシング」といった、最新の技術にしっかり対応しています。

さらに、「AMD Smart Access Memory」、「AMD Radeon Super Resolution」、「AMD Fidelity FX Super Resolution 2.0」などのゲーミングパフォーマンスを向上させる最新テクノロジーにも対応しています。

 RADEON RX6400RADEON RX6500 XT
製造プロセス6nm6nm
演算ユニット1216
レイ・アクセラレーター1216
INFINITY CACHE16MB16MB
メモリ速度16Gbps18Gbps
メモリバス幅64bit64bit
ビデオメモリー(容量 / 転送速度)GDDR6 4GB / 128Gb/sGDDR6 4GB / 144Gb
ゲーム周波数 / ブースト周波数2039MHz / 2321MHz2610MHz / 2815MHz
インターフェースPCIe 4.0 ×4PCIe 4.0 ×4
TDP53W107W
補助電源無し1 × 6pin
参考価格約17,000円約20,000円

上記の表はRX6400とその一つ上のモデル、RX6500 XTのスペック表です。

RX6500 XTもエントリークラスのビデオカードですが、そこからさらにスペックを低くし、補助電源無しで動くようにしたのがRX6400です。

そのため、価格もRX6000シリーズの中で最も安く、モデルによっては20,000円前後で購入できます。さらに補助電源無しなので、ロープロファイルモデルが存在するのも特徴です。

ただ、インターフェースがRX6500 XTと同じPCIe 4.0 ×4(理論値:約8GB/s)なので、帯域幅が狭いのでその点は要注意です。

PCIe 3.0対応のパソコンに取り付けた場合、PCIe 3.0 ×4(理論値:約4GB/s)という接続になります。

これによって大量の映像データを扱うゲームでは、帯域幅が足りなくなり、性能の低下が予想されます。

PCIe 4.0に対応させるには、PCIe 4.0に対応したCPUとマザーボードが必要です。インテルの場合、最新の第12世代のCPUであれば、PCIe 4.0に対応しています。

問題はAMDのRyzenです。

CPUPCIe
Ryzen 9 5950XPCIe 4.0
Ryzen 9 5900XPCIe 4.0
Ryzen 7 5800X3DPCIe 4.0
Ryzen 7 5800XPCIe 4.0
Ryzen 7 5700XPCIe 4.0
Ryzen 7 5700GPCIe 3.0
Ryzen 5 5600XPCIe 4.0
Ryzen 5 5600PCIe 4.0
Ryzen 5 5600GPCIe 3.0
Ryzen 5 5500PCIe 3.0
Ryzen 5 4500PCIe 3.0
Ryzen 3 4100PCIe 3.0

AMDのRyzenの場合、最新CPUのRyzen 5500やRyzen 5 4500、Ryzen 3 4100でも、PCIe 3.0対応となります。インテルのように最新CPUであればPCIe 4.0に対応という考えが通じないので注意が必要です。

また、RX6400は動画再生支援機能はありますが、動画エンコード機能はありません。

ゲームをしながら、録画や配信するのに向いていません。また、動画編集の書き出しの際、ハードウェアエンコードが使えません。

さらに基本的にどのモデルも映像出力端子がDisplayPort×1、HDMI×1の2系統なので、3画面以上のマルチディスプレー環境を構築するのにも向いていません。

RX6400は低価格ですが、その分、様々なところでコストカットされているビデオカードと言えます。

SAPPHIRE PULSE Radeon RX 6400 GAMINGの外観

SAPPHIRE PULSE Radeon RX 6400 GAMINGの外観購入したのは「SAPPHIRE PULSE Radeon RX 6400 GAMING 4G GDDR6」です。外形寸法は長さ170mm、幅56,2mm、厚さ17.2mmで、ロープロファイルに対応します。

ロープロファイルモデルなので、スリムケースに収めることが可能です。

実際にRX6400をスリムケースに収めてみました↓。

IN WIN IW-CJ712B/265Bをレビュー!M-ATX対応PCケースの中でも最小クラスのスリムケース
デスクのスペースを確保したいと思うようになりました。そこで購入したのが、スリムケースの「IN WIN IW-CJ712B/265B」です。今回は、IN WIN IW-CJ712B/265Bをレビューしたいと思います。
SAPPHIRE PULSE Radeon RX 6400 GAMING PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

小ささが際立つ
2スロット厚のショートサイズのモデルと比べても、その小ささが際立っています。

ATX専用のブラケット付属品はATX専用のブラケットです。

ダブルボールベアリングファンを搭載
ノイズを抑制し、さらに長寿命を実現する、ダブルボールベアリングファンを搭載しています。

表面表面

裏面裏面

カード長は170mmとロープロファイルモデルとしては少し長めです。

下側下側

上側上側

厚さをチェックすると、VGAクーラーが1スロット厚をはみ出さないように設計されているのを確認できます。

スロット形状はPCI-Express(x16)
スロット形状はPCI-Express(x16)ですが、実際の接続インターフェースはPCI-Express4.0(x4)です。

DisplayPort×1、HDMI×1
映像出力端子はDisplayPort×1、HDMI×1の2系統です。

モガ
モガ
 

RX6400のロープロファイルの最安モデルは、玄人志向の「RD-RX6400-E4GB/LP」です。少しでも安く購入したいのなら、こちらのモデルがおすすめです。※2022年8月現在、今回レビューした「SAPPHIRE PULSE Radeon RX 6400 GAMING」が最安モデルとなったみたいです。

RD-RX6400-E4GB/LP PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

RX6400の性能をGTX1650と比較して検証

ここからは実際にベンチマークソフトやゲームを動かして、RX6400の性能を検証したいと思います。比較対象として、GTX1650を用意しました。

また、性能が落ちると言われている、PCIe 3.0 ×4の状態でも性能を検証したいと思います。

テスト環境

テスト環境

テスト機のスペック
CPUcore i7-12700
レビュー記事
CPUクーラーAK400
レビュー記事
CPUグリスMX-4 4g
マザーボードMSI PRO B660M-A
レビュー記事
メモリW4U2666CX1-16G ×2
ビデオカードRX6400GTX1650
レビュー記事
ストレージCrucial P2 1TB
レビュー記事
電源ユニットV750 Semi-Modular RS750-AMAAG1-JP
OSWindows 11 Home
PCケースSMZ-2WBT-ATX
レビュー記事
ディスプレイEW2780U
レビュー記事
ドライバ2022年8月現在最新のドライバ

今回の検証で使用するテスト機のスペックです。CPUはインテル第12世代のAlder Lake-SのCore i7-12700です。Pコアが8、Eコア4つの計12コア、20スレッドのハイエンドCPUです。

RX6400、GTX1650との組み合わせにおいて不釣り合いですが、できるだけCPUボトルネックを抑えたいので、あえてハイエンドのCPUを選択しました。おそらく、ビデオカードの性能は極限まで引き出せていると思います。

メモリは標準だとDDR4-2666ですが、DDR4-3200へとオーバークロックしています。

なお、今回ゲームのベンチマークはすべてフルHD解像度で検証しています。WQHD、4K解像度ではどう考えても荷が重いので、今回は検証から省いています。

また、RX6400はRT(レイトレーシング)機能もありますが、こちらもどう考えても快適にゲームをプレーというのは厳しいので省いています。

ご了承ください。

3D MARK

「3DMark」はビデオカードの性能を計測する、定番ベンチマークです。今回はDX12用のTime Spy、DX11用のFire Strikeを使用します。

Time Spy

RX6400(PCIe 4.0 ×4)のグラフィックスコアは3622でした。PCIe 4.0 ×4、PCIe 3.0 ×4で差はほとんどありません。また、GTX1650との差もわずかでした。

Fire Strike

RX6400(PCIe 4.0 ×4)のグラフィックスコアは11386でした。PCIe 4.0 ×4、PCIe 3.0 ×4で差はほとんどありません。また、GTX1650と比べると、約1,000ほどスコアで上回りました。

VR MARK

「VRMARK」はVRゲーム向けの定番ベンチマークです。Orange、Cyan、Blueと3種類ありますが、今回はその中で一番負荷の軽い、Orangeを使用します。

VR MARK
RX6400(PCIe 4.0 ×4)のスコアは6157でした。PCIe 4.0 ×4、PCIe 3.0 ×4で差はほとんどありません。また、GTX1650と比べると、約300ほどスコアで上回りました。

ただ、VRゲームはVRAMを大量消費するので、VRAM容量4GBしかない、RX6400では快適なプレーは厳しいです。

PassMark PerformanceTest

PassMark PerformanceTestは、「CPU」、「2Dグラフィックス」、「3Dグラフィックス」、「メモリ」、「ディスク速度」の5項目を計測できるベンチマークです。今回は「3Dグラフィックス」のみを計測していきます。

PassMark PerformanceTest
RX6400(PCIe 4.0 ×4)のスコアは8254でした。PCIe 4.0 ×4、PCIe 3.0 ×4で約1,000ほど、差が開きました。また、GTX1650と比べると、約1,000ほどスコアで下回りました。

FF14:暁月のフィナーレ ベンチマーク


RX6400(PCIe 4.0 ×4)のスコアは、標準品質で19269、高品質で11355、最高品質で10011でした。PCIe 4.0 ×4、PCIe 3.0 ×4で差はほとんどありません。

また、GTX1650と比べると、標準品質で約2,000、高品質で約1,000ほどスコアで下回りました。FF14はGeforceに最適されているので、RADEONは少し不利です。

FF15ベンチマーク


RX6400(PCIe 4.0 ×4)のスコアは、軽量品質で7361、高品質で5533、最高品質で3999でした。PCIe 4.0 ×4、PCIe 3.0 ×4で差はほとんどありません。

また、GTX1650と比べると、軽量品質、標準品質で約300ほどスコアで下回りました。

Forza Horizon 5ベンチマーク

Forza Horizon 5ベンチマーク

RX6400(PCIe 4.0 ×4)の平均フレームレートは、最低設定で125、中設定で78、エクストリーム設定で13でした。

PCIe 4.0 ×4、PCIe 3.0 ×4でかなりの差が開きました。特に中設定では約40ほどの差です。Forza Horizon 5ではPCIe 4.0 ×4接続でのプレーをおすすめします。

また、GTX1650と比べると、最低設定で約10ほど平均フレームレートで上回りましたが、中設定だと約5ほど下回りました。

サイバーパンク2077ベンチマーク

サイバーパンク2077ベンチマーク
RX6400(PCIe 4.0 ×4)の平均フレームレートは、最低設定で56、中設定で43、ウルトラ設定で24でした。

PCIe 4.0 ×4、PCIe 3.0 ×4でかなりの差が開きました。最低設定、中設定では約10ほどの差です。

また、GTX1650との差はわずかでした。

アサシンクリードオリジンズベンチマーク

アサシンクリードオリジンズベンチマーク
RX6400(PCIe 4.0 ×4)のスコアは、超低設定で11440、中設定で8987、超高設定で5838でした。

PCIe 4.0 ×4、PCIe 3.0 ×4でかなりの差が開きました。超低設定では約1,000、中設定では約700ほどの差です。一方、超高設定ではほとんど差は開いていません。

また、GTX1650と比べると、超低設定、中設定では差がついていませんが、超高設定では約1,000ほど上回り、大きく差が開きました。

PSO2ベンチマーク


RX6400(PCIe 4.0 ×4)のスコアは、最低設定で22320、中設定で5404、ウルトラ設定で1272でした。PCIe 4.0 ×4、PCIe 3.0 ×4で差はほとんどありません。

また、GTX1650と比べると、最低設定、中設定で約2,000、ウルトラ設定で約500ほどスコアで下回りました。

Rainbow Six Siegeベンチマーク

Rainbow Six Siegeベンチマーク
RX6400(PCIe 4.0 ×4)の平均フレームレートは、最低設定で189、中設定で165、最高設定で96でした。PCIe 4.0 ×4、PCIe 3.0 ×4で差はほとんどありません。

また、GTX1650と比べると、最低設定では約10ほど上回っていますが、最高設定では約20ほど下回りました。

VARORANT


VARORANTは負荷が軽いので、最高設定のみで計測していきます。計測方法は3分間、演習場をグルグル回った時の平均フレームレートを算出しました。

RX6400の平均フレームレートは、最高設定で203でした。PCIe 4.0 ×4、PCIe 3.0 ×4で差はほとんどありません。

また、GTX1650と比べると、約20ほど平均フレームレートで上回りました。

Fortnite

Fortnite
計測方法は3分間、クリエイティブ島をグルグル回った時の平均フレームレートを算出しました。なお最低設定では3D解像度100%、描写距離最高に設定しています。

RX6400(PCIe 4.0 ×4)の平均フレームレートは、最低設定で234、最高設定で60でした。PCIe 4.0 ×4、PCIe 3.0 ×4で差はほとんどありません。

また、GTX1650と比べると、最低設定で約10ほど平均フレームレートで上回りました。

Apex Legends

Apex Legends
計測方法は3分間、演習場をグルグル回った時の平均フレームレートを算出しました。なお、テクスチャストリーミング割り当てはすべての設定において、4GBに固定しました。

RX6400(PCIe 4.0 ×4)の平均フレームレートは、最低設定で181、最高設定で56でした。PCIe 4.0 ×4、PCIe 3.0 ×4で差はほとんどありません。

また、GTX1650と比べると、最低設定で約20、最高設定で約10ほど平均フレームレートで上回りました。

消費電力と温度

FF15ベンチマーク実行時の消費電力と温度を計測します。

消費電力比較
RX6400の消費電力の平均は、42Wでした。公表値は53Wですが、それよりも低い結果となりました。

一方、GTX1650は70Wでした。

温度比較
ビデオカードの温度ですが、各モデルの出来によって左右されるので、あくまでも参考程度と考えてもらって結構です。

RX6400の温度の平均は65度で最高温度は68度でした。ロープロファイルモデルにしてはかなり冷えている印象です。

RX6400の良かったところと悪かったところ

・ほとんどのゲームでGTX1650を上まわるパフォーマンス
・消費電力は低く、ワットパフォーマンスが優秀
・低価格
・補助電源なし
・ロープロファイルモデルが存在
・ロープロファイルモデル最強のゲーミング性能
・描画の重いゲームには向いていない
・VRAM4GBなので、VRAM不足によりパフォーマンスの低下に陥りやすい
・バス幅が狭いこともあり、高画質設定にするとパフォーマンスの低下に陥りやすい
・エンコード機能がないので、配信や録画をしながらのゲームには不向き
・動画編集の書き出しにハードウェアエンコードが使えない
・外部出力端子が2つなので、3画面以上のマルチディスプレイ環境が構築できない
・PCIe 3.0の環境だとパフォーマンスが低下

まとめ

RX6400はゲームによってはGTX1650を上まわるパフォーマンスを出せる、低価格のビデオカードです。

PCIe 3.0環境だとパフォーマンスが落ちてしまうのは事実ですが、描画の重いゲームをプレーしない限り、思ったほどパフォーマンスは落ちてない印象です。

なので、PCIe 3.0環境の古いパソコンに取り付けても、そこまで大きな問題にはならないと思います。

ただ、ハードウェアエンコードがないのは明確なデメリットです。ゲームをプレーしながら録画、配信をした場合、CPUに負荷が高まり、パフォーマンスの低下は避けられないでしょう。

また動画編集の書き出しも、ソフトウェアエンコードを使うことになるので、時間がかかってしまいます。

あくまでも純粋にゲームのプレーだけが目的で、なるべく予算を抑えたいというのであれば、このRX6400、非常におすすめできるビデオカードとなっています。

また、ロープロファイルモデルに限れば、現状ゲーム性能最強クラスなので、スリムケースに取り付けたい方にもおすすめできます。

今回レビューしたモデルの購入先はこちら

SAPPHIRE PULSE Radeon RX 6400 GAMING PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

別のロープロファイルモデルの購入先はこちら

RD-RX6400-E4GB/LP PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

RX6400の他のモデルの購入先はこちら

amazonでRX6400を探す

楽天でRX6400を探す

RX6400 PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

RX6400搭載のゲーミングパソコンについてはこちら↓。

【2022年9月】コスパ最強のRX6400搭載のおすすめゲーミングPCを紹介!
RADEON RX6400は、ビデオカード自体の価格が安いです。そのため、搭載しているゲーミングパソコンも価格が抑えめです。今回は、RX6400の簡単な解説と、RX6400搭載のおすすめのゲーミングパソコンを紹介します。
スポンサーリンク

amazonチャージ
Amazonで買い物をする際、現金チャージ(コンビニ・ATM・ネットバンキング経由)すると、下記のような特典が得られます!

・ギフト券を購入するたびに最大2.5%のポイントが還元!
・初回購入時に5,000円以上チャージで、1000ポイント還元!

チャージ券でのポイント還元は間違いなくお得なので、積極的に利用することをおすすめします。また、初回利用の方は「キャンペーンにエントリーする」をお忘れなく。

Amazonチャージのご利用はこちらから

Youtube動画投稿やってます!
静止画だけでは伝えられない情報もあると思い、youtubeチャンネル「モガラボ」を開設しました! モガラボは自作PC、ガジェット、ゲームなどを扱っているyoutubeチャンネルです。 マニアックな動画もたくさん投稿していく予定なので、興味ある方はぜひ「チャンネル登録」をお願いします!
この記事を書いた人

本ブログは、主題でパソコン・自作PC・ゲーム・ガジェット、副題でネットサービスなど、自分の得意な分野で情報を発信しています。皆さんのお役に立てることを第一に考え、ブログを運用していきたいと思います。

モガをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
モガラボ