パソコン・自作PCPCケース

【2022年】おすすめスリム型のPCケース厳選8選!選ぶ際の注意点も解説

スリム型のPCケース

スリム型のPCケースは幅が狭いこともあって、デスク回りにスペースがあまりなくても置けるので、昔から人気が高いPCケースです。

ただ、残念ながら昨今、スリム型PCケースの人気は昔に比べるとなくなりつつあり、それに伴って種類がかなり少なくなってしまいました。

いざスリム型のPCケースを購入しようとしても、選び方が分からず、迷っている方はかなり多いのではないでしょうか?

そこで今回は、スリム型PCケースを選ぶ際の注意点を解説し、おすすめのスリム型PCケースを厳選して8つ紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スリム型のPCケースとは

スリム型のPCケースとは、その名の通り、横幅が狭くてスリムなPCケースのことです。

PCのケースの幅が狭いと、わずかなスペースでも置くことができます。

また、スリム型のPCケースの多くは横置きにも対応しているので、モニターの下の空いたスペースに置くことも可能です。

スリム型のPCケースを選ぶ際の注意すべきポイント

スリム型のPCケースの構造は一般的なPCケースとかなり異なるので、注意すべきポイントがいくつかあります。

マザーボードはMicro ATXかMini ITXに制限


スリム型のPCケースはまず間違いなく、ATXサイズのマザーボードには対応していません。大抵の場合、Micro ATXとMini ITX対応となっています。

また、ごく一部、Mini ITXのみ対応という場合もあります。

ビデオカードはほぼロープロファイルモデルのみ使用可能


スリム型のPCケースは幅が狭いのが最大のメリットですが、そのせいで、搭載できるビデオカードは制限が厳しいです。一部のモデルを除いて、ロープロファイルのモデルに限定されるからです。


通常サイズのビデオカードを搭載しようとしても、PCケースからはみ出す形になるので、搭載不可能です。


ただ、ロープロファイルモデルのある、ビデオカードは数が少なく、また基本的に性能の低い、ローエンドモデルが中心となります。

ロープロファイルモデルのビデオカードは、以下のラインナップになります。

チップメーカービデオカード購入先
NVIDIAGT710Amazon / TSUKUMO
GT730Amazon / TSUKUMO
GT1030Amazon / TSUKUMO
GTX1630Amazon / TSUKUMO
GTX1650Amazon / TSUKUMO
Quadro P400Amazon / TSUKUMO
Quadro P620Amazon / TSUKUMO
Quadro P1000Amazon / TSUKUMO
NVIDIA
T400
Amazon / TSUKUMO
NVIDIA
T600
Amazon / TSUKUMO
NVIDIA
T1000
Amazon / TSUKUMO
RTX A2000Amazon / TSUKUMO
AMDRadeon RX550Amazon / TSUKUMO
Radeon RX6400Amazon / TSUKUMO
Radeon Pro WX3200Amazon / TSUKUMO
Radeon Pro W6400Amazon / TSUKUMO

ロープロファイルモデルが存在しているビデオカードでおすすめは、GTX1650とRX6400です。

この2つのビデオカードは、ともに価格と性能のバランスに優れているからです。ここでGTX1650とRX6400のロープロファイルモデルを紹介します。

RX6400とGTX1650の比較レビューはこちら↓。

RX6400をレビュー!GTX1650と比較。PCIe 3.0 x4接続時の性能も検証
RX6400はRX6000シリーズの中で最も下のグレードに位置付けられるビデオカードです。そこで今回はGTX1650を比較対象として、RX6400の性能を検証していきたいと思います。なお、PCIe 3.0 x4接続時も検証したいと思います。

GTX1650のロープロファイルモデル

ASUS GTX1650-O4G-LP-BRK

ASUS GTX1650-O4G-LP-BRK PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

MSI GeForce GTX 1650 4GT LP

MSI GeForce GTX 1650 4GT LP PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><TSUKUMO><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

GIGABYTE GV-N1656D6-4GL

GIGABYTE GV-N1656D6-4GL PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

ZOTAC GDDR6 ZT-T16520H-10L

ZOTAC GDDR6 ZT-T16520H-10L PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

RX6400のロープロファイルモデル

SAPPHIRE PULSE Radeon RX 6400 GAMING

SAPPHIRE PULSE Radeon RX 6400 GAMING PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

玄人志向 RD-RX6400-E4GB/LP

RD-RX6400-E4GB/LP PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

GIGABYTE GV-R64D6-4GL

GIGABYTE GV-R64D6-4GL PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

エアフローは劣悪


スリム型のPCケースは小型ゆえに、内部のスペースに余裕がありません。そのため、配線でグチャグチャになりやすく、さらにケースファンを多くつける余裕もありません。ケース内部のエアフローは悪化しやすいです。

また、使用できるCPUクーラーも冷却力に期待できない背の低いトップフロー型(リテールクーラー含む)のみという制限があります。サイドフロー型のCPUクーラーをつけようとしても、ほぼ間違いなく、高さ制限にひっかかります。

もし発熱があまりにも多いCPUを使用した場合、冷却力が間に合わなくなり、サーマルスロットリングに陥る可能性もあります。

また、CPUだけでなく、場合によってはビデオカードやストレージ等ほかのパーツの温度も高くなる可能性も十分あり得ます。

ATX電源は使えない

一般的なPCケースに搭載できる電源は、たいていの場合、ATX電源ですが、スリム型のPCケースにはまず搭載できません。

そのため、SFXやTFX、Flex TFXといったサイズが小さい規格の電源を使う必要があります。

SFX、TFXやFlex TFX電源はATX電源より種類が少なく、おまけに高価です。そのため、電源に余計なコストがかかりやすいです。

ただ、幸いスリム型のPCケースは、初めから電源が搭載済みという場合も多いです。コスパを重視するのなら、電源搭載済みのPCケースを選ぶのも一つの手です。

あれこれ考えるのが面倒という方はスリムケース採用のBTOパソコンもおすすめです↓。

【2022年9月】スリムケース採用のおすすめBTOパソコンを紹介!狭い場所における省スペースPC
スリム型PCとは、幅が狭いスリムケースを採用しているPCのことです。狭い場所に置くことができるので、省スペースPCとして昔から人気が高いです。今回はスリムケースを採用している、おすすめのBTOパソコンを紹介したいと思います。

おすすめスリム型のPCケース8選

おすすめのスリム型のPCケースを厳選して8つ紹介します。

Antec VSK2000-U3

スリムケースで昨今、日本で最も人気が高いといっても過言ではないのが、Antec VSK2000-U3です。

youtubeやブログを見る限り、このケースを使っている人を良く見かけます。

Antec VSK2000-U3はメンテナンス性の良さに優れています。ほとんどの箇所で道具を一切使わない、いわゆるツールレスでメンテナンスが行えます。

特にクイックリリースを実現する独自のドライブマウント設計を採用しているのは、大きな特徴です。ツールレスで簡単にドライブを取り外しできます。

対応マザーボードはMicro ATX / Mini ITXで、さらにビデオカードも最大200mmまで対応です。縦置きスタンドも付属しているので、縦置きが可能となっています。

Antec VSK2000-U3の仕様
対応マザーボードMicro ATX / Mini ITX
対応CPUクーラー最大65mm
対応ビデオカード最大200mm
ドライブベイ5.25″ ×1
3.5″ ×1
2.5″ ×1
対応ケースファンフロント:90mm×1
対応電源TFX ※最大125mmまで
I/OポートUSB 3.0×2、Audio in/out×1
重量約3kg
容積
外形寸法縦置き:W100mm×D380mm×H338mm
横置き:W338mm×D380mm×H100mm
その他縦置き、横置き両対応
Antec VSK2000-U3 PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

Fractal Design Node 202

デザイン性、質感の高さで人気の高いFractal Design。特にDefineシリーズのPCケースは静音性が高く、ベストセラーとなっており、日本でも人気が高いPCメーカーです。

そんなFractal Designのスリムタワー型のPCケースがFractal Design Node 202です。

デザイン性、質感の高さは健在ですが、このPCケースの最大の特徴がスリムタワー型のPCケースでありながら、最大310mmのフルサイズのビデオカードを搭載可能という点です。

すべてのスリムタワー型のPCケースの中で、フルサイズのビデオカードが搭載できるのは、おそらくこのFractal Design Node 202位です。

その分、ビデオカードの発熱は心配ですが、特殊なレイアウトを採用しているので、マザーボードとビデオカードは離れた場所に配置され、ある程度のエアフローは確保されています。

もちろん、縦置きスタンドも付属するので、縦置きも可能です。ただ、残念ながら対応マザーボードはMini ITXのみとなっています。

Fractal Design Node 202の仕様
対応マザーボードMini-ITX
対応CPUクーラー最大56mm
対応ビデオカード最大310mm 
ドライブベイ2.5″ ×2
対応ケースファン120mm ×2 ※オプション / ビデオカード未装着時のみ
対応電源SFX ※最大130mmまで
I/OポートUSB 3.0×2、Audio in/out×1
重量3.5 kg
容積10.2L
外形寸法縦置き:W88mm×D380mm×H377mm
横置き:W377mm×D332mm×H88mm
その他縦置き、横置き両対応
Fractal Design Node 202 PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

INWIN IW-BL057B/300B / IW-BL634W/300B2

IW-BL057B/300BIW-BL634W/300B2

INWINのIW-BL057B/300BIW-BL634W/300B2は、フロントパネルのデザイン、重量以外は、同様の仕様となっている、いわば兄弟機種みたいなものです。

IW-BL057B/300Bのフロントパネルはオーソドックスなものですが、IW-BL634W/300B2のほうはフロントパネルを開け閉めできるので、USBポートや光学ドライブを隠すことが可能となっています。

この両PCケース、作り自体はオーソドックスですが、80PLUS BRONZE認証の300Wの電源が初めから搭載されているので、別途電源を購入する必要はないのは大きなメリットです。

対応マザーボードはMicro ATX / Mini ITXです。縦置きスタンドも付属しているので、縦置きが可能となっています。

INWIN IW-BL057B/300B / IW-BL634W/300B2の仕様
対応マザーボードMicro ATX / Mini ITX
対応CPUクーラー最大56mm
対応ビデオカード最大200mm 
ドライブベイ5.25″ ×1
3.5″ ×1
シャドウベイ:3.5″ × 2
対応ケースファンフロント:80mm×1
対応電源TFX電源 ※搭載済み
I/OポートUSB3.0×2、USB2.0×2、Audio in/out×1
重量5.09kg(IW-BL057B/300B) / 5.42kg(IW-BL634W/300B2)
容積11.5L
外形寸法縦置き:W187mm×D416mm×H346mm
横置き:W330mm×D416mm×H96mm
その他縦置き、横置き両対応
INWIN IW-BL057B/300B PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>
IW-BL634W/300B2 PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

サイズ OTTER


サイズ OTTERはコスパの高いスリム型のPCケースです。

このサイズ OTTERははじめからSFX300W電源搭載済みです。それでいて市場価格は6,000円ほどです。

SFX電源とPCケース、それぞれ別で購入すると余裕で1万円を超えてくるので、それを考えると破格の安さです。

ただ、別の視点で見ると、安すぎて個人的にはちょっと不安です。

電源はBronze認証がないので、おそらくStandard認証だと思いますし、PCケース自体の剛性感や工作精度も不安です。

実際購入された方の感想を見ると、電源や工作精度に不満を持っている方もちょくちょく見かけました。また、横置きには対応せず、縦置きのみ対応というのもデメリットです。

ただ、それでもこのコスパの高さは何物にも代えがたい魅力です。

サイズ OTTERの仕様
対応マザーボードMicro-ATX / Mini-ITX
対応CPUクーラー最大66mm
対応ビデオカード最大220mm
ドライブベイ5.25″ ×1
3.5″ ×2
※うち1本は5インチベイとの排他利用
2.5″ ×2
※うち1本は5インチベイとの排他利用
対応ケースファントップ:80mm ×1 ※搭載済
ボトム:80mm ×1
対応電源SFX300W電源 ※搭載済
I/OポートUSB3.0×1、USB2.0×2、Audio in/out×1
重量3.25kg
容積
外形寸法縦置き:W152mm×D420mm×H315mm
その他縦置きのみ
サイズ OTTER PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

KEIAN KX-M01


サイズ OTTERと同じく、コスパの高いスリム型のPCケースがKEIAN KX-M01です。

KEIAN KX-M01もはじめからSFX300W電源搭載済みなので、別途、電源の購入が必要ないです。前面パネル以外のデザインは、サイズ OTTERとそっくりです。

サイズ OTTERと同じく、安すぎるゆえの不安感はつきまといます。

しかも、このKEIAN KX-M01は、サイズ OTTERよりも市場価格で約1,000円ほど安いです。スリム型のPCケースとしては最安のモデルとなっています。

値段相応のクオリティということをある程度覚悟しておけば、このコスパの高さは非常に魅力的です。

KEIAN KX-M01の仕様
対応マザーボードMicro-ATX / Mini-ITX
対応CPUクーラー
対応ビデオカード
ドライブベイ5.25″ ×1
3.5″ ×1
2.5″ ×1
対応ケースファン
対応電源SFX300W電源 ※搭載済
I/OポートUSB3.0×1、USB2.0×1、Audio in/out×1
重量
容積14.4L
外形寸法縦置き:W116mm×D415mm×H300mm
その他縦置きのみ
KEIAN KX-M01 PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

SilverStone ML11B

SilverStone ML11Bは、記事執筆時点(2022年8月30日)で最新のスリム型のPCケースです。

スリム型のPCケースは発売日が新しいものでも、過去の焼き直しといったことが多々ありますが、このSilverStone ML11Bはおそらく完全に新設計だと思われます。

マザーボードの上にドライブベイがのる形になるので、エアフローは劣悪そうですが、ほぼすべてのパネルに通気孔が設けられているので、エアフローはそこまで悪くなさそうです。おまけにファンも前面、サイドにつけることができます。

対応マザーボードはMicro ATX / Mini ITXで、横置き、縦置きに対応しています。ただ、縦置き時のスタンドが付属していないので、安定感に欠けそうなのはマイナスです。

最新の設計思想が反映されたスリム型のPCケースを探しているのなら、このSilverStone ML11Bはおすすめです。

SilverStone ML11Bの仕様
対応マザーボードMicro-ATX / Mini-ITX
対応CPUクーラー最大90mm(ODDブラケットなし)
最大69mm(内部に設置されたODDブラケット, 3.5″ HDDなし)
最大43.4mm(内部に設置されたODDブラケットと3.5″HDD)
対応ビデオカード最大272mm
ドライブベイ9.5mm slim×1
3.5″ / 2.5″ x 1
2.5″ x 1
対応ケースファン前面:80mm ×1
サイド:80mm ×1 / 60mm ×1
対応電源TFX
I/OポートUSB3.0×2、USB2.0×2、Audio in/out×1
重量2.48kg
容積10.35L
外形寸法縦置き:W110mm×D285mm×H330mm
横置き:W330mm×D285mm×H110mm
その他縦置き、横置き両対応
SilverStone ML11B PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

IN WIN IW-CJ712B/265B

Micro ATX対応のスリム型のPCケースの中で最も小型なのが、IN WIN IW-CJ712B/265Bです。

縦置き時のサイズは、幅95mm、奥行き276mm、高さ305mm、容積は8Lと、今まで紹介してきたMicro ATX対応のPCケースの中でも圧倒的に小ぶりです。

ただ、その代わり、CPUの上にドライブベイが重なり、おまけにサイドパネルに一切の穴が開いてないので、エアフローは劣悪となっています。

特に発熱の多いCPUだと、サーマルスロットリングが起こる可能性があるので、発熱がおとなしいCPUを使うのが無難です。

また、縦置き用のスタンドが付属しないので、縦置き時の安定感に欠けるのもマイナスです。

IN WIN IW-CJ712B/265Bの仕様
対応マザーボードMicro ATX / Mini ITX
対応CPUクーラー最大45mm
対応ビデオカード最大185mm
ドライブベイ9.5mm slim×1
シャドウベイ:3.5″×1 / 2.5″×1 
対応ケースファンフロント:80mm×1
対応電源Flex ATX 265W電源 ※標準搭載
I/OポートUSB 3.0×2、USB 2.0×2、Audio in/out×1
重量2.86kg
容積8L
外形寸法縦置き:W95mm×D276mm×H305mm
横置き:W305mm×D276mm×H95mm
その他縦置き、横置き両対応
IN WIN IW-CJ712B/265B PCショップ販売ページ:
<amazon><楽天><TSUKUMO><ソフマップicon><パソコン工房icon><パソコンSHOPアーク>

IN WIN IW-CJ712B/265Bのレビューはこちら↓。

IN WIN IW-CJ712B/265Bをレビュー!M-ATX対応PCケースの中でも最小クラスのスリムケース
デスクのスペースを確保したいと思うようになりました。そこで購入したのが、スリムケースの「IN WIN IW-CJ712B/265B」です。今回は、IN WIN IW-CJ712B/265Bをレビューしたいと思います。

IN WIN Chopin-Silver


ビデオカードを搭載する予定がなく、CPUの内蔵GPUしか使わないのなら、IN WIN Chopin-Silverがおすすめです。

Silverという名の通り、銀色のアルマイト処理がされたフロントアルミパネルは安っぽさを微塵も感じさせません。

ビデオカードを搭載しない設計になっているので、サイズを抑えることができ、結果として全てのスリム型のPCケースの中で最小クラスのサイズ感となっています。

付属電源は150Wと少し心もとないですが、ビデオカードを搭載しないので、必要十分といえます。もし不安であれば、電源容量が200WのIN WIN Chopin Proというモデルもあります。

IN WIN Chopin-Silverの仕様
対応マザーボードMini-ITX
対応CPUクーラー43mmまで
対応ビデオカード
ドライブベイ2.5″ x 2
対応ケースファン
対応電源150W電源 ※標準搭載
I/OポートUSB 3.0 x 2
重量2.2kg
容積3.3L
外形寸法縦置き:W84mm×D217mm×H244mm
横置き:W244mm×D217mm×H84mm
その他縦置き、横置き両対応
IN WIN Chopin-Silver PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

まとめ

今回はスリム型のPCケースのおすすめを8つ紹介しました。どれも魅力的ですが、それぞれメリット、デメリットは確実にあるので、じっくり選ぶことをおすすめします。

最後にアドバイスです。

スリム型のPCケースは需要がなくなりつつあるのか、在庫がすぐになくなる傾向があります。つまり、入手性が極めて悪いです。そのため、欲しいPCケースがあって在庫があれば、すぐに購入することをおすすめします。

スポンサーリンク

amazonチャージ
Amazonで買い物をする際、現金チャージ(コンビニ・ATM・ネットバンキング経由)すると、下記のような特典が得られます!

・ギフト券を購入するたびに最大2.5%のポイントが還元!
・初回購入時に5,000円以上チャージで、1000ポイント還元!

チャージ券でのポイント還元は間違いなくお得なので、積極的に利用することをおすすめします。また、初回利用の方は「キャンペーンにエントリーする」をお忘れなく。

Amazonチャージのご利用はこちらから

Youtube動画投稿やってます!
静止画だけでは伝えられない情報もあると思い、youtubeチャンネル「モガラボ」を開設しました! モガラボは自作PC、ガジェット、ゲームなどを扱っているyoutubeチャンネルです。 マニアックな動画もたくさん投稿していく予定なので、興味ある方はぜひ「チャンネル登録」をお願いします!
この記事を書いた人

本ブログは、主題でパソコン・自作PC・ゲーム・ガジェット、副題でネットサービスなど、自分の得意な分野で情報を発信しています。皆さんのお役に立てることを第一に考え、ブログを運用していきたいと思います。

モガをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
モガラボ