パソコン・自作PCPCケース

PCケースの選び方を自作PC初心者に向けてやさしく解説!

PCケース

初心者の方にとって、PCケースを選ぶ基準で第一に考えているのが「デザイン」だと思います。しかし、たた単純にデザインだけでPCケースを選ぶと、後で痛い目をみる可能性があります。

そこで今回は主に自作PC初心者に向けて、PCケースの選び方をやさしく解説します。

スポンサーリンク

PCケースを選ぶ6つのポイント

PCケースを選ぶポイントは以下の6つです。一つ一つ詳しく見ていきます。

・マザーボードの規格
・CPUクーラー、ラジエーター、グラボ、電源のサイズ
・ストレージ、拡張性
・デザイン
・冷却性
・静音性

マザーボードの規格

マザーボードの規格に注意
PCケースを選ぶうえで一番要注意なのがマザーボードの規格です。マザーボードには、以下のように主に、3つの規格があります。

 
ATX最大305mm最大244mm
Micro ATX最大244mm最大244mm
Mini ITX最大170mm最大170mm

この3つの規格はそれぞれサイズが異なります。つまり、この3種類の規格に対応したPCケースを選択する必要があります。

 ATXマザーボードMicro ATXマザーボードMini ITXマザーボード
ATX対応PCケース
Micro ATX対応PCケース×
Mini ITX対応PCケース××

たとえば、ATX対応PCケースであれば、ATX、Micro ATX、Mini ITXと全ての規格のマザーボードを使用することができます。逆に、Mini ITX対応のPCケースの場合、使用できるのはMini ITXのマザーボードのみになります。

どの規格のマザーボードに対応しているのか
引用:P10 FLUX

PCケースがどの規格のマザーボードに対応しているのかは、各PCケースの仕様表に記載されています。

各パーツのサイズ

CPUクーラー、ラジエーター、グラボ、電源のサイズに注意
マザーボードのサイズだけでなく、使用する各パーツのサイズも重要です。特に、注意すべきパーツは、CPUクーラー、ラジエーター、ビデオカード、電源、水冷クーラーのラジエーターです。

各パーツのサイズによってはPCケース内に収まらない可能性があるからです。

もし、大型のパーツを使用するのなら、無難にATX対応PCケースを選ぶことをおすすめします。Mini ITX対応PCケースだと、内部スペースに余裕がなくなるので、各パーツのサイズの制限は厳しいです。各パーツのサイズがどの程度まで対応なのか
引用:Define 7

各パーツのサイズがどの程度まで対応なのかは、各PCケースの仕様表に記載されています。

ストレージ

PCケースに搭載できるストレージの数もPCケースを選ぶうえで重要な要素です。ただ、昨今、M.2 SSDの普及のおかげで、昔ほどPCケースのストレージ搭載量に気を配る必要はなくなりました。

PCケースのドライブベイの数に注意
ただ、3.5インチのHDD、2.5インチのSSDを多く使いたい人は、PCケースのストレージ搭載量に注意が必要です。

ドライブベイの数
引用:4000D Airflow Tempered Glass

ドライブベイがいくつあるのかは、各PCケースの仕様表に記載されています。

各ストレージの簡単な解説は下記記事を参考にしてみてください↓。

【初心者向け】パソコンのストレージの種類は?違いを分かりやすく解説
ストレージは大きく分けて「SSD」と「HDD」に分かれますが、種類がいくつかあるので、初心者の方は迷いがちになると思います。そこで今回はパソコンのストレージの種類について、そして選び方も解説したいと思います。

Type-Cポート搭載


裏表を気にせず利用できる「Type-C」形状のUSBコネクタ。近年利用者はますます増えています。それを考慮してか、フロントポートにType-Cを搭載するPCケースも徐々に増えています。

ただ、まだまだType-Cを搭載するPCケースが少ないのも事実です。フロントポートにType-Cが絶対に欲しいのなら、そのPCケースが対応しているのかどうか、必ずチェックすることをおすすめします。


フロントポートに「Type-C」ポートがあるかどうかは仕様表に記載されています。

冷却性能

性能の高い、CPUやビデオカードは発熱が大きいのでしっかり冷やす必要があるので、PCケースの冷却性能が重要となります。冷却性能の高いPCケースは、以下のような特徴を持っています。

・PCケースのパネルがメッシュ構造
・PCケースファンを多く搭載可能
・18cm角、20cm径といった大型PCケースファンを搭載可能

デザイン

現在のPCケースの主流はサイドパネルがガラスやアクリルになっているタイプ

人によってはPCケースを選ぶ際で最も重要な要素になるのがPCケースのデザインです。デザインに関しては人によって好き嫌いがあるので、はっきりとしたアドバイスができません。

ただ、見た目をゲーマー向けな派手な感じにしたい場合は、PCケース内部が外から見れるように、サイドパネルがガラスやアクリルになっているタイプを選ぶことをおすすめします。

また、アドレサブルLED対応のPCケースファンが初めから装着済みのタイプや、複数のLEDパーツを制御できる「LEDハブ」を搭載しているタイプもおすすめです。

静音性

遮音材CPUやビデオカードの発熱がおとなしい場合、静音性を重視しているPCケースがおすすめです。

静音性を重視しているPCケースの大半は、サイドパネルがガラスやアクリルのタイプではないので、デザインは地味です。ただ、サイドパネルに遮音材が敷き詰められているので、静音性が高くなっています。

まとめ

自分に合ったPCケースを探すのは本当に難しいです。

ただ、最も重要なポイントは、PCケースの中に納まるパーツのサイズです。このパーツがPCケースに収まらない時点で、事実上そのPCケースを使うことはできないからです。

PCケースだけを見るのではなく、どんなパーツを使うのか、PCケースを購入する前に、改めて見直すことをおすすめします。

PCケース PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

おすすめのPCケースはこちらをどうぞ↓。

おすすめATX対応のPCケース厳選5選!迷ったらこれを選べば大丈夫
ATX対応のPCケースは種類が最も多く、価格帯も安いものから高いものまでバラエティに富んでいるのが特徴です。種類が多いのは良いことですが、その分商品選びに迷いやすいです。そこで今回は、ATX対応のPCケースを5つ厳選して、紹介したいと思います。
おすすめMicroATX対応のPCケース厳選6選!無難なものから斬新なものまで
ATXよりも一回り小さいMicroATX。ATXまで入るPCケースもいいですが、せっかくならMicroATXまで入る、小型のPCケースを使いたいところ。そこで今回はおすすめのMicroATX対応のPCケースを6つ、価格帯ごとに紹介したいと思います。
【2022年】おすすめMini ITX対応のPCケース厳選5選!これ買っておけば間違いない!
Mini ITXのマザーボードを買う予定なら、最大でMini ITXまでしか対応していない小型のPCケースを使いたいところ。そこで今回はおすすめのMini ITX対応のPCケースを5つ、厳選して紹介したいと思います。
スポンサーリンク
Amazonで頻繁に買い物する方、高額な買い物をする方はAmazonチャージがお得です。
\ 初回限定で1,000円分のポイントゲット !/

Amazonチャージで買い物をさらにお得に

Amazonチャージのお得情報の詳細はこちらから

1回のチャージ金額一般会員Amazonプライム会員
5,000円以上0.5%1.0%
20,000円以上1.0%1.5%
40,000円以上1.5%2.0%
90,000円以上2.0%2.5%

チャージすると、一般会員であれば最大2.0%、Amazonプライム会員であれば最大2.5%、Amazonポイントが付与されます。例えば10万円チャージしたらAmazonプライム会員であれば、2,500円分のポイントが付与されます。

このAmazonポイントはチャージする度にポイントが付与されます。頻繁にAmazonで買い物する人にとっては非常にお得なサービスとなっています。

また、現在、初回限定のAmazonチャージで1000円分のポイントが付与されるキャンペーンが実施中です。それ目当てで一度、Amazonチャージをしてみてもいいかもしれません。

またAmazonプライム会員限定ですが、クレジットカードチャージも可能です。

\ 初回限定で1,000円分のポイントゲット !/

Amazonチャージで買い物をさらにお得に

Youtube動画投稿やってます!
静止画だけでは伝えられない情報もあると思い、youtubeチャンネル「モガラボ」を開設しました! モガラボは自作PC、ガジェット、ゲームなどを扱っているyoutubeチャンネルです。 マニアックな動画もたくさん投稿していく予定なので、興味ある方はぜひ「チャンネル登録」をお願いします!
この記事を書いた人

本ブログは、主題でパソコン・自作PC・ゲーム・ガジェット、副題でネットサービスなど、自分の得意な分野で情報を発信しています。皆さんのお役に立てることを第一に考え、ブログを運用していきたいと思います。

モガをフォローする
パソコン・自作PCPCケース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
モガラボ