パソコン・自作PCPCケース

小型でおしゃれなPCケースのMETIS PLUSをレビュー。組み立て方も解説

デスクの横に作業用PCを設置したいと思ったので、Mini ITXのPCケース、METIS PLUSを購入しました。

今回はMETIS PLUSのレビューだけでなく、組み立て方も解説したいと思います。

モガ
モガ

METIS PLUSは2017年発売と、かなりの年月が経過していますが、未だにMini ITXのPCケース売上上位に位置しています。Mini ITXのPCケースのベストセラーといえる商品です。

スポンサーリンク

METIS PLUSの仕様

対応マザーボードMini-ITX
ドライブベイ4×2.5″HDD + 1×3.5″HDD or 2×2.5″HDD + 2×3.5″HDD
冷却ファントップ 120mm × 1(オプション)
リア120mm×1(組み込み済、LEDファン)
拡張スロット2
電源ユニット奥行160mmまで
対応CPUクーラー高さ160mmまで
対応グラフィックスカード長さ170mmまで
フロントアクセスポートUSB3.0×2 /  HD Audio×1
外形寸法幅190mm / 奥行き277mm / 高さ254mm
重量2.12kg
容積13.3L

METIS PLUSの外観

内容物
METIS PLUSの外観をチェックする前に内容物の確認をします。内容物はケース本体、ネジ類、マニュアルです。

ネジ
ネジは数が多いので、なくなさないように、要注意です。

サイズ
幅は190mm、奥行きは277mm、高さは254mmです。購入したのはホワイトです。選べる色はブラック、 レッド、シルバー、ブルー、グリーン、ゴールド、ホワイト、ピンクの8色です。

本体の素材はアルミ製なので質感は非常に高いです。

フロントパネル

フロントパネルフロントパネルはフラットなデザインでシンプルそのものです。上部に電源ボタンが、下部にはRAIJINTEKのRのロゴがあります。

トップパネル

トップパネル
トップパネルにはアクセスポートとフィルタが装着されています。

アクセスポートアクセスポートは左からUSB2.0、マイクジャック、イヤホンジャック、USB2.0です。

右サイドパネル

右サイドパネル正面から見て、右サイドパネルはアクリルウインドウ仕様となっており、PCケース内部を見ることができます。

左サイドパネル

左サイドパネル
正面から見て、左サイドパネルは通気性確保のために無数の細かい穴があけられています。

背面

背面
背面です。一般的なPCケースだとファンが上にあり、PCIスロットは中段に配置されるのが一般的です。ただ、このPCケースの場合、上部にPCIスロット、下部にファンが配置されています。

ボトム

ボトム
ボトムです。電源ユニットを取り付ける個所と4本のゴム脚があります。電源ユニットのオン、オフスイッチがボトムに露出するような形になります。

METIS PLUSの内部構造チェック

METIS PLUSの内部構造チェックMETIS PLUSの内部構造をチェックします。

まず、マザーボードトレイです。すでに台座が装着済みでした。なお左側は電源ユニットを入れる個所です。電源はATX電源まで対応し、奥行き160mmのサイズまで対応しています。

ストレージを2つ取り付け可能
底には2.5インチサイズのストレージを2つ取り付けることができます。

ストレージ1つを取り付けられるトレイ
上部には3.5インチ or 2.5インチのストレージ1つを取り付けられるトレイがあります。

ケース上面のフィルタ
ケース上面のフィルタの位置に120mmのファンを取り付けることもできます。

120mmのLEDファン
背面には120mmのLEDファンが装着済みです。

120mmのLEDファンを光らせたスイッチでLEDのオンオフの切り替えができます。

マザーボードトレイの裏面
マザーボードトレイの裏面です。左側にはメンテナンスホールが、右側には2.5インチのストレージを取り付けることができます。

METIS PLUSの組み立て方を解説

用意するもの

220USB-1METIS PLUSの組み立て方を解説する前に、まず、用意するものを紹介します。用意したのはベッセルの小型電動ドライバーの220USB-1です。

もちろん普通のドライバーでもいいのですが、METIS PLUSを組み立てる際は、ネジを回す作業が多く発生します。小型電動ドライバーがあったほうが圧倒的に作業がやりやすいです。

220USB-1のレビューはこちら

面倒なネジ回しが楽に!ベッセルの小型電動ドライバー220USB-1をレビュー
最近やたら、ドライバーを使う機会が最近多いです。その時に厄介だと感じるようになったのがネジ回しです。このネジ回しを楽にするために、ベッセルの小型電動ドライバーの220USB-1を購入したので、レビューしたいと思います。

左右と上のサイドパネルを外す。

サイドパネルを外すまず、作業をやりやすくするために、左右、上のパネルを外します。

左右のサイドパネルにはそれぞれ4つのネジが締められているので、それらのネジを緩めて、サイドパネルを外します。

トップパネルを外す
続いて、トップパネルを外します。

左右のサイドパネルを外すと、ネジが露出しますので、一番左端、右端のネジを緩めます。反対側も全く同じことを行います。

背面のネジを緩める
背面側のネジ2つも緩めます。

左右、上のパネルを外した状態左右、上のパネルを外した状態です。これで作業がやりやすくなりました。

マザーボードの取り付け

MSI H510I PRO WIFI
PCケースに組み込んだ後だと、やりづらいので、組み込む前にCPU、CPUクーラー、メモリをマザーボードにセットします。今回使用するマザーボードは、Mini-ITXマザーボードのMSI H510I PRO WIFIです。

MSI H510I PRO WIFIのレビューはこちら

MSI H510I PRO WIFIをレビュー!質実剛健なビジネス用Mini-ITXマザーボード
仕事用のミニPCを自作するために、インテルのH510チップセットを搭載した、Mini-ITXのマザーボードのMSI H510I PRO WIFIを購入しました。主に外観と機能面に絞ってレビューしたいと思います。

corei3-10105fCPUはcore i3-10105Fです。

core i3-10105Fのレビューはこちら

core i3-10105Fをレビュー!価格1万円前後の格安ゲーム用CPUとしても最適
最近のcore i3の性能は凄まじい性能の進化を遂げており、それでいて価格は安いままです。今回は、Ryzen5 1600AFとcore i5-11400Fを比較対象として、core i3-10105Fをレビューしたいと思います。

SE-224-XTCPUクーラーはリテールではなく、社外品のSE-224-XTを使います。高さは154mmです。

ちなみにMETIS PLUSは高さ160mmまでのCPUクーラーに対応しています。コスパ最強CPUクーラー大定番の虎徹 Mark IIの高さも154mmなので、安心して使うことができます。

SE-224-XTのレビューはこちら

虎徹MarkⅡのライバル?SE-224-XTをレビュー!取り付け方法から性能検証まで
近年コスパ最強のCPUクーラーとして、徐々に評価を上げているCPUクーラーがあります。それがID-COOLING SE-224-XTです。そこで今回、SE-224-XTはを購入したので、実際に性能を検証し、レビューしたいと思います。

虎徹 Mark IIのレビューはこちら

超定番CPUクーラー虎徹 MarkⅡをレビュー。取り付け方法から性能検証まで
サイズの虎徹 MarkⅡは「CPUクーラー選びに迷ったとりあえず虎徹 MarkⅡを選べ」と言われるくらいの超定番CPUクーラーです。今回は虎徹 MarkⅡの取り付け方法を解説し、性能を検証します。

マザーボードのセッティングが完了
マザーボードのセッティングが完了しました。なおメモリは8GBのDDR4-2133×2です。仕事用PCなので、余りもののメモリを再利用しました。

マザーボードトレイにマザーボードを取り付け
マザーボードトレイにマザーボードを取り付けます。

電源の取り付け

配線作業電源を取り付ける前に配線作業を終わらせます。

電源からのケーブルだけでなく、ストレージのSATAケーブルなどもマザーボードに取り付けます。電源を取り付けた後だと、スペースに余裕がないので配線作業がほぼ不可能になるからです。

KRPW-BK650W/85+ちなみに今回取り付ける電源は玄人志向のATXサイズ電源のKRPW-BK650W/85+になります。奥行きは14cmです。プラグイン形式で、おまけにケーブルもフラットなので、配線も楽です。

電源を設置電源のスイッチが底に向けられるように電源を設置します。ケースから伸びている電源ケーブルを電源につなぎます。

電源の設置が完了
電源の設置が完了しました。ちなみに電源は奥行き16cmまで対応しています。

グラフィックカードの取り付け

GeForce GTX 1650 OC今回、取り付けるグラフィックカードはZOTACのGeForce GTX 1650 OCです。ショートモデルなので、かなり小型です。長さは151mmです。

 GTX1650のレビューはこちら

GDDR6を積んだGTX1650をレビュー!高コスパなグラボ
GTX1650はそこそこの性能、値段、消費電力で人気の高いグラボです。2020年4月ごろ、ビデオメモリがGDDR6に変更されたGTX1650がひっそりと発売されました。今回GDDR6を積んだGTX1650を購入したのでレビューしたいと思います。

グラフィックカードを搭載
公式の仕様表だと、グラフィックカードは長さ170mmまで対応とありますが、実際はまだまだ余裕はあるように感じます。170mm以上の長さのグラフィックカードも搭載できると思います。実際、270mmのグラフィックカードが搭載できたという話も聞いたことあります。

Colorful RTX 3060 NB 12Gは取り付け不可能試しに、自分が持っているかなり大型のColorful RTX 3060 NB 12Gを取り付けようと思ったのですが、サイズオーバーでした。長さは310mmもあるので、さすがに取り付けることは不可能でした。

 RTX3060のレビューはこちら

RTX3060をレビュー!性能をGTX1070Tiと比較
COLORFULのRTX3060を購入したのでレビューしたいと思います。自分が今まで使っていたグラフィックボードはGTX1070Tiでした。RTX3060をGTX1070Tiと比較して、性能にどれくらいの差があるのか、検証したいと思います。

ストレージの取り付け

SSDの取り付け

今回、自分はSSDのWDS500G2B0AとHDDのST4000DM004の合計2つのストレージを取り付けます。まず、SSDはマザーボードトレイ裏側に取り付けることにしました。

ST4000DM004についてはこちら

GDDR6を積んだGTX1650をレビュー!高コスパなグラボ
GTX1650はそこそこの性能、値段、消費電力で人気の高いグラボです。2020年4月ごろ、ビデオメモリがGDDR6に変更されたGTX1650がひっそりと発売されました。今回GDDR6を積んだGTX1650を購入したのでレビューしたいと思います。

HDDの取り付け
HDDはケース上部のトレイに取り付けました。

取り付け完了
取り付け完了です。あとは左右、上のパネルを閉めて完成です。

METIS PLUSの良かったところ

デザイン、質感が良い

デザイン、質感が良い
本体の素材がアルミ製ということもあって、質感は非常に高いです。安っぽさを感じません。また、シンプルですが、デザインも悪くなく、たとえ、インテリアとして置いたとしても、違和感をあまり感じません。

ATX電源が取り付け可能

ATX電源が取り付け可能Mini ITXのPCケースは小型ゆえにATX電源には対応せず、SFX電源のみ対応というパターンが多いです。例外的に、大型サイズのMini ITXのPCケースはATX電源に対応しています。

ただ、このMETIS PLUSは小型なのに、ATX電源に対応しています。しかも奥行き16cmのサイズまで対応しています。SFX電源は高価なので、ATX電源に対応というのは大きなメリットだと思います。

ただ、奥行き16cmのATX電源だとグラフィックカードとの干渉が起こる可能性が高いので、グラフィックカードを搭載する予定なら、奥行き14cmのを選んだほうが無難です。

小型なのでデスクの横に置くことも容易

小型なのでデスクの横に置くことも容易
小型なので、デスクの横のわずかなスペースに置くことも容易です。しかも正面から見て、右サイドパネルがアクリルで透けているので、デスクの左側においても違和感はありません。

高さをS100TGと比較 高さをS100TGと比較

奥行きをS100TGと比較奥行きをS100TGと比較

どれくらい小型なのかをわかりやすくするために、MicroATX PCケースのS100 TGを比較対象とします。高さも奥行きもS100 TGと比べると、半分くらいのサイズ感です。

 S100 TGのレビューはこちら

S100 TGをレビュー!スイングドア式ガラスパネル採用の高コスパPCケース
Thermaltake製のMicroATX専用のPCケース、S100 TGの白色バージョン、S100 TG Snow Editionを購入しました。今回はThermaltakeのS100 TG Snow Editionをレビューしたいと思います。

METIS PLUSの悪かったところ

組み立てが大変

組み立てが大変Mini ITXのPCケース全般に言えるのですが、とにかく組み立てが大変でした。サイドパネルを外すのに、合計8つのネジを外す手間がかかります。さらにケースの内部のスペースに余裕がないので、作業しづらかったです。

直出しタイプの電源だと苦労する特に電源ははじめ、直出しタイプのThermaltakeのSMART BX1 450Wを使用していため、ケーブルの扱いに苦労しました。とにかくケーブルを収めるスペースがなかったです。

そこで、新たに必要ないケーブルを外せる、プラグイン式のKRPW-BK650W/85+を買いなおしました。METIS PLUSに搭載する電源は絶対にプラグイン式のタイプをおすすめします。

まとめ

2017年と発売日からかなり経過していますが、未だに売り上げ上位なのも納得です。デザイン、質感もよく、ATX電源が使えて小型と良いことずくめで、粗を探すほうが難しいくらいでした。

強いて言うなら組み立てが大変ですが、Mini ITXのPCケース全般に言える問題なので大して大きなデメリットにはならないです。